【第3回】IT導入に失敗しない“社内体制作り”とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/02/13

ITと経営を結びつけるためのノウハウの提供

自己紹介
ブリッジ・リサーチ&コンサルティング合同会社 阿部 満
主な経歴
富士ゼロックスIT関連企業の営業職後、京セラIT関連企業にて事業開発部長、経営企画部長、コンサルティング部長を経て、ITコーディネータ協会専務理事スタッフに従事。現在、中小企業向けITコンサルティング…

【第3回】IT導入に失敗しない“社内体制作り”とは

1

自社のIT導入状況をチェック!IT化が80%も失敗すると言われる所以とは!?

 今回はIT導入時に失敗しない社内体制作りについて説明しましょう。読者の企業で以下に該当する項目がある場合は、ITがうまく社内で活かされていない可能性があります。試しにチェックしながら読み進めてみてください。

"IT導入に失敗する”体制チェック!
【質問】アナタの会社は…

経営者がIT導入に無関心で、IT導入の際にそれらの社内組織(プロジェクト)に関与してこない。

IT導入時は、外部専門家を活用せずに、ベンダ各社の見積書と提案書のみを信用してITツールを決定してしまっている。

IT導入に関しては、社内の情報部門に任せきりで主管担当以外の組織は関与してこない。

● 

IT導入後の教育などは特に行われておらず、IT導入後は各自マニュアル等を見ながら利用している。

IT導入後の改善については特に行われておらず、現場主導で改修などが勝手に行われてしまっている。

 もし、あなたの会社が上記の5つの代表的な質問項目に当てはまる場合、それはIT導入に失敗する体制になっている可能性が高いでしょう。 実はIT導入の失敗は導入時だけではありません。導入後も社内体制が確立していないと、一部の利用部門のみの判断で機能追加、コスト削減、短期納期要求などが行われ、その結果、品質(Q)、コスト(C)、納期(D)といった「QCD」のバランスが崩れてしまい、当初の目的と異なったIT化になってしまいます。これが俗にいう「IT化の80%程度は失敗する」といわれる所以です。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT経営/【第3回】IT導入に失敗しない“社内体制作り”とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT経営」関連情報をランダムに表示しています。

IT経営」関連の特集


 今回は、芝園開発株式会社の事例(http://www.it-keiei.go.jp/itjirei…



 今回は、ビジネスモデル改革にITを有効に活用して事業拡大に成功したY社の事例を紹介します。トップが…



 今回は最終回となりますので、今までのまとめとしたいと思います。IT経営実現のためにトップの役割発揮…


このページの先頭へ

IT経営/ 【第3回】IT導入に失敗しない“社内体制作り”とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT経営/ 【第3回】IT導入に失敗しない“社内体制作り”とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004661




このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ