国際比較で見た日本の情報セキュリティ産業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    勝見 勉
    Ben T. Katsumi
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター主任研究員
    国内及び外資系企業のIT及び情報セキュリティ関連事業を推進の後、IPAにてクラウドのセキュリティ分析、セキュリティ産業研究、普及啓発事業等に従事。(株)情報経済研究所代表取締役 JNSA理事・幹事。
2012/02/14
国際比較で見た日本の情報セキュリティ産業

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「国際比較で見た日本の情報セキュリティ産業」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報セキュリティ産業/国際比較で見た日本の情報セキュリティ産業」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報セキュリティ産業」関連情報をランダムに表示しています。

情報セキュリティ産業」関連の特集


 本稿では、「日本の情報セキュリティ産業の現状と課題」について5回の連載で紹介していく。 第1回目の…



 全5回にわたってお伝えしているこのシリーズでは、IPAがまとめた「情報セキュリティ産業の構造と活性…



 前回、前々回は日本の情報セキュリティ産業の状況と特性について、国際比較を踏まえて概観した。情報セキ…


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 ネットワーク分離環境のデータ受け渡し Crossway/データブリッジ 【NTTテクノクロス】 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。 分離ネットワーク間でデータを安全に受け渡すための機器。
電源OFFなどで、データは自動的に消去されるので、USBメモリなどと違い重要情報の持ち運びリスクを軽減できる。
標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の特集


組織内LANへのマルウェア侵入を想定した実践的サイバー防衛演習「CYDER」。組織内CSIRT担当者…



標的型サイバー攻撃など従来の境界防御の限界が見えてきた今、セキュリティに求められる新たな姿とは?アナ…



 前回は、ガンブラーを題材に「組織」のビジネスインパクトについて記載した。今回は、「内部犯罪」におけ…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004643


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ