この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

IP-PBX

2012/02/14


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、IP-PBXのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2010年度のIP-PBX市場は656億円であった。2008年度後半の景気低迷の影響により2009年度に市場全体が低調となったが、景気の回復とともに企業における当該製品への投資が回復してきており、2010年度から2011年度は需要が堅調に推移する見込みである。ただ、既存ユーザのリプレイスでは主装置をリプレイスしても電話端末を使い続けることが多いことに加え、子機として携帯電話端末やスマートフォンを活用するケースが増えていて、固定型のレガシー/IP電話端末の出荷台数が減少していることなどから1案件あたりの単価は下落傾向にある。
 2010年度の市場占有率(金額ベース)を見ると、1位のベンダは製造業ユーザの需要に回復傾向が見られたことから実績が拡大し30.5%を獲得した。IP-PBX、ビジネスホンといった呼制御装置のラインアップが充実していることを強みに、当該製品とソフトウェアを活用して企業内の業務システムとの連携、携帯電話端末やスマートフォンとの連携による生産性向上を訴求していく。
 当該製品は業種を問わず大規模な拠点を中心に広く普及しており、老朽化にともなう既存ユーザのリプレイス需要がほとんどである。今後も同様のリプレイス需要は継続していくと考えられるが、労働力人口の減少による絶対数の減少、品質向上にともなうリプレイスサイクルの長期化が想定されることから、当該市場は縮小傾向で推移していくと考えられる。

IP-PBXシェア

IP-PBXシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

IP-PBX/「IP-PBX」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

IP-PBX」関連の製品

トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 低コストで始められる「スマートフォン内線化」の仕組みとは―― 【NTTコミュニケーションズ】
IP-PBX コールセンター/CTI IP-PBX
在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 担当者が外出中で電話対応できないなど、知らぬ間に陥っている機会損失をクラウド型サービスとスマートフォンの活用で解消する方法がある――ビジネスフォンのアプリ化だ。

IP-PBX」関連の特集


IT担当者346人にUPSの導入状況を調査。導入率は72.6%と高いが、必要性を感じない企業が増加傾…



企業で導入が進むIP電話システム。上位の仕組みに注目しがちだが、忘れてはならないのが、利便性を考慮し…



モバイルワークなどを拡大していく上で、問題になりがちなのが電話環境だ。オフィスの固定電話における課題…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IP-PBX/ 「IP-PBX」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IP-PBX/ 「IP-PBX」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004640


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ