この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

SMBの勤怠・就業管理

2012/01/31


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、SMBの勤怠・就業管理のシェア情報をご紹介しよう。

 ノークリサーチの調べによれば、2011年のSMB(日本全国の年商500億円未満の中堅・中小企業)の勤怠・就業管理市場では、新規導入予定の製品/サービスの運用形態を導入済みの運用形態と比較すると、“パッケージを自社で購入し、社内人員にて運用”するケースが52.7%から69.0%と大きく増加している。一方で、“パッケージを自社で購入し、運用をアウトソース”するケースについてはあまり変化がない。これはタイムカードシステムなど社内に置かれた機器との連携を行いたいニーズなどがあることにより、運用を社外に委託しづらい側面もあるためと推測される。
 2011年の市場占有率(導入社数ベース)を見ると、「就業奉行(21/i)」シリーズを提供するOBCが10.7%を獲得し1位であった。会計、販売、給与、人事などほかの基幹系システムで多くの実績を持つシリーズであり、それらと併せて勤怠・就業管理システムが導入されるケースが多いと考えられる。
 携帯端末について運用済みと新規導入予定を比較すると、全体に占める割合はまだ低いもののスマートフォンが2.9%から4.2%、タブレット型端末が1.3%から4.2%と増えていて、今後は増加傾向になると見られている。業務効率を改善する手段としてモバイル端末は有効な選択肢になると見られ、スマートフォンやタブレット型端末のニーズを先取りした取り組みが、今後のシェア争いに影響を与えてくる可能性がある。

SMBの勤怠・就業管理シェア

SMBの勤怠・就業管理シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

勤怠管理システム/「SMBの勤怠・就業管理」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理システム」関連の製品

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 中堅・中小企業の「働き方改革」に勤怠管理システムのクラウド化が必須の理由 【ビッグローブ】
勤怠管理システム 勤怠管理システム IaaS/PaaS
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 中堅・中小企業ではなかなか進まなかった人事関連システムのクラウド化。その機運が、ここに来て急速に高まっている。その理由とメリットを探る。

勤怠管理システム」関連の特集


残業時間の短縮は、労働者にとっても企業にとっても多くの利点があります。そこで大切になるのが、業務効率…



2016年度の勤怠管理ソフトの市場規模は117億円だった。43.1%のシェアを持つベンダーは?



働き方の選択肢が増えた一方で、管理側からすると多様な雇用形態の従業員管理で負荷が増し、計算などが複雑…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理システム/ 「SMBの勤怠・就業管理」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理システム/ 「SMBの勤怠・就業管理」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004638


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ