世界初“TVリモコン”の親は元“倉庫番”?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/06/08
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#142倉庫番から発明多数の技術者へ! リモコンの父 〜ユージン・ポーリー氏

 ITエンジニアにとってパソコンやサーバのリモート操作などというものはもはやお手の物だろう。しかし現代の人間のほとんどが生まれて初めてリモート操作するものといえば、リモコンによるテレビのチャンネル切り替えではないだろうか。

 今回紹介するキーマンは、そんなテレビの無線リモコンを世界で初めて開発したユージン・ポーリー氏(以下敬称略)だ。リモコン以外にもいくつかの発明品を生み出した人物でもある。

 ユージン・ポーリーは1915年、アメリカ・イリノイ州にて誕生した。幼い頃に両親が離婚し、母親に育てられたポーリーは生まれ育ったシカゴ市立大学へ進学するものの、経済的な理由から同大を中退することに。しかし、その後1935年にゼニス・エレクトロニクス社へ入社したことが、彼にとっての1つのターニングポイントとなった。

ユージン・ポーリー氏
1915年
アメリカ・イリノイ州にて誕生。
1935年
シカゴ市立大学を中退し、ゼニス・エレクトロニクス社へ入社。
1955年
世界初の無線リモコン「フラッシュマチック」を開発。
1982年
ゼニス社を退社。
1997年
テレビの普及に貢献したとしてエミー賞を受賞
2009年
IEEEコンシューマエレクトロニクス賞を受賞。
2012年
老衰のため死去。享年96歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 倉庫番から発明多数の技術者へ! リモコンの父 〜ユージン・ポーリー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 倉庫番から発明多数の技術者へ! リモコンの父 〜ユージン・ポーリー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004633



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ