インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情

2012/06/25


 「ビッグデータ」「インメモリ」「モバイルインテリジェンス」・・・いま流行りのこれらキーワードを主に発信しているのがBI(ビジネスインテリジェンス)。膨大なデータの中からビジネスに役立つ情報を、システム横断的に拾ってわかりやすくレポートするのがBIの役割と言えるが、そのデータが今ではより大規模になり、非定型化しつつある。そんなデータを「もっと速く、より深く、さらに多くの切り口で」分析したい、そして「いつでも、どこでも」利用したいと考える企業が、BIの再構築に取り組み始めている。そこで今回は、実証された分析手法を継承しながら旧来のテクノロジーの殻を破り、新しく生まれ変わりつつある現在のBIツールの基礎と選び方を紹介する。

BI

※「BI/インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

「BIツール」とは

 BIツールは、主に社内システムの業務データを収集、整理し、意思決定に役立つ情報に加工してくれるツールだ。最近ではソーシャルメディアなど外部の情報源を利用することや、各種センサの測定データなどの、いわゆるビッグデータを分析する役割も果たすようになった。

■システムを横断して役立つ情報を取り出すBI

 現在ではほとんどの企業が多くのITシステムを運用しており、中堅以上になればシステム数は数十から数百というオーダーになる。業務パッケージの中にはその対象業務について分析機能を持つものが少なくないが、複数のシステムが関連する業務の状況や過去の業績推移などを分析しようと思うと、別途プログラムを開発したり、専門の分析スタッフが手作業でデータ抽出から計算処理まで行ったりする必要があった。BIツールは、そんなコストや労力をかけず、短時間で分析できるようにするものだ。最近では単体ツールではなく、業務システムからのデータロードから分析や、分析結果に基づく業務の自動実行などまでが1つのソリューションとして提供されているものも増えている。図1は、BIツールを分析ソリューションの中に位置づけたイメージの一例だ。

図1 分析ソリューションの全体像
図1 分析ソリューションの全体像
資料提供:SAPジャパン

 この図の中で、「BIツール」と呼ばれるものは一番上の囲み内にあたる。ただし、そこで十分な結果を手にするためには、この図の業務システム(既存のシステム)を除いた全領域を考慮する必要がある。既存業務システムからデータをロードする部分はETL(抽出・変換/加工・ロード)と呼ばれ、その結果データをプールしておくところがDWH(データウェアハウス)と呼ばれている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI
豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。

BI」関連の特集


SNSなどの新たな顧客接点、音声通話データからのVOC自動収集、モバイルデバイスのマーケティング…今…



ソースコードなど開発関連の膨大な電子化情報を分析する新たなマイニング手法「MRS」とは?バグ予測やコ…



 スマートフォンが普及し、いつでもどこでもインターネットに接続が可能となると、それぞれの利用者が「収…


BI」関連のセミナー

誰もが使える簡単BI "InfoCabina Yellowfin Cloud"体験セミナー 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】  

開催日 11月18日(金),2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

NTTソフトウェアは、現場が使えるBIをコンセプトに、クラウド上のBIオールインパッケージ「InfoCabina Yellowfin Cloud」をご提供してい…

BINET戦略セミナー「IoTおもてなしクラウド事業の動向」 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込み)

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及び大会以降の我が国の持続的な成長を見据えた社会全体のICT化の推進に向け 、総務大臣が主宰する 「2020年…

【名古屋】ZeeM 会計 ご紹介セミナー 【クレオマーケティング】  

開催日 10月27日(木),11月25日(金),12月22日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

【名古屋】ZeeM 会計 ご紹介セミナー 〜経理部向け課題解決セミナー 〜■お客様企業全体での業務の平準化と合理化を実現■「ZeeM会計」は、BIツールによる…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/ インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004624


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ