インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情

2012/06/25


 「ビッグデータ」「インメモリ」「モバイルインテリジェンス」・・・いま流行りのこれらキーワードを主に発信しているのがBI(ビジネスインテリジェンス)。膨大なデータの中からビジネスに役立つ情報を、システム横断的に拾ってわかりやすくレポートするのがBIの役割と言えるが、そのデータが今ではより大規模になり、非定型化しつつある。そんなデータを「もっと速く、より深く、さらに多くの切り口で」分析したい、そして「いつでも、どこでも」利用したいと考える企業が、BIの再構築に取り組み始めている。そこで今回は、実証された分析手法を継承しながら旧来のテクノロジーの殻を破り、新しく生まれ変わりつつある現在のBIツールの基礎と選び方を紹介する。

BI

※「BI/インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

「BIツール」とは

 BIツールは、主に社内システムの業務データを収集、整理し、意思決定に役立つ情報に加工してくれるツールだ。最近ではソーシャルメディアなど外部の情報源を利用することや、各種センサの測定データなどの、いわゆるビッグデータを分析する役割も果たすようになった。

■システムを横断して役立つ情報を取り出すBI

 現在ではほとんどの企業が多くのITシステムを運用しており、中堅以上になればシステム数は数十から数百というオーダーになる。業務パッケージの中にはその対象業務について分析機能を持つものが少なくないが、複数のシステムが関連する業務の状況や過去の業績推移などを分析しようと思うと、別途プログラムを開発したり、専門の分析スタッフが手作業でデータ抽出から計算処理まで行ったりする必要があった。BIツールは、そんなコストや労力をかけず、短時間で分析できるようにするものだ。最近では単体ツールではなく、業務システムからのデータロードから分析や、分析結果に基づく業務の自動実行などまでが1つのソリューションとして提供されているものも増えている。図1は、BIツールを分析ソリューションの中に位置づけたイメージの一例だ。

図1 分析ソリューションの全体像
図1 分析ソリューションの全体像
資料提供:SAPジャパン

 この図の中で、「BIツール」と呼ばれるものは一番上の囲み内にあたる。ただし、そこで十分な結果を手にするためには、この図の業務システム(既存のシステム)を除いた全領域を考慮する必要がある。既存業務システムからデータをロードする部分はETL(抽出・変換/加工・ロード)と呼ばれ、その結果データをプールしておくところがDWH(データウェアハウス)と呼ばれている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 DataSpider Servista 【セゾン情報システムズ】
BI CRM ETL
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 CRMは3カ月必要……Microsoft Azure連携含めわずか1カ月で作った情報可視化基盤

BI」関連の特集


幅広いビジネス情報コンテンツ/データベースを提供しているジー・サーチでは、データ分析サービスにも注力…



これまで、潤沢な予算を持つ一部の大企業のものというイメージがあったクラウド型DWH。最近では、簡単・…



なにかと話題の「ビッグデータ」。過大な投資をせず、ビッグデータからの恩恵が得られるように、考え方を整…


BI」関連のセミナー

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

Qlik あきんどスシローが解説 データ分析実践セミナー 【マイナビ】 締切間近 

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

TCO削減に効く!OracleDBからSQL Serverへの移行支援セミナー 【日本マイクロソフト/シーイーシー】 注目 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年4月、日本マイクロソフトが「Oracle Database」から「SQL Server」への乗り換え支援プログラムの提供を発表して以来、「SQL Se…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/ インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ インメモリDBが革新を呼ぶ!高速BI事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004624


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ