この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

クラウドも進展!今どき“ERP”事情

2012/06/18


 経営資源の全体最適を目指すためのERP。従来はオンプレミスでの開発/運用が主流だったが、あらゆるアプリケーションがクラウドサービス化し始めている今、クラウド型のERPサービスが登場してきた。昨年の東日本大震災を機にIT資産の保有自体がリスクになるという認識が広まり、むしろクラウド型ERPでなければ選定条件にならないという企業も登場し始めている。
 そこで今回の特集では、これから本格的な採用が見込まれるクラウド型ERPに焦点を当て、基本機能と現在提供されている特徴的な機能、最新トレンドを紹介していく。

ERP

※「ERP/クラウドも進展!今どき“ERP”事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/クラウドも進展!今どき“ERP”事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

まずはおさらい!ERPとは?

 ERP(Enterprise Resource Planning)は、人・モノ・金に関わる情報を統合的に一元管理し、経営資源の全体最適を図るための基盤となるアプリケーションだが、最近では従来のERPパッケージの機能を、クラウドサービスとして提供するものが現れ始めている。提供される機能は基本的にパッケージ製品と同じで、サービスベンダによってカバーしている領域には若干の違いがあるものの、財務会計、人事/給与、販売管理、生産管理、在庫管理、物流管理などが一般的だ。
 サービスの提供形態は、不特定多数の企業を対象として提供される「パブリッククラウド」、企業内あるいはグループ企業など限定された範囲で提供される「プライベートクラウド」、企業の目的に応じてパブリック/プライベートがセットで提供される「ハイブリッドクラウド」、同様に複数のパブリッククラウドが提供される「マルチクラウド」の4タイプに分けられる。
 またクラウド型ERPの利用コストは、基本的に利用する機能ごとに月単位でソフトウェアライセンスをユーザ数の分だけ支払う形が一般的だが、月額で[基本ライセンス+利用ユーザライセンス]という料金設定をしているベンダや、ライセンスの買取価格(ソフトウェアの保守費用は別途発生)を設定しているベンダもある。この他、月額費用としてデータセンタの利用料がかかる場合もある。

コラム:クラウドについての定義

 改めてクラウドに関する定義を確認しておこう。クラウドの定義でよく利用される代表的なものとして、米国にある国立標準技術研究所(NIST)が定義したものが有名だろう。この中で、SaaSやPaaS、IaaSという3つのサービスモデルや前述したプライベートクラウドなど4つのデプロイメントモデルについて触れているが、前提として次の5つの特徴を備えたものをクラウドとして定義している。
 提供者の仲介なしに自動的に環境が利用できる「On-demand self-service」をはじめ、様々なプラットフォームから利用できる「Broad network access」、マルチテナント対応のためにリソースがプールされている「Resource pooling」、スピーディな拡張性を備えた「Rapid elasticity」、コンピュータ資源の利用状態を最適化するための計測が可能な「Measured Service」という環境がそろっていることが本来的なクラウドの条件となる。
 ERPに限ったことではないが、日本国内では様々なものが“クラウド”のサービスとして名乗っており、ASPやホスティングなど従来型のものも含まれているのが現状だ。今回の企画では、ASPなどの従来環境で提供されているサービスも含めて紹介しているが、クラウドについての厳密な考え方は念頭においておきたい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ERP/クラウドも進展!今どき“ERP”事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

楽楽精算 【ラクス】 2025年では遅い――2018年から備えたいSAP S/4HANA移行 【三菱ケミカルシステム】 日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由 【SAPジャパン】
会計システム ERP ERP
交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 2025年では遅い――2018年から備えたいSAP S/4HANA移行 中小規模企業でも導入できるSAP ERP、そのメリットとは?

ERP」関連の特集


業務効率化や内部統制対応に不可欠なワークフローツール。その仕組みと導入メリットを、基礎の基礎から徹底…



 今回は、中小企業の3つの特性に潜むIT経営リスクとその対応策を紹介します。皆様の会社の特性とIT経…



 経営改革にIT活用はつきものの時代に入りました。中小企業でも経営改革にITを有効に活用しなければ売…


ERP」関連のセミナー

ExcelやAccessを本格DBにUPするdbSheetClientプレゼンセミナー 【ニューコム】 締切間近 

開催日 4月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

基幹業務ERPパッケージ スーパーカクテルシリーズ ご紹介 【内田洋行】  

開催日 2月23日(金),6月12日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

業種特化型基幹システムはスーパーカクテルシリーズ!!内田洋行の持つオリジナルERPパッケージ「スーパーカクテルシリーズ」はお蔭様で本年21年目を迎えました。本パ…

販売・保守テンプレートご紹介セミナー 【内田洋行】  

開催日 2月21日(水),3月15日(木),4月19日(木),5月16日(水),6月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

導入数4600本以上を誇る基幹業務パッケージ「スーパーカクテル」が、ワークフローシステム「intra-mart」をベースに登場!保守業務を行う企業様において、そ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ クラウドも進展!今どき“ERP”事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ クラウドも進展!今どき“ERP”事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004623


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ