どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ

2012/04/16


 街角で見かけるマルチディスプレイによる広告をはじめ、企業の受付に設置された大画面ディスプレイに表示されるプレゼン映像、病院の待合に表示される診察及び会計順の案内など、これらは全部「デジタルサイネージ」と呼ばれるものだ。かつては単なる広告・宣伝媒体として捉えられ、IT部門の関心の外になることも多かった。しかし今では、ディスプレイの低コスト化とネットワークの広帯域化、コンテンツの作成・配信ソリューションの合理性や効率性の向上などが進み、工場やオフィスフロアでの業務システムの一部としても活用できるようになってきた。そこで今回は、IT部門が知っておくべきデジタルサイネージの仕組みとコンテンツ作成・配信/配布ソリューションについてまとめ、上手な利用法と製品選びのポイントを紹介していく。

デジタルサイネージ

※「デジタルサイネージ/どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「デジタルサイネージ/どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

デジタルサイネージシステムの基本

 ITシステムには「必要な情報を必要なときに取りにいく」という、いわばプル型が多い。それに対してデジタルサイネージは「知らせたい情報を適時に知らせる」プッシュ型の情報伝達メディアだ。IT部門が日頃使い慣れたコンピュータシステムとは若干勝手が違う。配信ソリューションの紹介の前に、デジタルサイネージシステムについて概要を見ておこう。
 デジタルサイネージシステムの基本的な構成要素はおおよそ4つとなっている。液晶及びLEDディスプレイなどに代表される「ディスプレイ」とPCやセットトップボックスなどで行う「サイネージの端末側制御装置」、そして「コンテンツ作成ソフト」、最後にコンテンツの配信を行う「コンテンツ管理・配信ソフト」だ。

■ディスプレイについて

 室内でも屋外でも大型液晶ディスプレイ(図1)が使われることが多くなったが、場所によってはプロジェクタと大型スクリーンが使われることもある。また屋外では、どの方向から見ても視認性に優れた大型LEDディスプレイが利用されるケースがある。
 1台の装置で1コンテンツを表示するだけでなく、1台の画面に複数のコンテンツを同時表示するマルチスクリーン技術や、複数のディスプレイ装置を並べて1つの大きな画面に見せるマルチディスプレイ技術も使われている。

図1 大型液晶画面によるデジタルサイネージの例
図1 大型液晶画面によるデジタルサイネージの例
資料提供:NECディスプレイソリューションズ

 現在ではフルHD映像を表示できる1920x1080ドット以上の解像度のディスプレイが広く用いられている。現在の液晶ディスプレイは70インチのワイド画面(横155.0cm×縦87.2cm程度)の大型機種が珍しくなくなり、大きなものでは108インチワイド画面(横238.2cm×縦134.0cm程度)も利用できるようになった。アスペクト比は従来からの4:3とワイドの16:9のほか、4:1などの特殊なタイプも選べる。
 なお、マルチディスプレイでひとつながりの映像・画像を表示する場合には、ディスプレイのベゼル(枠)幅が問題になる。ベゼル幅は年々狭くなっており、今では最小で1.8mm幅の機種まで登場している。従来よりも遠目での境目がわかりにくく、その分視覚効果の高いサイネージが実現しやすくなった。

■サイネージの端末側制御装置について

 制御装置は、PCそのものである場合もあれば、ディスプレイに対応する専用アダプタ(メディアプレーヤ)であることもある。専用アダプタにはセットトップボックス(STB)と呼ばれる単体の装置(図2と、ディスプレイに内蔵するタイプ(図3)とがある。ディスプレイと制御装置を一体化した、サイネージ専用製品も販売されている(図4)。

図2 セットトップボックス(クラウド型映像配信専用型)の例
図2 セットトップボックス(クラウド型映像配信専用型)の例
資料提供:オックスプランニング
図3 ディスプレイ内蔵型の制御装置の例
図3 ディスプレイ内蔵型の制御装置の例
資料提供:NECディスプレイソリューションズ
図4 デジタルサイネージ専用製品の例
図4 デジタルサイネージ専用製品の例
資料提供:NECディスプレイソリューションズ

■コンテンツの作成ソフトと管理・配信ソフトについて

 サイネージのコンテンツの要素となるのは、静止画、フラッシュなどの動画やビデオ映像、文字、音声といった、PCで一般的に利用されるメディアだ。それぞれに作成・編集ソフトは数多くあるので、適切なものを利用するとよい。そのコンテンツをサイネージとして改めて適切に配置したり、文字などを追加したりするのが作成ソフト(オーサリングツール)の基本的な役割だ。
 管理・配信ソフトは、コンテンツの表示順を決め、その上映時間を設定するのが主な役割だ。PCで作成したスケジュールデータとコンテンツは、スタンドアロンの端末ならUSBメモリやSDカードなどのリムーバブル記憶媒体にコピーし、制御装置にセットして使用する。複数の端末にネットワーク経由で配信する場合は、リアルタイムに配信するのではなく、制御装置側の記憶メディアにスケジュールデータとコンテンツをいったん記録し、そこから再生する形をとる。コンテンツは比較的大きなデータになりがちなので、ネットワークの帯域を占有する割合をなるべく少なくするためと、HD動画などスムーズに再生するためである。なお、オーサリングツールと、コンテンツ管理・配信ソフトは一体化されている場合もある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

デジタルサイネージ/どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デジタルサイネージ」関連情報をランダムに表示しています。

デジタルサイネージ」関連の製品

SNS統合型サイネージソリューション BILLBOARD 【テックリンク】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
社内SNS ルーター
SNSと連動したディスプレイ表示が行えるデジタルサイネージソリューション。ソーシャルメディアを通じた口コミ戦略やイベントの企画が容易に行える。 LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

デジタルサイネージ」関連の特集


高輝度、小型化、低価格路線をひた走るビジネスプロジェクタ。一方、小スペースでの大画面投射、スマホ対応…



在宅勤務を実現する1システムとしての需要も増加している「Web会議」。注目機能、ロボット活用したシス…



くしゃくしゃに丸めても電気的性質を失わない!世界で最も「薄く・軽く・柔らかい」トランジスタとLEDが…


デジタルサイネージ」関連のセミナー

ITFOR Webセミナー 【アイティフォー】  

開催日 12月7日(水),12月8日(木),12月9日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

アイティフォーがお勧めする“いまが旬”の運用コスト削減ソリューションをご紹介します。インターネットVPNに代わる次世代VPN『アイティフォー光プラス』を中心に、…

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デジタルサイネージ/ どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デジタルサイネージ/ どう使う?デジタルサイネージ配信のススメ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004615


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ