バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ

2012/04/09


 各企業ではBCP対策やセキュリティ対策、あるいは節電対策のために、これまで以上に積極的にデータセンタを利用するようになってきた。また、クラウドサービスも追加されるようになり、データセンタに対する需要はさらに増え続けている。その結果、国内のデータセンタ市場は2011年の段階ですでに1兆円市場規模に達したと言われている。
 そこで、今回は発展を続けるデータセンタにスポットを当て、市場拡大と共にどこまで設備およびサービスの拡充が進んできたのか、その最新事情とデータセンタ選びのポイントを紹介する。

データセンタ

※「データセンタ/バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

データセンタとは?

 企業が使用するICTシステムのうち、端末を除くサーバやネットワーク機器などは一般社員が自由に出入りするオフィスの中に混在して設置すると、機器の動作環境(電源、空調、騒音など)やセキュリティ維持といった面で好ましくない。そのため、サーバやネットワーク機器などは専用のサーバルームに設置するのが一般的になっているが、企業におけるICTシステムの重要性が高まるにつれて、サーバルームに対しても高い信頼性が求められるようになってきた。そこで、耐災害性に優れた建物に高いセキュリティレベルと電源・空調・通信設備の冗長性を備えた信頼性の高いサーバルームを部屋あるいはラック単位のスペースで不動産物件のように貸し出すところが数多く登場するようになった。こうした事業者あるいは事業者が提供する建物およびサービスのことをデータセンタと呼んでいる.。

■データセンタのファシリティ要件

 一般のオフィスビルにネットワーク回線を引き込みサーバラックを用意しても、データセンタには成り得ない。日本データセンター協会によると、データセンタは次のようなファシリティ要件を満たしていることが求められている。

表1
表1
■基本サービスメニュー

 データセンタは各企業が自前でサーバルームを用意しなくても済むように、サーバルームのアウトソーシングとして始まったが、クラウドコンピューティング時代を迎えた今、そのサービスメニューは増え続けている。現在、データセンタのサービスはおおよそ次の3つに大別できる。

コロケーションサービス(ハウジングサービス)

 サーバルームをラック単位で借りることができるサービス。つまり、サーバなどの機器は自社のものを使用し、スペースだけを借りるというスタイル。データセンタの電源・空調設備や入退室管理などのセキュリティ設備を利用できる。すでに自前でICTシステムを構築していて、それをより安全な場所に移設あるいは増設したいときに重宝する。

ホスティングサービス(レンタルサーバ)

 サーバルームだけでなく、そこに設置するサーバやネットワーク機器なども含めてICTシステムを借りることができるサービス。自社でシステムおよびそのシステム管理要員を抱え込む必要がなく、手軽にシステム運用を開始できる。主にWebサイトおよびメールサーバの運用などに利用されている。

クラウドサービス

 データセンタをクラウドコンピューティングの基盤として活用することで、信頼性の高い幅広いサービスが提供されている。クラウドサービスの場合、サーバのサイジングに頭を悩ます必要がなくなる。まず最小システム構成からスタートし、ビジネスの伸張に合わせてサーバのスペックを柔軟に変更(増強・縮退)することが可能だ。利用料金も使った分だけで済み、必要最低限のコストで無駄なくサービスを利用することができる。

■データセンタの導入メリット

 ここまで説明してきたデータセンタが提供する設備やサービスをうまく活用することで、利用者は以下のようなメリットを享受できる。

●ICTシステムの運用コスト削減

データセンタでの効率的な運用により、自前で運用するよりも運用コストを削減できる。

●BCP対策の実現

災害が発生した場合でもビジネスに影響しないようにシステムを継続利用できる。

●セキュリティ対策の実現

データセンタの堅牢なセキュリティ機能により、重要データを安全な場所で保管できる。

● 節電に貢献

PUE指標を用いた省エネ化など、データセンタでのエネルギー効率改善の取り組みにより、ICTシステムの節電に貢献できる。
さらに、省エネによる環境への配慮は自社のCSR向上にも役立つ。

コラム:データセンタの信頼度を判断する基準

 データセンタという言葉は一般用語であり、どこかの認定を受けないと使えないというものではないので、事業者によってデータセンタの具体的内容・仕様は異なっている。しかし、これでは利用者の立場からするとデータセンタに対する信頼性の度合を判断しにくいことから、国内外の複数の団体により、データセンタの設備に関する基準が制定されている。
 まず、海外で使われている基準として、米国の民間団体(Uptime Institute)が作成した「Tier」がある。また、TIA(米国通信工業会)からはTIA-942が発行されている。「Tier」にはティア1〜ティア4という4つのティアがあり、ティアレベルごとにデータセンタのサービスレベルが設定されているが、TIA 942もこれがベースになっている。
 一方、国内では日本データセンター協会から「データセンター ファシリティ スタンダード」が制定されている。なぜ「Tier」が存在するのに日本独自の基準が制定されているのかと言えば、「Tier」は日本の実情が考慮されていないからだ。例えば、「Tier」では電源インフラに対する基本的な考え方として、自家発電設備がメイン(Primary)であり、商用電源はあくまで自家発電設備のバックアップと位置付けられている。そこで、こうした課題をまとめて解決するため、日本の実情に即した「データセンター ファシリティ スタンダード」が制定されたのである。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データセンタ/バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? 【日本電気】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】
プライベートクラウド ワークフロー NAS
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持ったクラウド型ワークフローツール。申請・承認情報は、全てWebブラウザ上で確認できる。 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方

データセンタ」関連の特集


“上場企業”を対象に2015年あるいは2016年に強制適用が始まる予定の「IFRS」。では、“中堅・…



こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回の「見落としがちなマイナンバーのこと」は前回に続き、鈴与…



内部統制の不備をなくす上で、IT統制への取り組みは重要なポイント!その要となるアイデンティティ管理の…


データセンタ」関連のセミナー

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 注目 

開催日 3月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

Japan Security Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

■セキュリティは企業の経営戦略の要となる2020年に向かって、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※]に対する企業の動きが加速していきます。企業がDXを実…

クラウド移行の決定版!「Double-Take Move」セミナー 【シーティーシー・エスピー】 注目 

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドファースト」という言葉からも分かるように、クラウド活用を考えている企業が急速に増えています。しかし、あらゆる企業がクラウド活用にまい進しているのかとい…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ バッテリ不要のUPS登場!最新データセンタ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004614


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ