過去の蓄積された情報資産を活用したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の蓄積された情報資産を活用したい

2012/07/26


 すべての業務においてIT化が浸透してきた結果、企業内にはかなりの情報資産が蓄積されるようになってきた。しかし、情報資産を蓄積する仕組みは整備しているものの、その情報資産を活用する仕組みまで整備している企業は意外と少なく、せっかくの情報資産を有効活用していないのが実状である。社内の情報資産をもっと活用できるようになれば、業務効率や生産性の向上につながり、社員間での知識の共有化も促進される。そこで、次のような方策を実施すれば、蓄積された情報資産を活用できるようになる。
 
 【1】企業内検索ツールを導入する。
 【2】グループウェアを利用する。
 【3】文書管理ツールを導入する。
 
 【1】は社内のどこにどんな情報が保管されているかわからないときに必要な情報を見つけ出せるようにする方法、【2】はすでにグループウェアを導入しているときに、そのファイル管理機能を利用する方法、【3】はまだ電子化されていない情報も取り込みながらすべての情報資産を活用する方法。以下、詳細を見ていこう。

※「情報資産/過去の蓄積された情報資産を活用したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報資産/過去の蓄積された情報資産を活用したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

企業内検索ツールを導入する

 例えば、自社の営業力と開発力の強みがどこにあるのか熟知した上で新規プロジェクトの企画書を作成しなければならなくなった場合、過去の営業実績や製品開発の経緯など、企画内容を考える上で参考になる資料を収集する必要が出てくるが、社内のどのシステムにどんな資料が保管されているのか調べるだけで相当な労力と時間がかかってしまう。また、時間と手間をかけて作成した詳細資料を添付して報告書を提出したところ上司から「この資料は先月開発部が作成した技術報告書に入っていたものとほとんど同じだ」と教えられ、すっかり無駄骨を折ってしまったというケースも起こり得る。
 そこで、こうした事態を招かないために、1つでも多くの参考になる情報を社内から吸い上げたいときは「企業内検索ツール」がオススメ。
 これは、企業内にあるグループウェアサーバやファイルサーバ、業務アプリケーションのデータベース、Webサーバなどに蓄積されたデータを、そのファイル形式に関わらず、1つの画面で横断的に検索を行うことができるツールのこと。これを使うことにより、社内に蓄積されている膨大な文書やデータベースから必要な情報をすばやく探し出して活用できるようになる。
 企業内検索ツールでは、入力したキーワードに合致する情報を探し出すだけではなく、キーワードに関連した情報も同時に見つけ出すことができる。例えば「おいしい」と入力すると、その意味を解析して「おいしい」に類似あるいは関連する「うまい」「まずくない」などが含まれている情報も抽出してくれる。また、検索結果はサムネイル表示されるので、直感的に欲しい情報が見つかりやすくなっている。もちろん、人、部門といった閲覧権限に応じて適切な検索結果が表示されるなど、社内情報のセキュリティ対策も考慮されている。

企業内検索ツールの例
企業内検索ツールの例
資料提供:住友電工情報システム株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報資産/過去の蓄積された情報資産を活用したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報資産」関連情報をランダムに表示しています。

情報資産」関連の製品

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 電子帳票システム「活文 Report Manager」 【日立ソリューションズ】 ネットワーク可視化で“安心感”を――川口信用金庫に学ぶ侵入前提の脅威対策 【トレンドマイクロ】
サーバー管理 電子帳票システム フィルタリング
ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
Web・タブレット対応の電子帳票システム。帳票のライフサイクルを自動管理し、運用コスト削減!海外からも利用できる! ネットワーク可視化で“安心感”を――川口信用金庫に学ぶ侵入前提の脅威対策

情報資産」関連の特集


 第2回・第3回に渡り、企業にとって危険なシナリオの事例を紹介してきた。今回は、中小企業が実際に対策…



データ量は増え続ける見込みなのに、いつまで既存ファイルサーバの拡張で耐えるつもり? いま、ファイルサ…



紛失・盗難を完璧に防ぐ方法はないからこそ情報漏洩リスクを最低限にする対策が必要。今回は予防策と事後対…


情報資産」関連のセミナー

IBMi環境でできる!帳票の電子化&業務カイゼン事例徹底解説 【アイエステクノポート/JFEシステムズ/コクヨ】 締切間近 

開催日 6月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、IT人材の不足が多くの企業で課題となり、社内情報システムには従来以上にスマートな構築と運用が求められています。そこで本セミナーでは、今年注目の高まっている…

使えるOffice 365活用事例SharePointでの文書管理のコツ 【ディスカバリーズ】 締切間近 

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

会社の大切な資産である情報。特に「文書」はそのうちの多くを占め、会社の成長と共に蓄積されていきます。・この蓄積された文書は、社員が「必要な時」に「正しい文書」を…

クラウドとオンプレミスの情報資産をセキュリティリスクから守る 【ソフトバンク・テクノロジー/Imperva Japan/マカフィー】 締切間近 

開催日 6月20日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

情報資産のセキュリティ対策においてリスクアセスメントはとても重要です。しかし、情報資産のアセスメントを行ったとしても、社員は不正に情報の取得・利用をしていないと…

このページの先頭へ

情報資産/ 過去の蓄積された情報資産を活用したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報資産/ 過去の蓄積された情報資産を活用したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004598


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ