この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバの管理負荷を軽減したい

2012/07/19


 ITシステムにかかるコストの7〜8割は運用管理コストと言われている。クライアントPCの増加も運用管理の負荷を増やすが、サーバが増えるとその管理コストは一段と増えてしまう。しかし、事業が拡大していく企業では、サーバは次々に導入されるのが常。その一方、運用管理部門の人材が追加されることはなかなかない。結局、運用管理担当者の負荷はどんどん増えていく一方だ。この流れをどこかで逆転させ、サーバが増えても負担は増えない仕組みを作ることが必要だ。そのために利用できる方策は、すでに用意されている。代表的な3つの方策を紹介しよう。

 【1】クラウドサービス(IaaS、PaaS)に移行する → サーバ管理負荷が移行した分だけ削減可能
 【2】複数の物理サーバを仮想化し、1台の物理サーバに統合する → 物理サーバが減る分だけ管理負荷が減る
 【3】データセンタにサーバを集約・統合する → 1箇所に集まるだけでも管理負荷軽減

 【1】ではサーバ管理負荷が移行した分だけ削減可能、【2】では物理サーバが減る分だけ管理負荷の削減が可能、【3】では1箇所に集まるだけでも管理負荷軽減が可能である。以下、詳細を見ていこう。

※「運用管理/サーバの管理負荷を軽減したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「運用管理/サーバの管理負荷を軽減したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

クラウドサービス(SaaS、IaaS、PaaS)に移行する

 まず考えたいのがクラウドサービスの利用だ。現在利用しているサーバの中味を、クラウドサービス事業者のデータセンタの中のサーバに移転したり、新しく増設するサーバはクラウドサービスが提供するサーバを利用することにすれば、その分だけサーバ管理負荷が削減できる。

クラウドサービスの主な3種類

SaaS(Software as a Service):

アプリケーションをネット経由で利用できるようにする。

Paas(Platform as a Service):

アプリケーションを利用する基盤(プラットフォーム)をネット経由で利用できるようにする。

IaaS(Infrastructure as a Service):

サーバや、ストレージなどのシステム基盤ハードウェアをネット経由で利用できるようにする。

 SaaSの場合は、ユーザ企業はネットワークとPCがあれば利用できるので、運用管理の手間はほとんどかからない。しかし、提供されているサービスは限られており、従来から社内で業務に使ってきたのと同じアプリケーションが使えるわけではない。ただし、新しい業務を行うためにサーバを新規に調達するときは、その業務をSaaSで行えないのかを調べたほうがよい。もしもSaaSで事足りるなら、わざわざ運用管理コストを増やすサーバの新規導入を行わないほうがよい場合がある。SaaSなら、アプリケーションのバージョンアップなどの際にもユーザ企業側には一切手間がかからない。
 PaaSは、サービス業者が提供するOSやミドルウェアが載ったプラットフォームに、ユーザ企業が購入したアプリケーションをインストールして使う。アプリケーションの運用管理はそのままだが、OSやミドルウェアについては業者側にまかせることができるので、運用管理コストが削減できる。
 IaaSは、ハードウェアだけを業者が管理するものだ。ユーザはOSもミドルウェアもアプリケーションも、自前で用意してインストールし、ネットごしに利用する。ハードウェアの調達コストが安価にできることと、その運用管理負荷がなくなるところがメリットだ。特に社内のITスキルが高い企業では、お仕着せのプラットフォームやアプリケーションを使わなくてもよいので、自由度が高い分、使いやすい場合が多いだろう。逆に専門知識のある人材が不足しているときは、かえって利用しにくいかもしれない。
 社内システムを一気にクラウドサービスに移行することは考えず、できるところから徐々に移行していくか、新しいサーバが必要になったらクラウドサービスを利用するようにするとよい。現在は中小企業に特化したクラウドサービスも登場してきており、中には、移行時にはユーザ企業に出向いて移行作業を全部やってくれる業者もある。他のサーバと連携しないで独立して稼動しているサーバを優先して、クラウドへの移行を図っていくとよいだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

運用管理/サーバの管理負荷を軽減したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

運用管理」関連の製品

USBブート型シンクライアント 「IVEX Xexus」 【日本ナレッジ】 ビッグデータ分析プラットフォーム Data Platform for Analytics 【NEC】 ファイルサーバアクセス統合管理製品 『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】
シンクライアント DWH サーバー管理
USBキーを挿入するだけで既存PCをシンクライアント端末化。誰でも簡単にシンクライアント環境への接続が可能。既存PCを活用できるため、導入コストを大幅に削減できる。 「超高速」「簡単導入」「低コスト」のデータ分析DWHアプライアンス。圧倒的なパフォーマンスを持ちながらもチューニングの手間は最小限。多種多様な分析を瞬時で実行。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。

運用管理」関連の特集


あまり意識しないSSLサーバー証明書の運用管理。1024ビット鍵長の公開鍵とSHA-1ハッシュアルゴ…



チャットアプリは便利だけれど、仕事でちゃんと「使える」ツール、知っていますか? Slack、Chat…



ファシリティや運用サービスなどを合わせた合計が2590億円であった「オーダーメード型ホスティング」の…


運用管理」関連のセミナー

System Support Day 2018 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 8月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

内部不正による情報漏洩や標的型攻撃など、情報セキュリティ脅威に加え、長時間労働の抑制など、情報システム部門に求められる課題は増加の一途を辿っています。当セミナー…

Hinemos ver.6.1 トレーニングコース(集合形式) 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 9月5日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 7万200円(税込)※

Hinemosをより多くの方に使っていただけるよう、Hinemosの機能や使い方を、体系的に習得頂くための研修トレーニングを開催しております。Hinemosトレ…

DNSハンズオン 〜DNSサーバを立てて、理解しよう〜 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 10月3日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要本プログラムでは、実際にドメイン名を登録し、そのドメイン名の名前解決ができるようなDNSサーバーの構築を体験していただきます。DNSの基礎的な知識を持つ方…

このページの先頭へ

運用管理/ サーバの管理負荷を軽減したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用管理/ サーバの管理負荷を軽減したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004597


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ