この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

情報漏洩の原因を特定したい

2012/07/12


 業務にコンピュータが導入され、すべての社員が高性能PCやモバイル端末を使いこなすようになって、様々な情報を手軽に活用できるようになったが、その一方で、機密情報や個人情報が外部に流出する事件や事故が起こりやすくなり、特に個人情報の漏洩事件が相次いで発生している。このため、企業では情報漏洩を未然に阻止するためにいろいろなセキュリティ対策を講じているが、それでも情報漏洩は起こり得る。従って、情報が漏洩したときにその原因を突き止めるための仕組みも整えておく必要があり、もし原因が分からないと対策を施すことができなくなってしまう。
 そこで、情報漏洩の原因を突き止める手段としては、次のような方策がある。
 
 【1】ログ管理ツールを導入する
 【2】メールアーカイブを導入する

【1】はシステムの操作履歴から原因を突き止める方法、【2】はメールの履歴から原因を突き止める方法。以下、詳細を見ていこう。

※「情報漏洩/情報漏洩の原因を特定したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報漏洩/情報漏洩の原因を特定したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

ログ管理ツールを導入する

 サーバやPC、ネットワーク機器は、「いつ」「誰が(何が)」「どこで」「何を」「どうしたのか」…といった処理内容を記録した「ログ」と呼ばれている情報を出力する機能を備えている。従って、業務システムやクライアントPCから情報が漏洩した場合、ログを分析すれば、情報漏洩の原因を特定できる。しかし、ログは元々システムのトラブルを解決するために搭載された機能であり、そのままの形(ログファイルとして出力される)では分かりづらく、またそのデータ量も膨大になるので、たとえログの中に情報漏洩の痕跡が残されていたとしても、そう簡単に見つけることはできない。
 そこで、ログの中から情報漏洩した原因を特定したいときはログ管理ツールがオススメ。ログ管理ツールにはシステムを構成する複数の機器からログを収集して一元管理できる「統合ログ管理ツール」や、クライアントPCに特化した「PCログ監視ツール」などが市販されている。統合ログ管理ツールの場合、サーバやネットワーク機器などによってログのファイル形式が異なるので、複数の機器から収集したログはツール独自のファイル形式に一度変換してから保管、それを管理コンソールから検索・分析することができるようになっている。
 具体的には、検索条件を組み合わせて高速検索することができるので、例えば開発中の製品の設計図が外部に漏れた場合、その設計図にアクセスしたすべての社員を確認したり、そのファイルをUSBメモリにコピーした人物のユーザIDを特定したりすることができる。

統合ログ管理ツールの例
統合ログ管理ツールの例
資料提供:株式会社日立システムズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報漏洩/情報漏洩の原因を特定したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩」関連の製品

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】
暗号化 WAF 暗号化
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

情報漏洩」関連の特集


ポストWinny登場!?情報漏洩はどうして起こるのか?企業としてどんな対策を採るべきか?ファイル共有…



 前回までに中小企業がまず取り組むべき「情報セキュリティ対策」として、「ステップ1:現状を把握しよう…



 メール誤送信による情報漏洩は、もはや個人の問題ではなく組織として対処すべき課題になっています。以下…


情報漏洩」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WannaCry」をはじめとするランサムウェアを用いた標的型攻撃や、内部不正に起因する情報漏洩など、IT環境を取り巻く脅威が社会問題となっています。これらの脅…

高度化するサイバー攻撃から会社を守れ!セキュリティ対策セミナ 【ディーアイエスソリューション/エムオーテックス/Cylance Japan/シスコシステムズ】  

開催日 9月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識】の執筆者、船井総合研究所の那須慎二氏登壇決定!・何故サイバー攻撃とそれによる被害は増え続けているのか。これか…

データ消去ソフト サーバーディスクシュレッダー 製品セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 7月26日(水),8月23日(水),8月30日(水),9月13日(水),9月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「サーバーディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいた…

このページの先頭へ

情報漏洩/ 情報漏洩の原因を特定したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報漏洩/ 情報漏洩の原因を特定したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004596


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ