この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

内部統制対策を行いたい

2012/06/28


 米国だけでなく日本国内でも企業の不正事件が相次いで発生したことから、多くの企業がコンプライアンスを強化するために内部統制に取り組んでいる。内部統制は新会社法や個人情報保護法、システム管理基準などでその取り組みが求められており、プライバシーマークの認定を受けるためにも内部統制は欠かせない。内部統制を実現するには、財務情報の信頼性や個人情報の機密性を阻害する要因をリスク(例えば、承認されていない受注伝票が勝手に入力されるなど)として洗い出し、その各リスクを未然に防ぐための対策(例えば、不正アクセスを検知できるなど)を施す必要があるが、これには次のような方策を利用できる。    

 【1】ログ管理ツールを導入する
 【2】文書管理ツールを導入する
 
 【1】は業務に関するすべての履歴を保存し、いつでも全社員のデータのやり取りを確認できるようにしておくことで不正行為の抑制を図る方法、【2】は内部統制で作成される公式文書を適切に一元管理できるようにする方法。以下、詳細を見ていこう。

※「文書管理/内部統制対策を行いたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理/内部統制対策を行いたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

ログ管理ツールを導入する

 情報システムを構成しているネットワーク機器や業務アプリケーションサーバ、ファイルサーバ、メールサーバ、クライアントPCは、いつ、だれが、どのデータを、どのように操作したかという履歴(ログ)を常に出力している。これらのログは各機器に蓄積されているが、これらの情報を一元管理できれば、情報漏洩などの不正行為を発見するための体制が整うことになり、内部統制対策に役立つことになる。そこで、これらのログを失うことなく適切に集中管理することができる「ログ管理ツール」を導入しよう。
 代表的なログ管理ツールとして、クライアントPCの操作状況を監視し、かつその履歴を収集・蓄積する「PCログ監視ツール」が数多く出回っているが、内部統制では業務プロセスの正当性を証明することも求められることから、内部統制対策としてはクライアントPCのログだけでは不十分で、業務システムのログも管理しなければならない。
 そこで、内部統制を強化するには、分散しているログを集中管理するための「統合ログ管理ツール」がオススメ。
 統合ログ管理ツールを導入すれば、現在システムが出力しているさまざまな種類のログを全て収集し、ログのアプリケーション・フォーマットに依存せずに一元的に管理することができるようになる。これらのツールには、収集したログを時系列に集計し、集計結果をグラフ表示する集計機能や、収集中のログを監視し、条件に該当するログを検出した時にメールなどで通知する検知機能、ログへのアクセス権限を制限する機能などが搭載されており、内部統制の実施状況をモニタリングできる。

統合ログ管理ツールの例
統合ログ管理ツールの例
資料提供:株式会社日立システムズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

文書管理/内部統制対策を行いたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性 【ハイランドソフトウェア】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】
EIP CMS 文書管理
メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール 業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。

文書管理」関連の特集


ECMツールはERPと同様に全社規模で導入すべきツール。そのため製品の選定にあたってはさまざまな課題…



SOX法対応で一番大変なのは対象文書の洗い出しとその管理。今回はSOX法対応で導入が進む文書管理ツー…



見積書、発注書、請求書などの経理伝票に始まり、企画書、報告書、製品カタログに至るまで…いつもオフィス…


文書管理」関連のセミナー

デスクネッツネオ 他社グループウェアとの比較体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ウイズシステム】 注目 

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」のポイントを、他社提供のグループウェアと比較をしながらご紹介するセミナーです。1人…

メジャークラウド(LINE WORKS、Office 365ほか)活用セミナー福岡 【サテライトオフィス/ネクストセット】  

開催日 4月21日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

サテライトオフィス / ネクストセット がお薦めする、メジャークラウドを一挙にご説明いたします!<G Suite (旧名:Google Apps for Wor…

SDL Trados Studio Basic 3 「翻訳メモリの作成と管理」 【SDLジャパン】  

開催日 4月11日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

2017年の新ウェビナーシリーズである「SDL Trados Studio Basic」の3回目の開催についてお知らせします。今回は、翻訳メモリの作成方法と管理…

このページの先頭へ

文書管理/ 内部統制対策を行いたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ 内部統制対策を行いたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004594


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ