この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

社員のメールを保管しておきたい

2012/05/24


 ビジネスには欠かせない存在になっている電子メールだが、業務システムで使っているデータのバックアップはしっかり保管していても、社員が会社で使っているメールのバックアップを保管している企業は意外と少ない。
今では重要な取引や打合せ、受発注などもメールを使って行われるようになってきたので、アプリケーションのデータと同様の取り扱いで、社員のメールに対してもしっかりバックアップを取って保管しておく必要がある。社員ひとりひとりは、自分のPC上でメールソフトから個別に自分の送受信メールのバックアップを取っておけばよいが、こうした作業を個人任せにすると、バックアップを怠ったり、自分にとって都合の悪いメールは消してしまったりするなど不正が起こる恐れが出てくる。
そこで、会社側としては、漏れなくすべてのメールを保管できるようにし、社員の不正や情報漏洩のリスクを抑えたい。これを実現するには次の方策がある。
 
 【1】メールアーカイブを導入する
 【2】クラウド型メールサービスを利用する
 
 【1】は専用ソフトを導入して問題発生時に厳密なメール調査ができるようにする方法。【2】は初期コストを掛けずに迅速にメールの保管ができる方法。以下、詳細を見ていこう。

※「メール/社員のメールを保管しておきたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール/社員のメールを保管しておきたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

メールアーカイブを導入する

 ビジネスにトラブルは付き物。例えば、取引先との契約で行き違いがあり、確認を取るためにそのときの業務メールの履歴が必要になったり、PCトラブルで重要メールを紛失してしまったり、社外秘の情報がメール経由で流出したらしいのでその証拠を押さえたい、あるいは業務中の私用メールや誹謗中傷メールの抑止効果を図りたい場合がある。
 こうしたニーズに応えるには、「メールアーカイブ」と呼ばれる機能を持つソフトウェアを導入するとよい。メールアーカイブ機能を導入すると、社員が送受信するすべてのメール(社内と社外および社内同士)を添付ファイルも含めて一元的に保管できるようになる。保管されたメールは必要に応じて、「期間」「差出人」「宛先」「表題」「添付ファイル名」「添付の有無」や本文および添付ファイル内のテキストなどから条件を指定して復元することができるので、業務引継ぎ時や、過失などでメールを消失したときにも重宝する。
また、メールをすべて保管すると、社員数の多い企業では膨大なデータ量になるが、メールアーカイブ製品には大量のデータの中から目的のメールを迅速に見つけ出すことができる高速検索機能が搭載されている。例えば、自然文入力による類似検索に対応している場合、質問文とまったく同じ内容を含んでいなくても、類似する内容を含むメールも検出できる。さらに、特定のメールに関連するメールのやり取りをスレッド(メール間の参照の親子関係をツリー構造で表現したもの)表示することで、メールへの返信によるやり取りの全体像を把握しやすくしたり、メール送信者を中心としたメール送受信の相関図を表示したりする機能も提供されている。こうしたメールアーカイブ機能は、メールアーカイブ製品(専用ソフト)のほか、メールフィルタリングソフトやメール誤送信防止システムなどにも搭載されているので、すでにこれらのソフトウェアを導入している場合にはオプション機能としてメールアーカイブが提供されていないか確認しよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール/社員のメールを保管しておきたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール」関連情報をランダムに表示しています。

メール」関連の製品

SEALS融資システム 【SCSK】 Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
特定業種向けシステム セキュリティ診断 勤怠管理システム
融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

メール」関連の特集


 2011年に国内で相次いで発生した標的型攻撃においては、企業、特に大手製造業の社内ネットワークから…



 最終回の今回は、前回までで説明した、情報資産、電子ファイルに対する「重要度の識別」を習慣化させるこ…



BCPを絵に描いた餅にしないための方策とは?今回は、震災後BCPを見直した5社にお集まりいただき、使…


メール」関連のセミナー

Office 365/Skype for Business会議ソリューションセミナー 【主催:住友商事マシネックス】 注目 

開催日 1月27日(金),1月27日(金),2月3日(金),2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、様々な企業で「ワークスタイル変革」や「テレワーク」等のキーワードに対する関心が高まっています。そんな中、Microsoft社が提供する「Office 36…

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】 注目 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

ISO/IEC 20000 ITサービスマネジメントプロフェッショナルコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 2月27日(月)〜3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 30万2400円(税込)

本コースは、受講生がITサービスマネジメントシステム ISO/IEC 20000に基づくマネジメントシステム監査を、監査責任者、または審査チームのリーダーとして…

このページの先頭へ

メール/ 社員のメールを保管しておきたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール/ 社員のメールを保管しておきたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004589


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ