リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?

2012/04/04


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。
 今回のテーマは、ビッグデータをリアルタイムに分析するオープンソースソフトウェア「Jubatus(ユバタス)」。ビッグデータと言えばMapReduceやHadoop、データベースアプライアンスやインメモリデータベースと海外発の製品ばかりが話題になる昨今ですが、このソフトウェアは純日本産。これから海外の開発者なども含むコミュニティで磨きがかけられることになる、新しいソフトウェアです。ビッグデータ処理の1つの最先端を覗いてみましょう。

Jubatus

※「Jubatus/リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Jubatus/リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「Jubatus」とは何か

 Jubatusは、日本電信電話株式会社情報流通プラットフォーム研究所と株式会社プリファードインフラストラクチャーが共同開発した、大量データのリアルタイム分析のためのオープンソースソフトウェアだ。昨年10月に公開された。

1-1

Jubatusの新しさ

 “5分前のテレビ番組の内容に合わせてECサイトのレコメンド内容を変更する”、“ネットワーク障害の予兆を監視し、発見したら即座にネットワーク経路を切り替える”。そんなことを可能にする基盤技術が、ビッグデータのリアルタイム分析だ。

■Hadoopは分散データの処理が得意だがリアルタイム処理には弱い

 オープンソースでビッグデータを対象とするソフトウェアといえばHadoopの存在がまず思いつく。昨年来いくつもの適用事例が公開され、ビッグデータの話題の中心になったHadoopには関連ソフトウェアが各種登場しており、機械学習のためのソフトウェアであるMahoutと組み合わせると、大量データを自動的に分類し、高度な解析に用いることができる。
 しかしまだ越えられていない壁がある。それが「リアルタイム処理」だ。Hadoopの基本はバッチ処理。いくら高速とはいえ、結果が出るまでに少なくとも数分から数時間の待ち時間が必要な場合が多い。

■分散データ処理、リアルタイム性、深い解析を実現するJubatus

 この弱点を解消し、水平分散しているデータを発生から順次リアルタイム処理して、しかも深く解析できるのがJubatusだ。
 これまで、「大量データの分散処理」、「深い解析」、「リアルタイム処理」の3つのポイントを全部備えたソフトウェアはなかった。Jubatusはこの3ポイントを1つのソフトウェアで全部備えているところが新しい。

図1 Jubatusは大量データをリアルタイムに深く解析
図1 Jubatusは大量データをリアルタイムに深く解析
資料提供:プリファードインフラストラクチャー

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

Jubatus/リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Jubatus」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこか 【クリックテック・ジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこにあるのか? 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは

「ビッグデータ」関連の特集


既にクラウド上で大規模データ高速分析基盤を提供済みのIIJが、スタートアップの支援を目的とした「II…



野村総合研究所が、データ分析のビジネス活用動向がどのように進展するかを予測した「ITロードマップ」を…



国内市場規模およそ9兆円に達した「IoT」ですが、IT部門ではどう取り組むべき?事例も交えつつ企業シ…


「ビッグデータ」関連のセミナー

スマートコミュニティ+IoT World 九州 【スマートコミュニティ+IoT World 九州 実行委員会/ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 1月30日(月)〜1月31日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

【福岡初開催】再エネやIoT活用の最新技術・動向にフォーカスする展示会&セミナー毎年、仙台にて開催されております「スマートコミュニティ+IoT World 」を…

IoT時代のものづくり現場事例 ミニセミナー 【主催:フューチャーイン/協賛:ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

ものづくりの現場でも「IoT(モノのインターネット接続)」「ビッグデータ」や「クラウド」という新たな単語が注目され、新しい模索をしている現場も多いと思います。こ…

データ活用の最前線 -統計解析からAI(人工知能)まで 【バリューチェーンプロセス協議会】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

特定非営利活動法人バリューチェーンプロセス協議会(VCPC)は2017年1月度のメンバーズミーティングを1月27日(金)に開催いたします。 今回のテーマは“デー…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Jubatus/ リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Jubatus/ リアルタイム分析ソフト「Jubatus」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30004580


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ