この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    岩井 博樹
    Hiroki Iwai
    株式会社ラック
    2000年にラック入社。JSOCセキュリティ・アナリスト、インシデント・レスポンス業務を経てサイバー犯罪分析、デジタル・フォレンジックを専門とした研究開発に従事。
2012/01/17
サイバー産業スパイの実態

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「サイバー産業スパイの実態」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


サイバー産業スパイ/サイバー産業スパイの実態」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サイバー産業スパイ」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

McAfee Network Security Platform シリーズ 【マクニカネットワークス】 NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity 【インテック】
IPS IPS IPS
複数の高精度な検知手法で様々な攻撃を防御。クラウドレピュテーション連携、ボットネット検知、最大80Gbpsへのパフォーマンス拡張などを実現する次世代型IPS製品 マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。 マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。

「IPS」関連の特集


ファイアウオール、IDSに続き、セキュリティの必須アイテムとして話題を集める「IPS」。ファイアウオ…



 最終回の今回は、実際にIDS/IPSを導入する際に、どのように導入するのがよいのか、またどのような…



2015年5月、日本年金機構において大規模な情報流出事件が発生しました。この事件では約125万件(対…


「IPS」関連のセミナー

CTIセキュリティセミナー2016 【中電シーティーアイ】 注目 

開催日 12月5日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

次の3つのセキュリティ現場の視点からお話します。 ◆サイバー攻撃観測のプロの視点 ◆インシデントレスポンスのプロの視点 ◆重要インフラ事業者の視点

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004577


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ