この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    岩井 博樹
    Hiroki Iwai
    株式会社ラック
    2000年にラック入社。JSOCセキュリティ・アナリスト、インシデント・レスポンス業務を経てサイバー犯罪分析、デジタル・フォレンジックを専門とした研究開発に従事。
2012/01/10
サイバースパイ行為の手口と対策

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「サイバースパイ行為の手口と対策」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃/サイバースパイ行為の手口と対策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。

標的型攻撃」関連の特集


多岐にわたるネットワークセキュリティ機能を1台に集約したUTM。今回はキーマンズネット会員様を対象に…



 前回に引き続き、標的型攻撃対策製品の持つ技術手法について説明する。



対応費用に8億円!?組織化・凶悪化する“スクリプトキディ”に狙われた企業はどう守る?従来型のアンチウ…


標的型攻撃」関連のセミナー

リアルに考える、サイバーセキュリティーでいまやるべきこと 【NANAROQ/テクマトリックス/EMCジャパン】 注目 

開催日 6月2日(金),6月7日(水),6月9日(金),6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のテクノロジーを使って攻撃の検知や防御を行うことは重要です。しかし、そのセキュリティをすり抜けて、検知すらできない攻撃は後を絶ちません。1通のメールから重大…

【大阪開催】ほぼ実録!標的型攻撃の実態と対策 【主催:オージス総研/協賛:ソフトバンク/協力:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【企業や組織として押さえておきたい大事な2つのポイント】昨今、特定の組織や個人を狙って情報窃取等を行う標的型攻撃による被害が増えています。その攻撃手法は巧妙でセ…

Internet Week ショーケース in 名古屋 【日本ネットワークインフォメーションセンター/中京大学】 締切間近 

開催日 6月1日(木)〜6月2日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

2017年6月1日(木)から2日(金)までの2日間、JPNICは「Internet Week ショーケース in 名古屋」を中京大学名古屋キャンパスにて開催いた…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004576


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ