企業が抱える情報セキュリティリスク指標

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    内山 友弘
    Tomohiro Uchiyama
    (独)情報処理推進機構セキュリティセンター普及グループ研究員
    ソフトウェアベンダにてメインフレームのOSからクラサバ系の企業向けアプリケーション開発の経験を持つ。IPAではインターネット定点観測の立ち上げに携わる。「IPA対策のしおりシリーズ」の執筆者。
2012/01/24
企業が抱える情報セキュリティリスク指標

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「企業が抱える情報セキュリティリスク指標」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報セキュリティ対策ベンチマーク/企業が抱える情報セキュリティリスク指標」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報セキュリティ対策ベンチマーク」関連情報をランダムに表示しています。

情報セキュリティ対策ベンチマーク」関連の特集


 前回は、調達の仕様書作成段階におけるセキュリティの取り組みを概説し、その意義、留意事項等に触れた。…



 中小企業で一概に「情報セキュリティ対策」といっても、どこまでやればいいのか。また、実施していること…



 今回は、情報セキュリティ対策ベンチマークの現在までの生い立ち(背景)について解説する。


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 次世代標的型攻撃対策製品「RedSocks Malware Threat Defender」 【ネットワールド】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 全てのアウトバウンド・トラフィックを監視し、標的型攻撃による情報漏洩の危機となる通信を、リアルタイムに検知・通知可能なハードウェアアプライアンス。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の特集


「在宅勤務」の活用は大きなメリットをもたらすが、導入にあたっては様々な不安があるという企業は少なくな…



「気付く」ことすら困難な状況に発展してきている標的型攻撃…。でも朗報!?不正なファイルを検知するため…



 2010年12月IPAは、「“ドライブバイダウンロード(攻撃)”の危険性」についてプレスリリースを…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004574


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ