あのBASICはアインシュタインの助手が開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/02/24
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#128懐かしのBASICはタイムシェアリングのために開発 〜ジョン・ケメニー氏

 IT業界に身を置いていて、1980年代ぐらいにパソコンを触っていたという人にとって「BASIC」は懐かしいプログラミング言語ではないだろうか? そして現在でも、「Visual BASIC」などにもその名を目にすることができる。今回は、そんなBASICの開発者の1人であるジョン・ケメニー氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

 ジョン・ケメニーは1926年、ハンガリー・ブダペストにて誕生した。ユダヤ人である。そのため、1938年にドイツ軍のオーストリア侵攻が始まると、ケメニーは母と兄弟とともにイタリアを経由してアメリカ・ニューヨークへと脱出する。英語も話せずにニューヨークで新人生を開始したケメニーだが、徐々に頭角を現し、1944年にジョージ・ワシントン高校を主席で卒業するまでになった。

 卒業後はプリンストン大学へと進学して数学と哲学を学んでいたケメニーだったが、第二次大戦終戦直後の1945年9月に徴兵される。これが彼の人生の大きなターニングポイントとなった。徴兵されたケメニーはロスアラモス研究所へ配属となる。ご存じの方も多いだろう、そう、あのマンハッタン計画で原子爆弾の開発のために設けられた国立研究所である。

ジョン・ケメニー氏
1926年
ハンガリー・ブダペストにて誕生。
1938年
ハンガリーを脱出し、アメリカへ移住。
1945年
プリンストン研究所でコンピュータの操作を学ぶ。
1955年
ダートマス大学へ。コンピュータの研究を進める。
1964年
BASICを発表。
1993年
死去。享年66歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 懐かしのBASICはタイムシェアリングのために開発 〜ジョン・ケメニー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 懐かしのBASICはタイムシェアリングのために開発 〜ジョン・ケメニー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004566



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ