この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/02/17
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#127戦後から日本のコンピュータ市場を率いてきた巨人 〜山本 卓眞氏

 戦後まもなくから日本のコンピュータ産業を立ち上げ、長期にわたって日本のITを牽引してきた偉人が惜しくも亡くなったというニュースが流れた。今回紹介するキーマンは、その偉人、山本 卓眞氏(以下敬称略)である。

 山本 卓眞は、1925年熊本市にて誕生した。幼少の頃は体が弱く、読み書きができるようになるのも遅かったという。それでも陸軍の幼年学校経て、航空士官学校に進む。士官学校時代、満州で飛行訓練を受けていたが、そのとき通信工学、機械工学を学んでいる。士官学校での飛行訓練中に、軍の通信機材の貧弱さを痛感し、戦争が終わったら技術者になって日本の電気・通信に貢献することを誓ったのだという。

 山本は満州で終戦を迎えると、東京大学第二工学部電気工学科へと進学する。1949年に同校を卒業すると富士通信機製造(現・富士通)へ入社する。

山本 卓眞氏
1925年
熊本市にて誕生。
1945年
陸軍航空士官学校を卒業後、東京大学第二工学部へ。
1949年
富士通信機製造(現富士通)へ入社。
1952年
池田敏雄とともにリレー式計算機の開発に取り組む。
1981年
富士通の代表取締役社長に就任。
2012年
肺炎のため死去。享年86歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 戦後から日本のコンピュータ市場を率いてきた巨人 〜山本 卓眞氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 戦後から日本のコンピュータ市場を率いてきた巨人 〜山本 卓眞氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004565



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ