この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/02/10
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#126Googleとも関係が深い人工知能研究の始祖 〜テリー・ウィノグラード氏

 先日も人工知能を搭載したコンピュータ将棋がリアルの名人を破ったとして話題になった。しかしながら、将棋のようなあるジャンルに特化した人工知能の活躍はよく聞くが、独立した人間に匹敵する人工知能の開発は未だ難しいとされる。

 そんな人工知能の研究の始祖の1人、テリー・ウィノグラード氏(以下敬称略)を今回のキーマンとして紹介していこう。

 テリー・ウィノグラードは、1946年メリーランド州にて誕生した。1966年にコロラド大学にて数学を、更に1967年にはユニーバーシティ・カレッジ・ロンドンで言語学を学ぶ。そして1970年にMITで応用数学の博士号を取得。1973年から、スタンフォード大学でコンピュータ科学の教鞭を執っている。

テリー・ウィノグラード氏
1946年
アメリカ、メリーランド州にて誕生。
1970年
MITにて人工知能「SHRDLU」の開発に関わる
1973年
スタンフォード大学へ。
1995年
ラリー・ペイジと論文「ページ・ランク」を共著。
2001年
Googleのコンサルターとして、またスタンフォード大学の教授として現在も活躍。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ Googleとも関係が深い人工知能研究の始祖 〜テリー・ウィノグラード氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ Googleとも関係が深い人工知能研究の始祖 〜テリー・ウィノグラード氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004564



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ