世界のGE社…そのルーツは有名すぎる発明王

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/01/27
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#124発明王が現在のITに影響を与えたこととは!? 〜トーマス・エジソン氏

 モバイルノートPCやスマートフォンをどこでも使えるのは、ひとえに内蔵バッテリのおかげだ。そういったデバイスに使われているバッテリは、乾電池のように放電したら終わりのいわゆる「一次電池」ではなく、充電して繰り返し使える「二次電池」だ。現在、ノートPCやスマートフォンに使われているのは、主に「リチウムイオン二次電池」である。

 昨今のITに欠かせない、そういったデバイスの基礎を支えている二次電池技術の基本をもたらしたのは誰あろう、あの発明王エジソンだ。もちろんほとんどの方が彼のことはご存じかと思う。しかしエジソンが二次電池を発明?と聞くのは意外ではないだろうか。今回のキーマンとして、そんなトーマス・エジソン氏(以下敬称略)にスポットをあてて紹介していこうと思う。

トーマス・エジソン氏
1847年
アメリカ・オハイオ州にて誕生。
1877年
蓄音機の発明に成功。以降発明王として活躍する。
1901年
ニッケルアルカリ鉄蓄電池を発明。
1903年
ニッケルアルカリ鉄蓄電池を搭載した自動車の発明。
1931年
死去。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 発明王が現在のITに影響を与えたこととは!? 〜トーマス・エジソン氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 発明王が現在のITに影響を与えたこととは!? 〜トーマス・エジソン氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004562



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ