MSを築いた奇才ビル・ゲイツの大胆な作戦

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/01/06
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#121奇才の大胆な作戦でマイクロソフトは巨大に! 〜ビル・ゲイツ氏

 既にビル・ゲイツ氏(以下敬称略)が一線を退いて10年以上が経つ。彼が世界でも指折りの成功者で大富豪だというのはご存じだろうが、いったいどんな幼少時代を過ごし、成功したのかということを知る人はあまり多くないのではないだろうか。そこで今回は、そんなビル・ゲイツをキーマンとして紹介していこう。

 ゲイツは1955年、シリコンバレーからほど近いシアトルにて誕生した。通称はご存じのとおりビル・ゲイツだが、正式にはウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世である。同名を3世代も引き継いでいる、由緒正しい家系なのだ。弁護士の父、秘書や教員などをしていた母とともに裕福な家庭で育った彼は、幼少時代から成績優秀で、1967年にシアトルのレイクサイドスクールへ進学した。中高一貫のこの学校はセレブの子息向けの学校で、1968年から教育のためにコンピュータを導入するような先進的な学校でもあった。

ビル・ゲイツ氏
1955年
アメリカ・ワシントン州シアトルにて誕生。
1967年
レイクサイドスクールへ進学。コンピュータ「PDP-10」、ポール・アレンと出会う。
1973年
ハーバード大学へ進学。
1975年
「アルテア8800」向けBASICを開発。マイクロソフト社を起業。
1981年
IBM PC向け「PC DOS」を開発。翌年には互換機向け「MS-DOS」を発売。
2000年
CEOを辞して会長職に。現職であるが経営には関わっていない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 奇才の大胆な作戦でマイクロソフトは巨大に! 〜ビル・ゲイツ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 奇才の大胆な作戦でマイクロソフトは巨大に! 〜ビル・ゲイツ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004559



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ