大震災乗り切った遠隔操作システムのIT活用法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

大震災乗り切ったIT活用法!応用可能な遠隔操作システム

2012/01/04


 離れた場所にあるパソコンのデスクトップ画面を共有したり、遠隔操作したりできる遠隔操作システムは、ヘルプデスクなどの企業で幅広く採用されている。パソコン自体の操作や、アプリケーションの使い方が分からない初心者に対し、自宅に出向かなくても適切な指示が出せる製品・サービスだ。この遠隔操作システム、実は在宅勤務の実現にも応用できる。今回は、ある税理士法人の事例を紹介しながら、その可能性を紹介しよう。

※「在宅勤務/大震災乗り切った遠隔操作システムのIT活用法」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「在宅勤務/大震災乗り切った遠隔操作システムのIT活用法」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

エー・アンド・パートナーズ税理士法人
従業員数/13名
売上高/非公開
事業内容/税理士法人
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

ISL Online(アイエスエル・オンライン)
株式会社オーシャンブリッジ
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

確定申告締め切り直前の3月11日に東日本大震災が発生。多くの従業員が出社できなくなり、申告業務が滞る危険性に直面した。

既に導入していた遠隔操作システムを使い、各従業員が自宅から会社内のパソコンを操作。

申告作業を期日までに完了させることに成功。また、顧客の元に足を運ぶ必要が格段に減り、出張が少なくなった。


1

当初の目的は顧客PCを“遠隔操作”して対応することだった

■ソフトの操作法を電話で伝えるのは難しかった

 エー・アンド・パートナーズ税理士法人は、新潟と東京の2箇所に拠点を展開している税理士事務所。高度な提案力を武器に、税務・会計の枠を越えた経営支援を行っている。
 通常、税理士事務所の顧客は、その地域に集中していることが多い。ところが、エー・アンド・パートナーズ税理士法人では、同グループの経営コンサルタント会社「ビジネスサポートあうん」から、遠隔地の顧客を紹介されるケースが少なくなかった。その中には、パソコンそのものの操作や、会計ソフトの使い方に慣れていない人もいる。こうした人々に電話で操作法を教えるのは、かなり難しい作業だったという。

コラム:操作に悩む顧客を支える方法がないか、探していた…

 私たちは、大阪府、岐阜県、愛知県、静岡県などのお客さまともお付き合いがあります。例えば「会計ソフトの使い方が分からない」とご連絡をいただいた場合でも、簡単に客先に出向くというわけにはいきません。そこで、電話を使って指示をお伝えするのですが、こちらの意図がうまく伝わらないケースも多かったのです。時には、会計データをファイルストレージなどで送ってもらい、それを見ながらやりとりしたこともあったのですが、これだと時間と手間がかかりすぎました。もっと効率よく、お客さまのお問い合わせに答えられる手段がないか、ずっと探していたんです。(東京事務所・山田拓巳氏)

当時を振り返る山田氏
当時を振り返る山田氏
東京事務所でマネージャーを務める山田氏。パソコンや会計ソフトの操作で悩む遠方の顧客に対し、効果的に支える方法を探していた。

■試用版をダウンロードしてすぐに導入を決定!
図1 実際の使用画面
図1 実際の使用画面
「ISL Online」では、先方のパソコンのデスクトップがウインドウとして表示される。自分のパソコンと同様の感覚で、違和感なく操作できるのが特徴だ。

+拡大

 エー・アンド・パートナーズ税理士法人がリモートコントロール製品「ISL Online(アイエスエル・オンライン)」を導入したのは、2009年のこと。開発・販売元であるオーシャンブリッジが「ビジネスサポートあうん」の会員だった縁で、この製品の存在を知ったのだという。
 山田氏は、オーシャンブリッジのウェブサイトから試用版をダウンロード。山田氏のいる東京事務所と、新潟の事務所をつないで実験をしてみた。山田氏のパソコンに新潟事務所のパソコンの画面が表示され、ごくスムーズに操作できることを確認。山田氏は、すぐに導入を決意したという。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

在宅勤務/大震災乗り切った遠隔操作システムのIT活用法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「在宅勤務」関連情報をランダムに表示しています。

在宅勤務」関連の製品

クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 そのVDI、設計通り動いていますか? 包括的分析で見えたVDI設計の落とし穴 【レイクサイド ソフトウェア】 リモートアクセスサービス 「MagicConnect(マジックコネクト)」 【NTTテクノクロス】
フィルタリング 統合運用管理 リモートアクセス
クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏えいを防止
VDI導入企業で最も多い意見が「思っていたよりパフォーマンスが出ない」ことだという。さまざまな原因は思い付くものの、実際にそれを調べる手段があるのだろうか? 手元端末にオフィスPCの画面を呼び出し、操作可能にするリモートアクセスサービス。安全かつ手軽に利用できることから、2004年サービス開始以来、累計導入実績は7000社超。

在宅勤務」関連の特集


スマートデバイスなどコンシューマITの業務利用により、サービスデスクに求められる要件は大きく変化して…



オンラインストレージには、単にデータを保管したり、大容量データの受け渡しを行ったりする以外にも、さま…



2015年度は55億円の市場規模だった勤怠管理ソフト。多くの従業員を抱える大企業を中心に導入が進む中…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

在宅勤務/ 大震災乗り切った遠隔操作システムのIT活用法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「在宅勤務/ 大震災乗り切った遠隔操作システムのIT活用法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004526


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ