企業で活きる「スマートフォン」の選定術!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

企業で活きる「スマートフォン」の選定術!

2012/03/12


 日本のコンシューマユースにおいて「スマートフォン」が急速に普及している。一方、企業におけるスマートフォン利用は、セキュリティ対策ソリューションの充実や、MDMツールの提供が進んできていることで徐々に増えつつあるものの、未だごく一部の企業でしか採用されていないのが実情だ。その背景には、スマートフォンの“企業活用イメージ”を計りかねていることなどが原因としてあるのではないだろうか。
 そこで今回のIT導入完全ガイド「スマートフォン特集」では、各キャリアのスマートフォン最新機種や高速通信サービスの詳細を取り上げながら、企業で活用できるソリューションやサービス、またセキュリティや運用管理面での不安を払拭するための対策ポイントなどを紹介していく。

スマートフォン

※「スマートフォン/企業で活きる「スマートフォン」の選定術!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/企業で活きる「スマートフォン」の選定術!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

スマートフォンとは?

 「スマートフォン」とは、一般的には「高機能な携帯電話端末」とされる。タッチパネル機能を持つ大型ディスプレイを搭載し、インターネットに接続してWebコンテンツを表示したり、アプリケーションをダウンロードしてユーザの好みどおりにカスタマイズしたりすることができる。    
 しかし昨今では一般的な携帯電話端末もそれらの機能を備えるものが少なくなく、そういった高機能な携帯電話端末は「フィーチャーフォン」と呼ばれるようになっている。
  スマートフォンとフィーチャーフォンとの最大の違いは、スマートフォンはスペックの1つとして必ず「OS」が明確にされていること。現在販売されているスマートフォンには以下のOSが搭載されていて、OS自体がその端末を特徴づける1機能となっているのである。

■iOS

 Appleが提供するスマートフォン「iPhone」向けOS。Androidとは異なり、搭載されるハードウェアは限定される。iPhone以外ではほかにタブレット端末「iPad」にも搭載される。最新バージョン(2012年2月末日時点)は5.0.1。

■Android

 「Android」はGoogleが提供するスマートフォン、タブレット端末などに向けたOS。ベースはLinuxとされ、オープンソースとして提供される。複数のベンダが採用し、それぞれのハードウェアや、ベンダのカラーに合わせてカスタマイズされているため、一概に「Android」と言っても端末のUIデザインが大きく異なることもある。最新バージョン(2012年2月末日時点)は4.0.3だが、スマートフォン向けバージョンである2.3.7、タブレット端末向けバージョンである3.2.2など複数のバージョンが入り乱れて搭載端末が発売されているのも特徴だ。

図1 iOS
図1 iOS
iOSの画面例。マルチタッチによる直感的な操作が特徴
図2 Android
図2 Android
Android 2.3の画面例。ベンダが初期設定を変更して端末を提供できるうえ、ユーザも自由にホーム画面を変更できるので、さまざまなUIの画面が存在する

■Windows Phone

 マイクロソフトが提供するスマートフォン向けOS。現状(2012年2月末日時点)では国内で1機種のみ対応スマートフォンが発売されている。最新バージョン(2012年2月末日時点)は7.5。Windows Mobileの後継OSであるが、基本設計から異なっているため互換性はない。

■BlackBerry OS

 RIM(Research In Motion)が提供する端末「BlackBerry」シリーズに搭載される専用OS。日本国内で利用できる最新バージョン(2012年2月末日時点)は7.0で、対応端末はNTTドコモのみが提供している。「BES(BlackBerry Enterprise Server)」と呼ばれるサーバシステムとともに導入することで強固なセキュリティと管理機能を利用できる。

図3 WindowsPhone
図3 WindowsPhone
Windows Phone 7.5の画面。次期Windows「Windows 8」でも採用されるUI「METROデザイン」が特徴
図4 BlackBerry OS
図4 BlackBerry OS
国内で販売されている「BlackBerry Bold 9900」の画面。タッチパネルとトラックパッドで操作できる

 これらのOSを搭載したスマートフォンが、現在(2012年2月末日時点)国内で提供されているが、この中でもiOSを採用した「iPhone 4S」とAndroidを採用した各種Android端末が、スマートフォン市場をほぼ2分してシェアを競っているのが実情である。
次項ではスマートフォン最新機種を紹介しながらその特徴を解説していこう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スマートフォン/企業で活きる「スマートフォン」の選定術!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

Web会議システム「LiveOn」 【ジャパンメディアシステム】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
Web会議 Web会議 EAI
4500社以上の導入実績。CD並みの音声品質と途切れを回避する独自機能を搭載し、カスタマイズにも柔軟に対応できるWeb会議システム。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 ドラッグ&ドロップでデータ連携を実現するビジュアルな開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプターを装備。

スマートフォン」関連の特集


勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい、しかしそのため…



SFAを導入したのに業績停滞、営業未達は3期連続、退職者が増え……。どん底を味わった企業が取り組んだ…



 前回の記事では、メールのアーカイブとバックアップの違いについてご紹介しましたが、今回は、バラクーダ…


スマートフォン」関連のセミナー

IoT × IIJモバイル 最新事例セミナー 【インターネットイニシアティブ】  

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、あらゆるモノをインターネットにつなぐIoTのビジネスへの活用が広がってきています。様々な企業でモノから収集したデータの分析・活用や業務改善への応用、新たな…

WWDC2018報告会 【iOSコンソーシアム】  

開催日 7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WWDC2018報告会」を下記日程にて開催させていただきます。6月上旬にサンノゼにて開催されるWWDC2018の概要を、iOSコンソーシアム顧問 林 信行 様…

セミナー「エンタープライズモビリティ管理」 【一般社団法人iOSコンソーシアム/アイキューブドシステムズ/デジタルアーツ】 締切間近 

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

エンタープライズモビリティ管理(EMM)の市場規模はこの数年二桁成長を続けています。政府が主導する「働き方改革」により、テレワークや在宅勤務制度を導入する企業が…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 企業で活きる「スマートフォン」の選定術!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 企業で活きる「スマートフォン」の選定術!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004520


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ