働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ

2012/01/30


 勤怠管理システムは、出勤時の時間と退勤時の時間を正確に打刻し、給与計算の際に必要な労働時間の基礎データを作ることができる便利なツールだ。近年では、労働時間収集のための作業を効率化するだけでなく、サービス残業や過重労働の抑止をはじめとしたコンプライアンス対応などの機能も充実し、多くの企業で導入が進められている。そんな勤怠管理システムの基礎知識について解説しながら、企業の勤怠管理基盤としてどんなポイントに注意すべきなのか、製品選びのポイントを詳しく紹介していく。

勤怠管理

※「勤怠管理/働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理/働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

勤怠管理システムとは?

 勤怠管理システムとは、就業管理システムや就労管理システムとも呼ばれており、タイムカードやICカード、Web画面などを用いて出退勤時刻を記録することで、社員やアルバイトの勤怠状況を的確に管理できるシステムだ。出勤簿やタイムカードなど紙によってのみ管理されていた労働時間をデータ化し、給与の基礎データをスムーズに作成することが可能となるだけでなく、休暇の残日管理や過重労働のケアなど労務管理の面でも役立つ機能が勤怠管理システムには備わっている。
 労働時間の収集及び集計業務を効率化し、サービス残業などを抑止するコンプライアンス強化がシステム導入の主な目的だが、最近では、作業内容別に労働時間を詳細に分析することで生産性の改善プロセスに活かす「人材マネジメントツール」としての役割も期待されている。

図1 システム概念図
図1 システム概念図

 勤怠管理システムは、出退勤時にタイムカードやICカードを用いて打刻し、その時刻データを勤怠管理システム上で収集、集計して給与システムにデータを受け渡す。また、従業員ごとの労働時間を一覧で表示し、管理者が労働時間の状況を的確に把握できるようになっているのが一般的だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理/働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 jinjer勤怠 【ネオキャリア】 AsReaderApps 【アスタリスク】
人事管理システム 勤怠管理システム その他基幹系システム関連
社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

勤怠管理」関連の特集


勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っている…



昨夏より日本でも販売されるChromebook。米国では教育現場をはじめ法人市場での導入が進んでいる…



ユビキタス社会を実現する技術として、注目されている「RFID」。“バーコードとの違いは何?!”と思っ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 働き過ぎは要チェック!勤怠管理のススメ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004514


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ