この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

OSSの利用状況(2011年)

2012/01/17


 キーマンズネットでは、2011年10月25日〜 2011年11月1日にかけて「オープンソースソフトウェア」に関するアンケートを実施した(有効回答数:751)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の55.7%、一般部門が44.3%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「導入のきっかけ」や「導入メリット・デメリット」など、OSSの利用状況を把握するための質問。その結果、OSSの導入率は4割強、利用者の9割が導入コスト削減に魅力を感じているもののサポート体制に不安を残している傾向にあることが明らかになった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「OSS/OSSの利用状況(2011年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「OSS/OSSの利用状況(2011年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

OSSの導入率は4割強、うち7割がOSにOSSを採用

 最初にオープンソースソフトウェアの「利用状況」を尋ねたところ、全体の42.2%が「現在利用している」と回答し、「現在導入を検討している」が3.5%、「必要性は感じるが利用するかは未定」が25.3%、「必要性を感じない」が27.4%、「利用していたが止めた」が1.6%という結果になった(図1-1)。
 次いで「現在利用している」と答えた人にOSSの利用分野についても聞いている。1番多く利用されているのは「OS」で75.1%、2位が「Webサーバ」で64.0%、3位が「データベース(DB)」で47.9%となり、「開発言語・開発フレームワーク」(44.2%)、「ファイルサーバ、メールサーバ、認証サーバ」(31.2%)と続いた。OSやWebサーバ、DBなどのインフラの利用率は高いものの、業務用アプリケーションは10%を割り込み利用率が低い。業務用と言えどもOSSで提供されているアプリケーションの中には有償並みかそれ以上の品質を持つものもある。しかし、業務アプリの分野では不安を払拭するほどOSSを利用する事例が多くなく、採用には踏み切れないユーザが多いようだ。

図1 OSSの利用状況・利用分野

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 OSSの利用状況・利用分野
このページの先頭へ

2

低コストの魅力がOSS導入のきっかけ、リスク分散との声も

 次に、OSSを「現在利用している」と回答した人を対象に「OSS導入のきっかけ」を聞いている。その結果、1位が「IT投資額を抑えるため」で72.8%、2位が「システム構築の納期が短縮できるため」で21.8%、3位が「自社が戦略的にOSSの利用を進める方針のため」で15.8%となった。7割以上がコストを意識してOSSを導入しているようだ。
 フリーコメントを見ると「リスク分散としてMicrosoft Windows一辺倒にしないため」、「Windowsのトラブル時の対応でLinuxOSを使用」との声も寄せられている。システムトラブルは様々な要因で起こりうるが、利用者の多いWindowsの場合は脆弱性を突いた攻撃の対象となりやすくウイルスなども多く存在するため、Windowsだけを利用することにリスクを感じたユーザがLinuxも併用していると思われる。

図2 OSS導入のきっかけ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 OSS導入のきっかけ
このページの先頭へ

3

利用者9割が導入コスト削減にメリットを感じるも、サポート体制に不安が残る

 続いて、OSSを「現在利用している」、「現在検討している」と回答した人に、「OSSの導入メリット」と「デメリット」を尋ねた(メリットについては1〜3位で順位付けをする単一回答)。その結果、「メリット」は全体で大多数が「導入コストの削減が可能な点」(92.9%)と答え、後に「特定ベンダに依存しなくてよい点」(55.5%)、「運用コストの削減が可能な点」(48.2%)と続いたが、最も重視するポイントとしては、「導入コストの削減が可能な点」が75%で2位以下を大きく引き離す結果となった。「導入コストの削減が可能な点」を従業員規模で見ると、1001名以上の企業が65.2%となっているのに対して、100名以下の企業では82.9%と従業員規模が小さいほどコスト意識が高いことが分かる。それとは逆に「特定ベンダに依存しなくて良い点」では、100名以下の企業が3.7%となっているのに対して1001名以上では12.2%と3倍以上の差があり、大企業ほどベンダフリーにメリットを感じているようだ。
 「デメリット」では、75.6%が「サポートが得にくい」と答え、後に「利用OSSの今後の存続が不明」(56.6%)、「セキュリティホールに対するコミュニティの対応に不安がある」(40.6%)が続く結果となった。

図3 OSS導入のメリット・デメリット

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 OSS導入のメリット・デメリット

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

OSS/OSSの利用状況(2011年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「OSS」関連情報をランダムに表示しています。

OSS」関連の製品

Teradata Appliance for Hadoop 【日本テラデータ】 Webサイトセキュリティ対策の第一人者がトレンドと対処法を解説 【合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】
ビッグデータ ファイアウォール IT資産管理
既存インフラストラクチャに組み込むだけでビッグデータの蓄積と管理を即座に実行可能とし、Hadoopのビジネス活用を容易に実現できるアプライアンス製品。 「個人情報ダダ漏れサイト」はなぜ生まれる? 徳丸 浩氏が解説 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。

OSS」関連の特集


 ここ数年、ソフトウェア定義型ストレージ(Software Defined Storage:SDS)…



ストリーム・コンピューティングやSaaS、大量データを高速分析できるOSSなど、BIツールに関連する…



以前から利用されてきたシングルサインオンですが、クラウド時代に突入したことで企業内外をID連携するフ…


OSS」関連のセミナー

「中堅システム向けインメモリDB」は本当に使えるか? 【主催:デル/インテル 協賛:SAPジャパン/TIS】  

開催日 9月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 IT部門はデータ分析環境を構築する上で、DBの性能問題や多大なチューニング作業、データマート開発コストやDBライセンスコストの増大といった課題に悩まされている…

たった1行のコードでWebシステムと電話を統合する方法 【主催:ユニファイド・サービス/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 8月31日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【本セミナーの対象者】・Webシステムから電話をコントロールしたいエンジニア・Twilioを検討しているエンジニア【本セミナーにご参加いただくメリット】・シナリ…

費用をかけずに、クラウドサービスの「パスワード使い回し」回避 【主催:GMOグローバルサイン/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 9月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・中堅・中小企業の情報システム担当者。・Office 365や、サイボウズ、SalesforceCRM、GoogleAppsなど、複数のクラウドサービ…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

OSS/ OSSの利用状況(2011年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「OSS/ OSSの利用状況(2011年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004498


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ