標的型攻撃メール騙しのテクニック(後編)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    木邑 実
    Minoru Kimura
    (独)情報処理推進機構(IPA) セキュリティセンター調査役
    ソフトウェアの品質屋。IPAにてウイルス、不正アクセス対策に従事。内閣官房NIRTメンバーを経て、現在は主に標的型攻撃メール対策を担当。
2011/12/20
標的型攻撃メール騙しのテクニック(後編)

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「標的型攻撃メール騙しのテクニック(後編)」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


標的型攻撃メール/標的型攻撃メール騙しのテクニック(後編)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「標的型攻撃メール」関連情報をランダムに表示しています。

標的型攻撃メール」関連の製品

Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
EIP メールセキュリティ アンチウイルス
メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

標的型攻撃メール」関連の特集


不正アプリで6億5000万件の個人情報詐取!端末や操作情報を抜き取りワンタイムパスワードを突破するモ…



Gumblar攻撃から変化したWeb改ざん攻撃が狙うのは…セキュリティ管理レベルが下がりがち休暇期間…



パターンマッチングでは防げない最新型の脅威にどう対抗すればよいのか。検出率にみるアンチウイルスの比較…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004484


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ