この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    川口 洋
    Hiroshi Kawaguchi
    株式会社ラック チーフエバンジェリスト CISSP
    JSOC全体の技術面をコントロールし、ITインフラへのリスクに関する情報提供、啓発活動を行っている。安全なITネットワークの実現を目指して日夜奮闘中。
2011/11/04
セキュリティ監視サービスへの疑問

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「セキュリティ監視サービスへの疑問」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報セキュリティの現状/セキュリティ監視サービスへの疑問」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報セキュリティの現状」関連情報をランダムに表示しています。

情報セキュリティの現状」関連の特集


前回は、企業が情報セキュリティ対策を行うにあたり「守るべきもの」を決めること、情報セキュリティの…


「WAF」関連の製品

クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 国産WAF SiteGuard / SiteGuard Lite 【ジェイピー・セキュア】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】
WAF WAF WAF
InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 高速・高品質なトラステッド・シグネチャを搭載。運用しやすい設定項目やインターフェースを備えた純国産ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。

「WAF」関連の特集


 以前、「パブリッククラウドのセキュリティ対策は万全ですか?」と題して、オンプレミスからクラウドサー…



 国内におけるパブリッククラウドの普及は、2011年の東日本大震災をきっかけに、データの遠隔化や分散…



今回の話をする前に、「ハッカーは大手企業のみを攻撃のターゲットにしている」という固定観念は、捨てた方…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004467


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ