この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    西本 逸郎
    Itsuro Nishimoto
    株式会社ラック 取締役 最高技術責任者、CISSP
    通信系ソフトウェアやミドルウェアの開発に従事した後、ドイツのシーメンスニックスドルフ社と提携、オープンPOSを開発・実践投入。堅牢なシステムの構築をテーマに不正アクセス対策という観点で邁進中。
2011/10/13
なぜ「情報流出」は起きてしまうのか

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「なぜ「情報流出」は起きてしまうのか」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報流出/なぜ「情報流出」は起きてしまうのか」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報流出」関連情報をランダムに表示しています。

情報流出」関連の製品

Pandora-AX 【 NTTデータビジネスブレインズ】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 国産WAF SiteGuard / SiteGuard Lite 【ジェイピー・セキュア】
電子帳票システム WAF WAF
e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 高速・高品質なトラステッド・シグネチャを搭載。運用しやすい設定項目やインターフェースを備えた純国産ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。

情報流出」関連の特集


相次ぐ情報漏洩。強固なセキュリティ対策を施しても、小さな抜け穴から大きな被害につながるケースが増加中…



昨今の重大な情報漏洩事件や被害事例に鑑み、システムには新しい脅威に対抗できる策が求められています。脅…



48%の中堅中小企業が標的型攻撃の対象になっている。対策には、外部からの侵入を防ぐ「入口対策」と、内…


このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004459



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ