この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    神田 雅透
    Masayuki Kanda
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター研究員 
    日本電信電話(株)入社後、情報セキュリティ・暗号研究開発に従事。現NTT情報流通プラットフォーム研究所主任研究員。2009年8月よりIPA非常勤研究員として主にCRYPTREC事務局を担当。第53回前島賞等受賞。
2011/10/04
SSL/TLSを使うのは安全?危険?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「SSL/TLSを使うのは安全?危険?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


SSL/TLS/SSL/TLSを使うのは安全?危険?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SSL/TLS」関連情報をランダムに表示しています。

SSL/TLS」関連の特集


マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押…



ソニーのDNA入り? IoTカメラプラットフォーム「Safie」が登場した。Safieは他のネットワ…



 前回は、Comodo Hackerの攻撃で明らかとなったPKIの危機を理解する準備として、PKIの…


「暗号化」関連の製品

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004449


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ