進化する「データウェアハウス」最新事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

進化する「データウェアハウス」最新事情

2011/12/19


 事業環境の変化が激しさを増すにつれ、企業はより正確に将来を予測し、適切なタイミングでマーケットにアプローチしていく必要性が出てきた。そのためには社内に散在するデータを収集、活用して、精度の高い意思決定を行っていく必要がある。それを支える仕組みがBIであり、その核となるものがデータウェアハウスだ。
 今回の特集では、データウェアハウスの概要をおさらいし、最新動向として現在注目を集めている高速データ処理を実現するためのテクノロジを紹介する。また選び方では、データウェアハウス構築時の留意点と共に、ユーザ企業が導入時に犯しがちな失敗についても触れているので併せてご覧いただきたい。

データウェアハウス

※「データウェアハウス/進化する「データウェアハウス」最新事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データウェアハウス/進化する「データウェアハウス」最新事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

「データウェアハウス」とは?

 データウェアハウスとは文字通り“データの倉庫”で、企業活動の意思決定に活用するためのデータを各種企業システムから収集、蓄積、管理するためのデータベースだ。データウェアハウスには、基幹系システム用のデータベースに蓄積される現時点でのデータとは異なり、ビジネスの現場で日々発生する“生データ”が時系列に沿って正規化され蓄積されることになる。過去から現在に至る全ての企業データを比較、分析することで、現状把握および将来予測を行おうとするものだ。データは追加されるのみで、更新や削除は行われず、データの蓄積期間は3年から5年、あるいは7年というように長期にわたる。
 ただしデータウェアハウスは、あくまでもデータの“容れ物”に過ぎない。蓄積したデータを活用して企業活動の意思決定に繋げていくためには、BI(ビジネスインテリジェンス)という仕組みが必要になってくる。企業内の各種システムからETL(Extract/Transform/Load:抽出/変換/ロード)ツールを使ってデータを抽出し、データウェアハウスに一旦蓄積する。そのデータを対象に分析を行うことで、今後の具体的なアクションを起こすことが可能となる。

図1 データウェアハウスを中心としたシステム構成例
図1 データウェアハウスを中心としたシステム構成例
資料提供:日本テラデータ

 現在の不透明な事業環境を背景に、企業では自社データを活用する動きが高まっているが、最近ではデータソースとして基幹系システムから取得される構造化データだけでなく、Webサイトのアクセス履歴やICタグなどから取得される非構造化データも重要度を増し、分析対象となるデータ量は爆発的に増えてきている。
 こうした非構造化データも含むいわゆる“ビッグデータ”を分析対象とする場合に考えなければならないのは、“大容量データを効果的に格納してストレスの無いデータ処理速度をいかに確保するか”という点だ。従来であれば、データウェアハウスから個別の分析目的に特化したデータマートをさらに構築し、エンドユーザのレスポンスタイムを担保していたが、増え続けるビッグデータが対象となれば、データマートの数も増加する一方になってしまう。
 そこで現在では、ビッグデータの加工や処理を高速化するためのテクノロジが大きな注目を集めている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データウェアハウス/進化する「データウェアハウス」最新事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データウェアハウス」関連情報をランダムに表示しています。

データウェアハウス」関連の製品

ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI BI BI
簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

データウェアハウス」関連の特集


“次世代BI”とも言われるデータディスカバリツール。しかし、正直なところ「BIとの違いって何?」とい…



SONYにマクニカ、Comcastはもう実践中!異なる環境に保存されたデータが一覧でき、分析が可能に…



クレームも貴重な情報源とはいえ、対応業務は可能な限り簡素化したいもの。効率化に向けた FAQの仕組み…


データウェアハウス」関連のセミナー

Object Browser 20周年 全国横断セミナー 【主催:システムインテグレータ】 締切間近 

開催日 8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

おかげさまで16000社・36万ライセンスをご導入いただいたObject Browserは20年を迎えました。感謝の想いをこめて、最新情報を持参し、全国の皆様に…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 8月22日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

【8/1東京開催】アナリティクス実践セミナー 【日本電気】 締切間近 

開催日 8月1日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜2017年8月1日(火) 東京開催〜NECはこのたび、「アナリティクス実践セミナー今こそ、セルフサービスBIの全社展開を!〜1000社以上のBI導入実績から見…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データウェアハウス/ 進化する「データウェアハウス」最新事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データウェアハウス/ 進化する「データウェアハウス」最新事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004439


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ