この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

徹底解剖!クラウド時代のERP

2011/12/05


 1990年代後半から製品が市場に登場し始め、今では多くの企業が導入しているERP。全体最適を目指してベストプラクティスを採用するという当初のコンセプトから、機能別に導入が進むなど、若干様変わりしている感のあるERPだが、最近ではクラウド・コンピューティング(以下、クラウド)環境でERPを動かしたいというニーズも増えている。そういったニーズに応えるため、PaaS環境で稼働させるプライベートクラウドによるERPを始め、SaaS環境で提供されているマルチテナント型のERPなど、ユーザニーズに合わせた提供形態でクラウドERPを提供するベンダが登場し、新たな動きを見せ始めている。そこで今回は、そんな「クラウドERP」を中心に、その最新動向を詳しく紹介していこう。

ERP

※「ERP/徹底解剖!クラウド時代のERP」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/徹底解剖!クラウド時代のERP」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

ERPとは?

 ERPとは、Enterprise Resource Planningの略で、経営資源であるヒト・モノ・カネを統合的に管理し、全体最適を図るための概念のことを指す。そしてまた、これらを実現するソフトウェアについても同様に表現する。具体的には財務会計を始め、人事、給与、生産、販売、購買、物流、在庫、顧客管理など企業活動に必要な業務をシステム化し、これらを統合的に管理するシステムだ。最近では財務会計などの機能だけを持っているツールもERPと呼ばれることもあるが、本来はすべての機能を有機的に機能させることで資源の最適配分を行うツールのことを指す。
 これまで、企業内にある設備で管理するオンプレミス型での導入が多かったERPだが、最近ではクラウド環境でも利用できるERPが登場し始め、ERP導入及びリプレースにおける選択肢の1つとして検討されるケースも増えている。この記事では、これらを総称して「クラウドERP」と呼ぶ。

1-2

クラウドERPの提供形態

 クラウドサービスとして提供されているERPは、それぞれ提供形態が異なっているため、まずはここで整理しておきたい。
 総務省が2010年5月に発表した「スマート・クラウド研究会報告書」によると、クラウドサービスは提供形態によって4つの方法があり、更に最近は、パブリッククラウド内において仮想的に独立したプライベートクラウド型のサービスも提供されている状況にある。ERPについてもベンダによって異なる提供形態となっており、それぞれ確認する必要がある。

■クラウドサービスの提供形態
▼パブリッククラウド(public cloud)

不特定多数を対象として提供

▼プライベートクラウド(private cloud)

同一企業内または共通の目的を有する企業群を対象として提供

▼ハイブリッドクラウド(hybrid cloud)

パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用

▼マルチクラウド(multi cloud)

複数のパブリッククラウドを組み合わせて利用

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/徹底解剖!クラウド時代のERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】
ワークフロー ERP ERP
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。

ERP」関連の特集


ベンダの独自仕様は自社ニーズに合っているか?複合機やグループウェアとのスマート連携は可能か?情報共有…



実用的なBI活用に大きく寄与するのが処理速度と操作性。現在のツールはどこまで進化しているのか?クラウ…



高級肌着メーカーのアングル・ミユキは、個別に稼働している各種システムを統合して「業務改革」と「ITシ…


ERP」関連のセミナー

パートナー募集セミナー:FutureOneベストセレクション 【FutureOne/日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 6月29日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー概要】  この度FutureOneは、弊社と共に中堅・中小企業を支える  パートナー様を募集いたします。   本セミナーでは、弊社がご提供する基幹業務…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【大阪】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 7月13日(木),6月8日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

<東京開催>“事例”でご紹介するERP導入・活用手法セミナー 【京セラコミュニケーションシステム/インフォアジャパン】  

開催日 7月6日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、製造業において国内外の現場の製造状況を迅速かつ正確に把握し、的確な経営判断を行うことを目的に、ERPの導入が進んでいます。しかしながら、計画通りに導入がで…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ 徹底解剖!クラウド時代のERP」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ 徹底解剖!クラウド時代のERP」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004437


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ