2011年の気持ちを表す漢字は“驚”と“耐”、どっちが多い?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/12/27

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

いろいろあった2011年。あなたの気持ちを表す漢字1文字は?

  2011年「今年の漢字」は“絆”に決定。確かに激動の1年において、強く実感されたのがこの“絆”だったかもしれない。それはともかくとして、キーマンズネットでは“驚”と“耐”の2文字を提示して、どちらが2011年にふさわしかったかを白黒つけていただくこととした。その結果、“驚”派が33%、“耐”派が67%という結果に。“驚”派ではやはり震災とその後の事故にただただ驚いたというコメントが目立ち、“耐”派のコメントには、計画停電や節電などの様々な制限に耐えた日々を思い返すものが多かった。ダブルスコアで“耐”派が多く、驚きよりも耐えることに懸命な1年だったということをよく表している。来年こそは安泰に仕事を進めたいものだ。

【“驚”派のコメント】

宮城に住んでいるので、これまで体験したことがないほど揺れました。とても驚きました。(40代・男性)

地震・津波・洪水・円高・停電・休日変更…普通に仕事することが難しい1年でした。逆に普通に仕事できることの有難味が身に染みました。(40代・男性)

大津波、原発崩壊、計画停電と、初めてのことに驚きました。“耐”は“タイ”につながりますが、タイの洪水の影響は来年にもつながります。(50代・男性)

東日本大震災、原発問題に驚くばかりだった。それにもまして、東北、そして日本の絆・たくましさに驚かされた。(30代・男性)

震災、スティーブ・ジョブズの死など、世の中でも大きな変動がありましたが、自分自身の周りでも組織体制の変化とか、Facebookを軸にした新しい人的交流、知人の突然死など、大きなうねりの中に翻弄されている年でした。(50代・男性)

東京タワーの先端が地震の揺れで曲がってしまった瞬間を、近傍の麻布台からリアルタイムで見ていたが「プラスティック製の釣り竿みたい!」という言葉が本当のように思われた。まだ曲がったままですが…。(50代・男性)

震災時のIT面の利用。特にustream。アクセス統計等で、マスメディアに負けないくらいの情報伝達・実績を図り知ることができた。(30代・男性)

節電に、全国民が協力したこと。日本もすてたものではない。(40代・男性)

本当の気持ちは「疲」。ともかく疲弊した1年です。(50代・女性)

【“耐”派のコメント】

世間的には“驚”でしょうが、私的にはさっぱり上がらないどころか、会社業績に連動して下がっていく給料と大きくなる子供の教育費等で“耐”の1字が最もしっくりくる1年でした。というか、来年もか…。(50代・男性)

輪番停電で家族との生活パターンが合わずに、いろいろな面で苦労しました。土日出勤で電車のダイヤが休日ダイヤであることをうっかりして、慌てることもありました。(40代・男性)

部署異動になり新たな展開を期待していたが、思ったより稼働できず耐え忍んだ。(50代・男性)

いろいろと我慢しました。特に暑さ対策です。一念発起し、クールビズワイシャツを買って使ってみたところ、考えていた以上に快適。それならばもっと早くから使っていたら良かったと、軽いカルチャーショックを受けました。次はウォームビズですが、出費がかさみそうで、財布が耐えられるかが心配です。(40代・男性)

何かに「耐える」のが普通になっている自分が怖い。(30代・男性)

“耐”がいつの間にか常態化して無欲に変わり、『欲しい』から『維持』に変わった年でした。(20代・男性)

震災・停電など、何かと「耐える」印象が強かったと思います。「タイ」は「タイ」でも来年は「泰」で、余計な心配なしに科学や芸術の発展に邁進できるとよいですね。(40代・男性)

今回の震災で印象に残るのは「耐える」人達の姿。良くも悪くも、日本という国をを象徴しているようです。(40代・男性)

東日本大震災でも社会秩序を守る人々を見て、やっぱり日本人はスゴイと実感しました。(50代・男性)

今年社会人になり、様々な環境が変化しました。中でも1番辛いのが、“日中眠気に耐える”ことです。(20代・男性)

会社が暗く、暑く、エレベータも使えず…。「耐」はIT機器で、人間は「忍」だった。(40代・男性)

震災と台風で年に2度も帰宅困難者になるとは思ってもみなかった。オフィスにはスニーカーを常備しました。(40代・男性)

今までは部下の立場だったが、今年から上司の立場になり、“耐”が多かったです。今までの上司にゴメンナサイ、いろいろ不平・不満ばかり言って…と言いたいところです。(40代・女性)



年初の挨拶として、送る相手の数がより多いのは?

  新年の挨拶といえば年賀状だが、そろそろこのスタイルにも変化があるのでは?と思いきや、「年賀状などの紙媒体」派が81%、「メールやFacebookなどの電子媒体」派が19%という結果に。年賀状に関しては保守的に年賀ハガキを使いたい、という人がまだまだ圧倒的に多いようだ。「紙媒体」派には、手書きの温かみや、実際にハガキを受け取る喜びを重視するコメントが多い。しかし、自分の子供などでは「年賀状の電子化」が進んでいるという声もあった。「電子媒体」派では、効率の良さを長所に挙げるコメントが多かった。またSNSなどで関係があっても、リアル住所を知らないから電子年賀状にならざるを得ない、というコメントもあり、思わず納得。

【年賀状などの紙媒体派のコメント】

手紙で見ないと新年が来た気がしない。(60代・男性)

デジタル化に馴染めない昭和生まれの私は、やはり年始の挨拶は年賀状だと思っています。しかも宛て名書きは、いまだに手書きにこだわっています。(40代・男性)

年1回、プリンタが大活躍する時です。使用頻度が少ないので、この時がメンテナンス時期になります。(40代・女性)

最近の若者は年賀状でなくメールなどで済ませるらしく、うちの娘は年賀状0枚でした。(40代・男性)

メールやFacebookと違い、年賀状は妻が私の分もやってくれるため、楽なので。(30代・男性)

以前は事前に家族の集合写真を撮影していたが、子供達の結婚で1人減り、2人減り…絵のキャラクターを人数分並べてごまかすようになった。(50代・男性)

我々の年代ではまだまだ年賀状が多いと思います。ただ、昔と違ってIT化が進み、みんながPCで作った年賀状になって綺麗でセンスのいいものはできるのですが、心のこもった手作りでないのでなんか味気ないものが多くなりました。(50代・男性)

年賀状を廃止したくとも、相手から送られてくれば返信しないわけにいかず。結果、ずっと続くことになります。どうやって断ち切るのかが難しいところです。(40代・男性)

1年1度の年賀状でしか連絡できない方々もいるので、子供の成長と、私達の老け具合を展開してます…。(40代・女性)

妻は私の6倍送って、6倍受け取ってます。家庭内で“友達格差”を痛感しています。(40代・男性)

毎年、手製の版画で250枚作成しています。10月末より準備開始、12月20日に発送。11月中は人間印刷機に変身し労働の毎日です。滅び行く伝統芸ですね。(60代・男性)

個人情報保護が厳しくなる前は職場でも社員の住所一覧表を配っていたが、現在はそれができなくなり年賀状を送る人が固定化してきた。(30代・男性)

この年になると年賀状は生存確認みたいなものです(苦笑)。(40代・男性)

【メールやFacebookなどの電子媒体派のコメント】

年賀状を作成するのは楽しいが、手間がかかるので届いた相手にしか出さない。(40代・男性)

SNSで知り合い、実際に会ったりして交流している友人が多いが、本名や住所など、個人情報に関してはお互いに知らないから、必然的に挨拶は電子媒体になる。(30代・男性)

年賀状は来る人に送ってますが、基本は0時過ぎの「あけおめメール」。友人達も同じ考えなので、マナーモードにしておかないと寝られません。(20代・女性)

今年は「あけましておめでとう」でなく、「絆をありがとうございました」でいこうと思います。(40代・男性)

年賀状を出す&貰う枚数は右肩下がりが続いています。(50代・男性)

うちはプリンタがなく手書きなので、住所書くだけでも大変なのです。(20代・女性)

空き時間に簡単に作成できるため、メールで送信しています。また、アドレスは知っていますが、住所を知らない人が多いです。(20代・女性)

友人と、来た年賀状がどれだけ“少なかったか”で競ってます。(20代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年11月24日〜12月2日にかけて実施した、テーマ「さよなら2011年、こんにちは2012年」アンケート(有効回答数:1275)より抜粋して構成。


最新特集

「おまえの足、気絶するほど臭いぞ」を優しく伝える方法 【金曜Black★ピット】 2017/09/15

最近、スメハラを人事評価の1つに取り入れる企業もあるそうだ。上司の足が臭いことをどうやって伝えたらいいだろうか。

返事をしないとスマホをロック、お父さんは心配性? 【金曜Black★ピット】 2017/09/08

子どもがスマートフォンを所有する年頃になると、いろいろと悩ましい問題が浮上してくる。そこでお父さんは考えた。

スマホの使い過ぎで、指が曲がらなくなるって本当? 【金曜Black★ピット】 2017/09/01

最近、皮膚科を訪れる人が増加しているという。それと自覚していなくても、なんだか指先が不調だという人もいるそうだ。

えっ、ソレを使うのに顔認証システムが必要なの? 【金曜Black★ピット】 2017/08/25

ATMには「静脈認証」が使われているし、PCやスマホでも「指紋認証」が使われている。でも、ソレはやり過ぎじゃない?

パスワードのルール、提案者が「間違っていた」と衝撃告白 【金曜Black★ピット】 2017/08/18

「大文字、小文字、記号を組み合わせて、定期的に更新」。ルールを作った張本人が「ほとんど間違っていた」と後悔している。

国民の5人に1人がお世話になる“異色”な求人サイト 【金曜Black★ピット】 2017/08/10

数千万人もいれば、そりゃあ玉石混淆。ダメなヤツもいれば、優秀なヤツもいるだろう。ある集団に目を付けた求人サイトが話題だ。




SNS/2011年の気持ちを表す漢字は“驚”と“耐”、どっちが多い?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SNS」関連情報をランダムに表示しています。

SNS」関連の製品

SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】
勤怠管理システム CMS グループウェア
勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。 コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。

SNS」関連の特集


終身雇用が過去のものとなり、キャリアアップの為の転職は増える一方だが、会社側としては折角入社した人材…



「災害対策は万全だったのに…。」東日本大震災時、“従業員の安否確認”に思いのほか時間がかかる事態に!…



ソーシャルの考え方を導入することで、コミュニケーション/コラボレーション環境を整備し、組織の生産性を…


SNS」関連のセミナー

【オンライン】クラウドで生産性向上セミナー 【主催:KDDI/共催:グーグル/ワークスモバイルジャパン/KDDIまとめてオフィス】 締切間近 

開催日 9月27日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日本国内で多数の導入実績を誇る「G Suite Business」で業務を改善する方法を、Google社員自らが活用事例を交えてご紹介。組織力・営業力向上のアイ…

Text Mining Studio製造セミナー in 大阪 【NTTデータ数理システム】  

開催日 12月5日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

製造業様向けのテキストマイニングセミナーを開催いたします。不定期の開催ですので、ぜひ、この機会にご来場ください。 ・ 対象者 製造メーカー様や、製造現場で発…

Microsoft Office 365 活用セミナー 【ネクストセット】  

開催日 9月4日(月)〜9月5日(火),9月21日(木)〜9月22日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004421


IT・IT製品TOP > ズームアップIT クラウド > メール > 電子メール > 電子メールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ