企業で「mixi・Facebook」の利用が制限されているのは何%?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/10/18

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

プライベートで友人になれるとしたら?

 プライベートの友達にFacebookのCEO「マーク・ザッカーバーグ」氏を選んだ人が23%、GoogleのCEO「エリック・シュミット」氏を選んだ人が77%と、わりと明暗が分かれた結果に。映画「ソーシャル・ネットワーク」を観て、作品中の若きザッカーバーグの姿に辟易した人もいたようだが、彼はホンモノの技術オタクのようで、確かに友達になるには覚悟がいりそう。逆に、シュミット派の多くは、Googleが世界に放ち続けている「自由な雰囲気」を彼に重ね合わせているようだ。でも、自由人なのは創業者のペイジとブリンで、シュミットは超マジメな経営者という感じだけど…。しかし「英語ができないから友達はムリ」というコメントが多いのが現実的だ。

【FacebookのCEO マーク・ザッカーバーグ氏派のコメント】

単なる勝手なイメージですが、人を地位や肩書だけで判断しないでお付き合いしてくれそう。(40代・男性)

多分直接コミュニケーションをとらず、オンライン上でのコミュニケーションになりそう。(20代・女性)

Facebookの方が実名利用ということで、リアルに近いから仲良くなれそう。(40代・男性)

映画は見ていないが、映画になる位なので、波乱万丈なワクワクする人生を生きている人だと期待するから。(40代・女性)

マーク・ザッカーバーグに関する書籍を読みました。書かれていることはすべて本当なの?と、聞いてみたい。(40代・男性)

【GoogleのCEO エリック・シュミット氏派のコメント】

Googleの職場環境に興味があるから。あんな会社だったらもっと仕事頑張るのに…。(30代・女性)

英語力がないので、Googleの翻訳サービスに頼っていることを告白する。(50代・男性)

ネット探索では負けますが、いい店検索は勝てそう!(40代・男性)

Googleという会社のポリシーというか、会社存続理由に経営者の強い意志を感じる。全社員にどのように啓蒙(洗脳)しているのかを聞いてみたい。(50代・男性)

友達になって、オーラを感じてみたい。良い影響を受けることができれば。(40代・男性)



会社でのmixi・Facebookの利用は?

 会社でのmixiやFacebookの利用が「制限されている」人は61%、「自由にアクセスできる」人は39%と、約2/3がSNS禁止という状況が明らかになった。しかし制限されていても、私物のスマホでアクセスしているという強者もいる。一方で「そもそも会社からSNSにアクセスする必要ある?」という考えがあるようで、制限を不服と感じている人は決して多くない。またアクセス自由な人でも、さすがに業務そっちのけでSNSという人はおらず、オフィスでの節度ある使い方を心得ているようだ。いずれにせよ、mixiもFacebookもまだ「余暇に楽しむもの」と捉えられているということなのだろう。SNSがビジネスのツールとして活躍するのはちょっと先のようだ。

【制限されている派のコメント】

mixiはダメでFacebookはOK。運用基準がはっきりしない。(40代・男性)

制限されているので、アクセスは帰宅後や休日の自宅PCからのみ。したがって、会話に時差が生じてしまう。仕事の話はできない。(50代・男性)

制限することに一生懸命になるより、利用して会社の力を大きくすることを考えりゃいいのに。(50代・男性)

ソーシャル系どころかニュースサイトまで封鎖されてますので、インターネットに繋がっていないのとほぼ同じですね。(30代・男性)

業務時間に何人も使っていたので遮断した。問い合わせが来ると思いきや、誰1人聞いてこなかった。本人もまずいと気付いたらしい。(40代・男性)

【自由にアクセスできる派のコメント】

Facebookを使ったマーケティングをしている部門もあるので、業務時間中にFacebookを見ていても違和感はありません。(40代・男性)

個人的な用件は自宅からアクセスするので、そもそも会社で利用する必要性が極めて少ない。(50代・男性)

mixiのプロフィールは更新時間が表示されるんですよね。部下が業務時間中に更新したのを見つけてしっかりとお灸を据えました。(40代・男性)

mixiやFacebookに登録はしているが、何故か会社の上司からフレンド登録依頼が来たので、そのまま一切開かず封印している。上司にはまったく見てないとそれとなく伝えている。(20代・男性)

自由にアクセスできるが、アクセスログを取られているので、迂闊にアクセスできません。(40代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年9月22日〜 9月30日にかけて実施した「プライベートなつながり」に関するアンケート(有効回答数:615)より抜粋して構成。


最新特集

0.5秒で「二階から目薬」も実現可能? 目薬専用ロボット 【金曜Black★ピット】 2017/12/08

いつまでたっても目薬を差すことが苦手だという人に朗報か。座っているだけで確実に目薬を差してくれるロボットが誕生した。

夢の全自動洗濯物折り畳みマシン、発売延期はアレのせい? 【金曜Black★ピット】 2017/12/01

取り込んだ洗濯物の山を前に「誰か畳んでくれないかなあ」を解消する国産マシンが、大ヒット商品のせいで……。

米と露の国防省がやらかした、笑えない話 【金曜Black★ピット】 2017/11/24

ロシアが「米国がISを支援する決定的証拠をつかんだ」といえば、米国は「SNSを見ているぞ」という。どちらもお粗末なワケと…

そこでボケて? 次世代の詐欺メール撃退法とは 【金曜Black★ピット】 2017/11/17

「おめでとう! あなたに大金を受け取る権利が当たりました。つきましては……」

やっぱりあった? AIスピーカーの落とし穴 【金曜Black★ピット】 2017/11/10

「スマホの次のデバイス」なんて、もてはやされているAIスピーカー。日本でも続々登場しているが、とほほな事件が発生した。

デルがドメイン更新を忘れて大ピンチ? 【金曜Black★ピット】 2017/11/02

うっかりしていて失敗することは誰にでもある。しかし、社員のうっかりミスがビジネスを揺るがしかねないこともある。




SNS/企業で「mixi・Facebook」の利用が制限されているのは何%?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SNS」関連情報をランダムに表示しています。

SNS」関連の製品

メール詐欺を中核とするサイバー攻撃、Office 365ユーザーをどうやって守るか 【日本プルーフポイント株式会社】 データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】
メールセキュリティ ビッグデータ グループウェア
Office 365標準セキュリティ機能が苦手な「メール詐欺」の防ぎ方 データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

SNS」関連の特集


前回に続いて今回もスマートTVのビジネス活用に関して最も多く相談を頂いているケースや具体的に導入され…



 今回は前回に引続き『ソーシャルデータのアンケート利用』について見てみたいと思います。前回は「Yah…



 取材に訪れたのは、福岡県糸島市と福岡市の2軒の農家。九州大学の伊都キャンパスは、福岡市西区元岡に位…


SNS」関連のセミナー

「Workplace by Facebook」オンラインセミナー 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 12月6日(水),12月19日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebook に関して>ビジネス版Facebook =Workplace by Facebook …

ビジネス版Facebook「Workplace by Facebook」活用セミナー 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

※ビジネス版Dropboxセミナーと共同開催です!社内SNS/メッセンジャーで社内情報共有<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebo…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004416


IT・IT製品TOP > ズームアップIT クラウド > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ