企業で「mixi・Facebook」の利用が制限されているのは何%?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/10/18

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

プライベートで友人になれるとしたら?

 プライベートの友達にFacebookのCEO「マーク・ザッカーバーグ」氏を選んだ人が23%、GoogleのCEO「エリック・シュミット」氏を選んだ人が77%と、わりと明暗が分かれた結果に。映画「ソーシャル・ネットワーク」を観て、作品中の若きザッカーバーグの姿に辟易した人もいたようだが、彼はホンモノの技術オタクのようで、確かに友達になるには覚悟がいりそう。逆に、シュミット派の多くは、Googleが世界に放ち続けている「自由な雰囲気」を彼に重ね合わせているようだ。でも、自由人なのは創業者のペイジとブリンで、シュミットは超マジメな経営者という感じだけど…。しかし「英語ができないから友達はムリ」というコメントが多いのが現実的だ。

【FacebookのCEO マーク・ザッカーバーグ氏派のコメント】

単なる勝手なイメージですが、人を地位や肩書だけで判断しないでお付き合いしてくれそう。(40代・男性)

多分直接コミュニケーションをとらず、オンライン上でのコミュニケーションになりそう。(20代・女性)

Facebookの方が実名利用ということで、リアルに近いから仲良くなれそう。(40代・男性)

映画は見ていないが、映画になる位なので、波乱万丈なワクワクする人生を生きている人だと期待するから。(40代・女性)

マーク・ザッカーバーグに関する書籍を読みました。書かれていることはすべて本当なの?と、聞いてみたい。(40代・男性)

【GoogleのCEO エリック・シュミット氏派のコメント】

Googleの職場環境に興味があるから。あんな会社だったらもっと仕事頑張るのに…。(30代・女性)

英語力がないので、Googleの翻訳サービスに頼っていることを告白する。(50代・男性)

ネット探索では負けますが、いい店検索は勝てそう!(40代・男性)

Googleという会社のポリシーというか、会社存続理由に経営者の強い意志を感じる。全社員にどのように啓蒙(洗脳)しているのかを聞いてみたい。(50代・男性)

友達になって、オーラを感じてみたい。良い影響を受けることができれば。(40代・男性)



会社でのmixi・Facebookの利用は?

 会社でのmixiやFacebookの利用が「制限されている」人は61%、「自由にアクセスできる」人は39%と、約2/3がSNS禁止という状況が明らかになった。しかし制限されていても、私物のスマホでアクセスしているという強者もいる。一方で「そもそも会社からSNSにアクセスする必要ある?」という考えがあるようで、制限を不服と感じている人は決して多くない。またアクセス自由な人でも、さすがに業務そっちのけでSNSという人はおらず、オフィスでの節度ある使い方を心得ているようだ。いずれにせよ、mixiもFacebookもまだ「余暇に楽しむもの」と捉えられているということなのだろう。SNSがビジネスのツールとして活躍するのはちょっと先のようだ。

【制限されている派のコメント】

mixiはダメでFacebookはOK。運用基準がはっきりしない。(40代・男性)

制限されているので、アクセスは帰宅後や休日の自宅PCからのみ。したがって、会話に時差が生じてしまう。仕事の話はできない。(50代・男性)

制限することに一生懸命になるより、利用して会社の力を大きくすることを考えりゃいいのに。(50代・男性)

ソーシャル系どころかニュースサイトまで封鎖されてますので、インターネットに繋がっていないのとほぼ同じですね。(30代・男性)

業務時間に何人も使っていたので遮断した。問い合わせが来ると思いきや、誰1人聞いてこなかった。本人もまずいと気付いたらしい。(40代・男性)

【自由にアクセスできる派のコメント】

Facebookを使ったマーケティングをしている部門もあるので、業務時間中にFacebookを見ていても違和感はありません。(40代・男性)

個人的な用件は自宅からアクセスするので、そもそも会社で利用する必要性が極めて少ない。(50代・男性)

mixiのプロフィールは更新時間が表示されるんですよね。部下が業務時間中に更新したのを見つけてしっかりとお灸を据えました。(40代・男性)

mixiやFacebookに登録はしているが、何故か会社の上司からフレンド登録依頼が来たので、そのまま一切開かず封印している。上司にはまったく見てないとそれとなく伝えている。(20代・男性)

自由にアクセスできるが、アクセスログを取られているので、迂闊にアクセスできません。(40代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年9月22日〜 9月30日にかけて実施した「プライベートなつながり」に関するアンケート(有効回答数:615)より抜粋して構成。


最新特集

イヌ用の脳トレ? ネコ用VRゲーム? ペットのためのヘンテコIT 【金曜Black★ピット】 2018/04/20

人間がITを活用して生活を豊かにしていくように、ペットも最新テクノロジーの恩恵を受ける時代がやってきた。何だか未来だワン…

人口45万人の都市がランサムウェアに感染、何が起きたのか? 【金曜Black★ピット】 2018/04/13

大都市の行政システムがランサムウェアの侵入を許すと一体どうなってしまうのか。果たして、身代金を支払うべきなのか。

最悪の犯罪、ドローンが運んだ84億円の「ブツ」とは? 【金曜Black★ピット】 2018/04/06

中国の深セン市で発覚したドローンを悪用した密輸事件。1万5000台ものアレが密輸されたが、その手口が予想の斜め上を行く。

IBMの「世界最小」コンピュータが小さすぎて、すぐに紛失しそう 【金曜Black★ピット】 2018/03/30

IBMが開発中の微細コンピュータが発表された。あまりの小ささに、くしゃみをしたら見失ってしまいそうだ。

「Alexa、取りあえずビールで」渋谷の居酒屋の挑戦 【金曜Black★ピット】 2018/03/23

スマートスピーカーを店員の代わりとして使う実証実験が始まった。果たして、思惑通りにAIスピーカーは活躍しているのだろうか…

仮想通貨で新たな犯罪、ナナメ上の犯行が大胆すぎる 【金曜Black★ピット】 2018/03/16

アイスランドでは、全国民の電力使用量よりも仮想通貨の採掘で使う消費電力の方が多い。同国で予想外の犯行が発覚した。




SNS/企業で「mixi・Facebook」の利用が制限されているのは何%?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SNS」関連情報をランダムに表示しています。

SNS」関連の製品

ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】
フォレンジック BI CMS
全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。 マンガで解決、難易度の上がったビッグデータ時代のBIツール活用術 コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。

SNS」関連の特集


企業のマーケティング活動を支援する「MA」。米国では10年以上前から普及しており、その実績を引っ提げ…



万一の災害時には、孤立化した地域への通信手段の確保は何よりも重要に。そこで考えられた“空の上”に無線…



職場で起こり得るパラハラやセクハラ、いじめなどの問題は、決して個人的な問題ではなく、放置しておくと職…


SNS」関連のセミナー

LINE WORKS 活用セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 5月15日(火),5月15日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

『LINEスタンプも使える LINE WORKS を使いたおす!』〜LINE WORKS は、メッセンジャー、無料音声通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)…

「Workplace by Facebook」オンラインセミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 5月9日(水),5月25日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebook に関して>ビジネス版Facebook =Workplace by Facebook …

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 5月15日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004416


IT・IT製品TOP > ズームアップIT クラウド > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ