この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/12/09
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#118強烈な個性でAMDを牽引した創業者 〜ジェリー・サンダース氏

 2011年11月30日に報道されたAMDの広報担当者のコメントが物議を醸している。「AMDは変曲点にあり、AMD対インテルという古い考え方は捨てる必要があるだろう」というそのコメントが、「AMDはCPUの開発競争でインテルとの競争を諦めた」ことを意味しているのでは?というのだ。今後、同社がどうなっていくのか、その動向が注目される。そんなAMDの創立者の1人であり、同社をアグレッシブに牽引してきたのが、今回紹介するキーマン、ジェリー・サンダース氏(以下敬称略)である。

 サンダースは裕福な幼少時代ではなかったようで、彼の少年時代の目標は「金持になること」だったという。イリノイ大学で工学を学びながら俳優になる夢を追っていたが断念。1958年の卒業後は航空機会社に就職した。そしてモトローラ社へ転身した後、1961年にフェアチャイルド・セミコンダクタ社に入社した。これが彼にとって大きなターニングポイントとなる。

ジェリー・サンダース氏
1936年
アメリカ・イリノイ州にて誕生。
1968年
イリノイ大学へ卒業後、航空機製造会社、モトローラを経てフェアチャイルド・セミコンダクタ社へ入社。
1969年
フェアチャイルド・セミコンダクタ社のスピンアウト組とAMDを設立。初代CEOに。
1982年
インテルとセカンドソース契約を結ぶ、
1991年
インテルの互換CPU「Am386」を発表。
1995年
独自CPU路線に変更。
2002年
CEOを辞して会長職に。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 強烈な個性でAMDを牽引した創業者 〜ジェリー・サンダース氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 強烈な個性でAMDを牽引した創業者 〜ジェリー・サンダース氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004378



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ