2番目に古い開発言語を作った“AIの父”

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/11/04
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#113人工知能と2番目に古い高級言語LISPの父 〜ジョン・マッカーシー氏

 偉人の訃報が続く。人工知能研究の第一人者であり、プログラミング言語「LISP」の開発者であるジョン・マッカーシー氏が2011年10月24日に亡くなった。今回は彼を偲びつつキーマンとして紹介する。

 ジョン・マッカーシー氏(以下敬称略)は、進学した高校で既に大学の微積分の問題に取り組む秀才で、1947年にカリフォルニア工科大学に入学すると、いきなり3回生に進級するほどだった。大学では大好きな数学を学び、大学院へと進学。そこで彼の人生のターニングポイントとなる出来事が起こった。それはジョン・フォン・ノイマン(2009/08/28号参照)の講演「アナログ網とオートマトンの理論」だった。ちなみに「オートマトン」とは、理論計算機科学において、コンピュータの数学的モデルの1つとされるものだ。

ジョン・マッカーシー氏
1927年
アメリカ・マサチューセッツ州にて誕生。
1947年
カリフォルニア工科大学に進学。数学を学ぶ。
1956年
「人工知能」という名称を生み出す。
1958年
「LISP」を開発。
1971年
チューリング賞を受賞。
2011年
84歳で死去。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 人工知能と2番目に古い高級言語LISPの父 〜ジョン・マッカーシー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 人工知能と2番目に古い高級言語LISPの父 〜ジョン・マッカーシー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004373



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ