この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

IPv6の対応状況

2011/10/25


 キーマンズネットでは、2011年8月30日〜 2011年9月6日にかけて「IPv6対応」に関するアンケートを実施した(有効回答数:803)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の52.2%、一般部門が47.8%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「対応のきっかけ」や「導入サービス」、「抱えている課題」など、IPv6の対応状況を把握するための質問。その結果、IPv6への対応は1割未満、大多数は必要性の判断に迷っており、現時点ではIPv4で問題がないと考える傾向にあることが明らかになった。
 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「IPv6/IPv6の対応状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IPv6/IPv6の対応状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IPv6への対応は1割未満、大多数は必要性の判断に迷っている

 最初にIPv6の「対応状況」を尋ねた結果、全体の1.4%が「既にIPv6の実運用を開始している」と回答し、「実運用はまだだが、IPv6ネットワークの検証は実施している」が3.5%、「IPv6運用に関する情報収集を開始している」が13.3%、「いずれ運用を開始する必要は認識しているが、情報収集は未実施」が29.8%、「自社でIPv6について何を実施する必要があるか分からない」が34.9%、「自社ではIPv6について何かを実施する必要性はないと考えている」が17.2%という結果になった(図1)。まとめると全体で4.9%が「対応済み」、43.1%が「対応予定」で、IPv6に対応している企業は5%未満と非常に少なく、対応する予定ではあるものの情報収集などの行動に移せていない企業が多い結果となった。なお「対応予定」が多い一方で、「自社ではIPv6について何かを実施する必要性はないと考えている」との回答は17.2%と少ない結果となった。

図1 IPv6の対応状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IPv6の対応状況
このページの先頭へ

2

IPv6対応予定の4割は「3年以内」に移行、予想を上回るスピード感

 次に、「IPv6運用に関する情報収集を開始している」、「いずれ運用を開始する必要性は認識しているが、情報収集は未実施」と回答したIPv6対応予定者を対象に、IPv6対応の開始予定時期を聞いたところ、1位が「3年以内」で39.7%、2位が「5年以内」で29.6%、3位が「それ以降」(10年以降)で14.3%と続く結果となった。
 既に国内ではIPv4網の整備が進んでしまっている。また、ソフトウェアについても大多数がIPv4環境しか考慮できておらず、IPv6移行の緊急性が見出し難い。
 IPv6への完全移行には、10年から20年かかると言われている。しかし、この結果を見ると全体の7割以上が5年以内に対応すると回答しており、IPv6への移行は予想よりもスピード感をもって進むかも知れない。

図2 IPv6対応予定時期

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 IPv6対応予定時期
このページの先頭へ

3

IPv6への移行を予定するも現時点ではIPv4で問題なし

 続いて、IPv6に「対応予定」と答えた会員を対象に、IPv6対応の「きっかけ」を尋ねたところ、1位が「今後IPv6のみ利用のユーザが増え、他社の対応も進んできたと感じた時」で48.0%、2位が「ネットワーク機器やインターネットサービスの追加・新規購入をする時」で40.2%、3位が「IPv4より、IPv6の方がメンテナンス等コスト面での優位性が見出せた時」で33.8%と続く結果となった(図3)。フリーコメントを見ると「IPv6でなければインターネットが利用できなくなる時」や「IPv4の利用に弊害・制限等の発生が見込まれる時」といった声も寄せられた。
 長期的に見てIPv6への移行を予定しているものの、現時点ではIPv4で運用していても問題はないと考える方が多いことが伺える。
 参考までに、既にIPv6の実運用を開始している方や検証を実施している方を対象にSIerも含める形でIPv6対応の「きっかけ」を尋ねている。その結果、1位が「ISP等サービス提供者としてIPv4枯渇に向け以前から対策を開始していた」で51.3%、2位が「IPv4枯渇後、ネットワーク機器やインターネットサービスの追加・新規購入の機会があった」で28.2%、3位が「SIer等外部からの勧めにより」で15.4%と続いた。「対応済み」と答えた方の多くはISPなどのサービス提供者であり、必要に迫られている企業が多いことが分かった。

図3 IPv6対応のきっかけ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 IPv6対応のきっかけ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IPv6/IPv6の対応状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPv6」関連情報をランダムに表示しています。

IPv6」関連の製品

SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】 ApresiaLightシリーズ (インテリジェントL2スイッチ) 【APRESIA Systems】
ルーター メールセキュリティ ネットワークスイッチ
Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。 ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
低価格でありながら標準的なL2機能を実装。更に、5年間の無償保証がついて安心。

IPv6」関連の特集


3回連載で昨年の「情報処理技術者ネットワークスペシャリスト試験」を解説する企画も今回が最終回!ネット…



「キャリアが入れるツール」…いえいえ、そんなことありません!企業の生命線であるネットワークを、どう運…



IPアドレスの構造や「クラス」の概念、限定されたネットワークリソースを有効利用するための「サブネット…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPv6/ IPv6の対応状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPv6/ IPv6の対応状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004364


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ