IT資格取得で“手当が支給される”会社は何%?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2012/01/31

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

あなたの会社では、ITの資格に対して手当は?

  「支給される」は39%、「支給されない」は61%という結果になった。ただし、手当があっても恒久的に支給されるというのではなく、合格した際の一時金として支給されるケースが多いようだ。「支給されない」派でも、合格時の受験費用は支給されることが多いようだ。「支給される」派のコメントでは、手当によって取得への勉強に力が入る様子も伺えたが、手当目当てになるほどエスカレートする人も。また、手当があるために資格取得を強制されているように感じるというコメントも見られた。「支給されない」派のコメントには、資格を取ったほうがいいと思いながらも、勉強するほどのモチベーションを持てないと嘆く声が見受けられた。

【支給される派のコメント】

不況により、難易度の低い資格は手当が出なくなった。自分が取得した時にはもうなかった。(20代・男性)

支給はされますが、その資格取得時の1回のみ支給です。以降毎月支給というものではありません。1発合格ならプラスですが…。(40代・男性)

どうせ合格しないと思って「もし合格して手当が出たら皆にごちそうするね」と言ってたら合格してしまったので、10人くらいに中華料理をご馳走する羽目になり、実際の手当が半分になった。(50代・女性)

ただし、事前申請した資格のみ。半期に1度しか申請できないので、ちょっとやる気が削がれます…。(20代・女性)

仕事をしない人が資格を取ったら、資格手当の金額が一気に下がりました。(30代・男性)

新人の女の子に、一時金だけどこんだけ稼ぐのに何時間かかると思う?俺なんか片っ端から受けてもらってるぞ、と言ったら「賞金稼ぎのようですね」と言われ、なんとなくカッコいい気分になったが、生活かかってるんだよ、と答えた。(40代・男性)

妻には学習に必要な書籍代、受験料はお小遣いとは別に請求しますが、手当は給与明細にも掲載されず現金支給なのでもちろん秘密です。(40代・男性)

なかなか受からない情報処理資格の申込締め切りと試験当日が近くなると必ず所属部署では、部長から「君は資格何を持っているのか」と聞かれます。プレッシャーかけないで…。(40代・男性)

資格を受ける時にはいつも受験費と手当を天秤にかけ、何回まで落ちても利益が出る…などど考えてしまう。(20代・女性)

10年前に資格手当制度が拡充されて、手取りがそれまでの4倍に!いち早く高度情報処理資格を取得、以降ずっと助かっています。(40代・男性)

第二種情報処理技術者資格を持つ営業です。見た目はコテコテの営業なので、知らない方には驚かれます。意外とネタにしています。(40代・男性)

手当の支給される各種ITの資格を1つも持たず、支給されない他業種の国家資格を持っています。資格をドブに捨てたと家族に酷評されています。(40代・女性)

若い頃は、実力があれば資格は不要と思っていましたが、年を取って鈍ってくると資格が欲しくなりました。(40代・男性)

ウチは社外資格申告表に「自家用飛行機操縦免許」「潜水士」「医師」「囲碁」「猟銃免許」「和裁」「美容師」「ふぐ調理師」など、ウチの業務とどう関係があんだよ!っていうのが並んでいる。(50代・男性)

【支給されない派のコメント】

受験合格すると、1回分の受験料が補助されます。何度も落ちると、不合格分だけ自己負担が発生するので、比較的熱心に勉強される人が多いです。(40代・男性)

受験料相当を合格後、支給されます。社内の通知文書で公表されるので、システム部門以外の人が合格するとそれなりに話題になります。(40代・男性)

手当を当てにして自費で取得したら、制度が変わって手当がなくなってしまった。(40代・男性)

仕事に必須の資格を取ってはいるが、責任だけ増えて給料は増えない。得てして、資格に合格しないくせに要領だけ良いやつが先に出世する。(40代・男性)

以前は資格取得時に一時金が支給されました。資格をいくつも取得したら、支給担当者から「またですか?」と怪訝な顔で言われた。取得するほうが会社のためにならないように受け取れ、気分が良くなかった。(40代・男性)

キャリアシートに記載されるだけなのですが、多少は記載されたくて取得しました。(50代・女性)

以前は「基本情報技術者」のような基本資格でも一時金が出ましたが、それを悪用というか、いわゆる「資格荒らし」のようなことをする人が出たらしく、一時金制度自体がなくなりました…。昨年、以前なら一時金がもらえた難関資格取ったのに!!(20代・女性)

「資格を取れ!」とお達しがあっても、誰も取らない。資格を取るとヒマだと思われる。(40代・男性)

しいて言えば、IT資格を取得しても、「すごいね」といわれる一言だけが、当社の資格手当です。(40代・男性)

かつてバブル華やかなりし頃、基本給以上に資格手当を貰っている人がいた。そんな人を見て、私もあぁいう風になりたいと一所懸命、資格試験合格を目指したが、合格した頃にはバブルは弾けて、収入増には繋がらなかった。(40代・男性)



あなたの会社の勤怠管理方法は?

  「紙による出勤簿(タイムレコーダー含む)」が32%、「管理システム(IDカードと連動した勤怠管理システム等)」が68%という結果に。非接触型IDカードによる社員管理システムの普及はだいぶ進んでいるもよう。「紙による出勤簿」派では、手動のタイムレコーダーが未だに現役で活躍しているという声が多かった。社員数にもよるだろうが、タイムカードを集計する勤怠管理担当者の苦労がしのばれるというものだ。一方の「管理システム」派には悪評コメントは多くなく、おおむね満足しているということだろうか。また、出退記録は絶対に動かせないというコメントと、簡単に修正・偽装できるというコメントの両極端さが興味深い。厳しいのか柔軟なのか…?!

【紙による出勤簿(タイムレコーダー含む)派のコメント】

紙のタイムレコーダと手入力の管理システムの二重管理。(50代・男性)

よく壊れないなぁ、と感心するくらいの年代物のタイムレコーダーで管理されています。定年まで「ピッ、ピッ」とやると思います。(40代・女性)

全くの紙ではありませんが、社内で作成したExcelの出勤表を利用しています。スクリプトにて出退勤の時間を入力すると、自動で計算してくれます。(40代・男性)

不正を防ぐために、役員席の目の前にタイムレコーダーが設置されています。(40代・男性)

タイムカードを使ってはいますが、私は本店勤務と支店勤務の両方の場合があるため、月に10日程はタイムカードに手書きで時刻を書き込んでいます。総務の人ごめんなさい(汗)。(30代・男性)

うちはIT会社で社員は必ずPCを使うので、PCの稼働時間(スイッチオン、オフ)を取得され、申告した勤怠とチェックされてます。(40代・男性)

お客様へタイムレコーダーやIDカードとの連動システムを提案する立場の会社なのに、社内ではExcelでの管理で遅れている。(30代・女性)

内勤なので外出が少ないんですが、たまに外出して会社に帰ると癖でタイムカードを押しそうになります。(30代・女性)

タイムレコーダーをわざとずらして2度打ちし、時刻を読めないようにして手書きで記述しているツワモノがいました。(50代・男性)

出勤簿なのでまとめてはんこを押す強者がいる。(50代・男性)

【管理システム(IDカードと連動した勤怠管理システム等)派のコメント】

1分単位でカウントされるので時間調整が面倒です。(40代・男性)

複数機械があるが表示時間が違う。自動修正機能を付けるべき。(50代・男性)

うちはIT企業なんだけど始業時間の9:00間際に認証システムがよくダウンする。原因は出勤ボタン押下による高負荷だとみんな思っているけど、その対策は勤怠画面の修正事由にシステム障害が付加されているだけ。これで勤怠システムっていうんだから笑える。(50代・男性)

IDカードを忘れると事務室にも入れない!!その上、PCも使えない状態!!忘れた当日は開店休業になります。(40代・男性)

入室カードで出勤/退社時間の基準が決まりますが、当初は同時になだれ込んで入室する場合が多く、カードなしでも入れてしまう状態。この状態を是正するための運動は1年ぐらい必要だった。(50代・男性)

管理システムを導入するも、紙でも管理してる。やっぱり書類は減らない。(30代・女性)

メール送信時刻・IDカードによる入退室時刻で勤怠管理をしており、規程の残業時間を超えた時のゴマカシが出来ない仕組みになっています。(30代・男性)

指紋認証なのですが、冬場は肌が乾燥しているのか、認識しにくいようです。(40代・男性)

退勤時に「お疲れ様でした」とメッセージが流れるが、以前はただの「お疲れ様」だけでムカついた。(50代・男性)

自社で勤怠管理システムを管理しているので、イベント日(クリスマスやお正月等)にかぎり、出勤、退勤打刻時にランダムでメッセージが表示されるよう設定されています(例えば「メリークリスマス♪」等)。そのメッセージが表示されたら、ラッキーだといわれています。(20代・女性)

タイムレコーダーがPCからWEB接続で打刻するので、PC起動時間の分、打刻が遅くなる。制服に着替える時間は勤務時間対象外です。(30代・女性)

IDカードで入出管理はしているが、勤務時間の管理には参考レベルとしている。面白い現象としては、残業規制が始まったら、朝早く出社てして残業分をこなす人が増加。これで上司は、残業が減って効率が上がったと、その上の上司に報告して成果としている。これって変ですよね。このような方を褒め称える会社だった(上司や会社は黙認)?!本質は人をどこで見て評価しているかですが、人のマネージメントはせず、簡単でわかりやすいことを報告して成果としている。これってありですかね。賛否あるとは思いますが。(50代・男性)

PCのログイン/ログアウト時間が自動入力されますが、いつも「休止状態」にして退社する私は「0:00〜0:00」。毎回手入力しています。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年12月29日〜2012年1月13日にかけて実施した「人事・勤怠管理」に関するアンケート(有効回答数:1451)より抜粋して構成。


最新特集

超人気ゲーム「Pokemon GO」に中国が戦々恐々!侵略ソフトとの声 【金曜Black★ピット】 2016/07/22

米国を皮切りに配信が始まるや否や大きな話題となっている「Pokemon GO(ポケモンゴー)」に中国が戦々恐々!一体なぜ…

Apple4000万件のパス流出?突然のスマホロックに身代金要求! 【金曜Black★ピット】 2016/07/15

Appleのクラウドサービス「iCloud」のパスワードが最大4000万件流出か?iPhoneやiPadを利用した身代金…

16万件の違反切符を取り消した“ロボット弁護士”の開発秘話 【金曜Black★ピット】 2016/07/08

19歳の学生が開発した“ロボット弁護士”は理不尽な駐車違反切符の取り消しを無料で行う救世主?16万枚の取り消し実績も。

MSが本気で「蚊取り器」を開発!CPU×2搭載、クラウド連携も 【金曜Black★ピット】 2016/07/01

あのマイクロソフトが人類最大の敵“蚊”に挑む!開発した「蚊取り器」にはクラウドだけじゃなくドローンも連携させる計画とか…

ビル・ゲイツの“ニワトリ10万羽”寄付に、あの国家が猛反発! 【金曜Black★ピット】 2016/06/24

ビル・ゲイツが世界中で進める“ニワトリ10万羽”寄付活動に、あの“南米最貧国”が猛反発!その理由とは?

あの動物が起こした大事件!国全体が3時間も停電したワケ 【金曜Black★ピット】 2016/06/17

水力発電所で事故発生、国内の電力供給が3時間にわたって完全ストップ状態に…。原因はネズミでも猫でもない、あの動物だった!




人事・勤怠管理/IT資格取得で“手当が支給される”会社は何%?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事・勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

人事・勤怠管理」関連の特集


人事システムは管理の利便性が高い一方で、休日出勤の振替などイレギュラーな対応には意外と処理が煩雑にな…


「勤怠管理システム」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 シフト管理・勤怠管理システム JOBCAN(ジョブカン) 【Donuts】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。

「勤怠管理システム」関連の特集


紙に手書きで記入、休暇申請時は申請書を郵送するなど、現場・管理側共に大きな負担になっていた勤怠管理業…



 第9回で入力機器、第10回では“SaaS型”勤怠管理システムをいくつかご紹介しました。勤怠管理を行…



347人対象に導入状況や導入方式、勤怠管理での苦労など、勤怠管理状況を調査!ASP・SaaS型の導入…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004358


IT・IT製品TOP > ズームアップIT クラウド > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ