「これから帰るよメール」を見られたくないのは社内?社外?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/10/13

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

「これらから帰るよ」と家族に送信…のつもりが誤送信!見られたくないのは?

 可能なら避けたい誤送信だが、より避けたい誤送信先は、「職場の上司」が36%、「取引先の担当者」が64%という結果になった。ビジネスマンたる者、会社の内外では見せる顔が違うということの表れなのだろうか。「上司」派のコメントでは、「一度の間違いを後々ずっと非難されそう」という懸念があるようだ。一方で「取引先」派は、「社内ならこれまでも笑い話的な誤送信伝説があるけれど、社外はシャレにならなそう」と考えているようだ。集計結果のとおり、誤送信については「社内に甘く、社外に厳しい」という傾向が見て取れる。それにしても目立ったのは「誤送信なんてしたことがないですよ」というコメント。慎重派さんが多いのですね!

【職場の上司派のコメント】

取引先なら商談の際のネタにもなろうと思いますが、上司だと後々まで言われ続けそう。(30代・男性)

個人的には誤送信は一度もないです。貰ったことはありますが、誤送信に気付いたら赤面だろうな、といらぬ心配をしてしまいます。(40代・男性)

上司に間違えて帰るメールを送った時に「お疲れ様でした」と返事が返ってきて、お互いに爆笑しました。(30代・男性)

毎日顔を合わせる人に弱みを握られるようで、絶対に回避したいです。(40代・男性)

結構アマアマなメールを送っているので、上司には見られたくないです。会社ではクールキャラでとおっているので。(20代・女性)

【取引先の担当者派のコメント】

サーバ管理者の身として会社のメールから「今帰るメール」を送っている人が意外と多い。「ただ帰る」だけならまだしも、「今日のおかずは何?」など普段は強面の上司がのろけている一面を見てしまうと、「職場の部下」が最も恥ずかしいと思う…。(40代・男性)

当社の女性社員がCEOをニックネームで呼んで「可愛らしい」と綴った別の社員向けのメールが全社に!当然CEOにも…。その後CEOの機嫌がしばらく良さそうに見えたのは自分だけではないはず。(40代・男性)

ありがちですが、同姓同名の相手に誤送信。社内ではありましたが、相手は役員でした…業務上たまたま数通送る必要があったため、「そろそろ気付けよ」と連絡がありました。(40代・男性)

いつものメンバーに夜のお誘いメールのつもりが、取引先の担当者へ誤送信、相手から付き合うよ!との返信…結局その人と飲み会となった。まっ、これも営業なのかな…。(50代・男性)

メールの誤送信は重大インシデントなので、笑い事にはならない。(40代・男性)



会社のデスク、帰宅時の施錠は?

 オフィスのデスクの施錠状況は、施錠「している」派が43%、「していない」派が57%という結果。コメントで目立ったのは「社内コンプライアンスで施錠は決まっている」というものだけど、そういう状況でも「していない」派がいる。理由はあるんだろうけど、そこは守るべきではないだろうか。「している」派は、鍵を忘れたり紛失したりといったトラブルの危険性を指摘する声が多い。「していない」派の「ビルの戸締まりがしっかりしているから」というのも疑問。内部で何か起こることもあるのでは?意外だったのは、オフィスのデスクに「見られたくないモノ」を入れている人が多いこと!施錠云々の前に、これを機に危機管理の徹底をしてみては?

【している派のコメント】

家の鍵と一緒にキーホルダーでまとめていますが、会社のデスクに鍵を挿しっぱなしで帰宅したことが何度か。家に入れず、家族の帰宅を待ちました…。(40代・男性)

会社のルールなので最近始めたが、鍵をなくしそうで心配。と、思ったら、職場で鍵をキーロッカーで管理することになって、この心配はなくなったのですが、逆に同僚にデスクの中の「見られたくないモノ」を見られないか、新たな心配事が…。(50代・男性)

友人が、家の鍵をデスクにしまい、デスクの鍵をかけて、そのままデスクの鍵だけ持って帰宅。その日はカプセルホテルに泊まったとの報告。(50代・男性)

机上のクリーンアップとデスク施錠がルールです。 時々抜き打ち検査があって、違反回数が多いと脇机を没収されます(泣)。(50代・男性)

常時ロックされている。使う時のみ解錠、使い終わったら直施錠。地震発生時に引き出しから物が飛び出して被害を拡大しないための対処です。(40代・男性)

【していない派のコメント】

鍵紛失のリスクの方が大きいから。(50代・男性)

忘年会のコスプレ用制服が入っていて、このまま死んだら誤解されそう…。(30代・男性)

机・ロッカーの施錠は個人の裁量に任されています。 が、出張が多い職場なので、○さんの印鑑がない!というような不具合に対応するため、あまり机の施錠をしている人はいません。(40代・男性)

会社からは施錠するよう言われているが、ビル、事務所の入退室がガチガチで不審者が侵入できるとも思えないので。(40代・男性)

会社のコンプライアンス上決められているのに、支給されている机に鍵が付いていません。矛盾を指摘すべきか、什器の予算面問題ということで見過ごすべきか…。(30代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年9月15日〜 9月22日にかけて実施した「危機管理に関するアンケート(有効回答数:795)」より抜粋して構成。


最新特集

人口10万人超のスペースコロニーが打ち上げられるだって? 【金曜Black★ピット】 2017/06/23

アスガルディア宇宙王国。人口20万人を擁し、2017年秋には国民の半数を宇宙に移民させるという。はてさて?

トランプ大統領がやらかした「ノートPC爆弾」の秘密とは? 【金曜Black★ピット】 2017/06/16

米国が禁止した飛行機内へのノートPC持ち込み。この背景には某国エージェントの暗躍とトランプ大統領のウッカリが隠されていた…

あの「X1」復活か? 目の付けどころがシャープ過ぎる 【金曜Black★ピット】 2017/06/09

シャープが新型スマホを発表するやいなや、古くからのPCファンがザワついた。まさかシャープが、あの「X1」を復活させるのか…

メモリ32GBのPCなんて「ショボくて使えない」という時代 【金曜Black★ピット】 2017/06/02

サイボウズが全社員にハイスペックPCを貸与すると宣言。だが、若者たちは「ショボい」「使いものにならない」と笑う。一体なぜ…

ついに現実世界に登場、「ロボコップ」は銃撃戦の夢を見るか 【金曜Black★ピット】 2017/05/26

あの「ロボコップ」が警察署に配属された。身長170センチ、体重100キロの巨体で担った初任務とは?

のぞき見厳禁! Wi-Fiアクセスポイントを使った「透視術」 【金曜Black★ピット】 2017/05/19

Wi-Fiの電波を使って室内を透視する。こんな実験に挑戦し、見事に成功した研究報告が話題を呼んでいる。




メール誤送信防止/「これから帰るよメール」を見られたくないのは社内?社外?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信防止」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信防止」関連の製品

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】
メールアーカイブ メールセキュリティ メールセキュリティ
Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。

メール誤送信防止」関連の特集


“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…



IT担当者581人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。電子メール利用状況やセキュリティ…



中堅中小企業だって油断大敵!知らぬ間に親会社や取引先への攻撃に“踏み台”となり加担している事例が勃発…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004353


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ