「有害コンテンツ高度識別システム」とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

「有害コンテンツ高度識別システム」とは

2011/12/21


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマ「有害コンテンツ高度識別システム」は、ネット上のWebサイトや掲示板などの様々なコンテンツを「言葉」とデザインやスクリプトなどの「見た目」の両方から高精度で識別するシステム。人的リソースに頼りがちな違法・有害情報のフィルタリングを自動化できる画期的な技術です!

識別システム

※「識別システム/「有害コンテンツ高度識別システム」とは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「識別システム/「有害コンテンツ高度識別システム」とは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「有害コンテンツ高度識別システム」とは

  「従来のNGワードなどを使った単純なコンテンツ分析では、伏せ字などの手段で回避されたり、ギャル文字などの不正規な日本語表現をシステム的に判読したりすることができなかった。今回開発された「有害コンテンツ高度識別システム」は、不正規な言語表現を自動修正して認識し、文章を解析して文意から有害度を数値化するなどの高度な「言語的コンテンツ分析」と、Webサイトの色や画像の配置、スクリプトの特徴などから有害度を数値化する「外形的コンテンツ分析」を組み合わせることで、有害コンテンツを約95%という高い精度での自動検出することを実現するものである。このシステムは、株式会社KDDI研究所が受託した、独立行政法人情報通信研究機構の委託研究「インターネット上の違法・有害情報検出技術の研究開発(H21-H23)」の成果を活用して開発されたものである。

図1 有害サイト検出精度
図1 有害サイト検出精度
無害ページの90%を正解し、有害ページの95%をブロックできる。
※アダルトWebページ1000件、それ以外1000件からアダルトを検出した場合の精度
資料提供:KDDI研究所

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ
関連キーワード

識別システム/「有害コンテンツ高度識別システム」とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「識別システム」関連情報をランダムに表示しています。

識別システム」関連の特集


モバイルワーカーに必需品となった無線LAN。1990年のIEEE802.11委員会発足から無線LAN…


「フィルタリング」関連の製品

サイトアンパイア 【アルプス システム インテグレーション+他】 モバイルWebブラウザアプリ 「CLOMO SecuredBrowser」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング
ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。 「CLOMO SecuredBrowser」を利用することで、業務外サイトの閲覧制限や操作・閲覧履歴の取得、一括ポリシー設定などが可能。モバイルのセキュリティを手間なく強化できる。 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

「フィルタリング」関連の特集


35%がサイバー攻撃被害経験アリと回答! 312人を対象に、標的型攻撃の有無、攻撃を発見した時の状況…



2014年度の市場規模は56億8000万円と見込まれているメールフィルタリング。占有率58.5%を獲…



企業のインフラを圧迫する“悪の権化”スパムメールを排除できるスパム対策ツール。スパム撲滅に立ち向かう…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

識別システム/ 「有害コンテンツ高度識別システム」とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「識別システム/ 「有害コンテンツ高度識別システム」とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30004345


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ