避難時に持ち出すのが多いのは携帯電話とモバイルPC、どっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/09/29

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

あなたは自宅の広域避難場所がどこか知ってる?

 災害が発生した時に一時的に近隣の人々が避難する「広域避難場所」。「もちろん知っている」が68%、「実は知らない」が32%という結果となった。「知っている」派のコメントを見ると、家族間での周知を進めているだけではなく、避難場所についても調査済み、といったある意味「完璧」な知識を持っている人が多いようだ。これも3月11日の東日本大震災を経験した結果なのだろう。一方、「知らない」派のコメントでは、「確認しなくちゃ」と思いながらも確認できていない人の焦りが見え隠れ。ネットで検索すればすぐにわかるので、とにかくすぐに確認しましょう!(とワタシも今さっき調べました…。)

【もちろん知っている派のコメント】

先の大震災の後、夫婦で避難場所の確認、実際に行ってみる、東京が被災した場合の2人の落ち合い場所を3箇所決めるなどを実行し、定期的に確認しあってます。(40代・男性)

つい先日、地域の自治会の回覧が回ってきていた。9月1日が近かったためと思われる。ただし、近所の人と話していて、指定場所まで逃げるより、個々に留まっていた方が安全そうとの声も上がっていた。(50代・男性)

避難場所まで、急な坂道を上がらなくてはならない。緊急時に行けるのか心配。(50代・男性)

広域避難場所は結構遠いので、みんな結局近くの小学校に行ってしまうと思う。(40代・男性)

広域避難場所の公園は決して広いわけではなく、ほんとにこれで大丈夫なのだろうかと疑問に思っている。(40代・女性)

【実は知らない派のコメント】

近くにある小学校だと思い込んでいる。時勢を考えて、しっかり確認しようと思っています。(40代・男性)

広域避難場所は知らない(どうやって知るの?) 何かあった時の避難場所は家族間では決めている。(40代・男性)

“引っ越したばかりなので、知らなくて当然”では済まされない時代になった。役所で転入手続きした時に、「ここが広域避難場所ですからね」と、教えてくれればいいのに。(40代・男性)

「確か、あそこだったよなあ」という程度。途中に危険箇所がないかのチェックも含めて、実際に歩いて行ってみないといけませんね。(40代・男性)

歩いて行ける会社(データセンタ併設)が1番安全な気がしてます。(20代・男性)



災害発生!もし1つだけ持って避難できるとしたらどちらを持つ?

 緊急時の避難先に持って行く情報端末としては「携帯電話(スマートフォン含む)」派が90%と圧倒的な結果に。「モバイルPC」派はわずか10%だった。「家族間で連絡しあうことを考えれば携帯電話が有効」というコメントはもっともだ。あとはモバイルPCのバッテリ寿命の短さが災害時に不利だと考えている人も少なくないようだけど、ケータイもスマホも最近はそんなにバッテリ長持ちしないと思うけどね…。「モバイルPC」派の中には避難先でも仕事する気マンマンな人が何人かいるようだ。まあ、災害だからってカンタンに休める業務じゃないこともあるだろう。しかしいずれの機器にしても、通信自体が断絶してしまうと困るよなぁ。

【携帯電話(スマートフォン含む)派のコメント】

家族それぞれ個別で連絡が取れるので携帯電話です。(40代・男性)

電気がない環境でも、スマートフォンは電池があれば充電でき、かつテレビや電話から情報が得られるため。(20代・男性)

より身軽に移動したい。3.11の帰宅難民時に、いろいろと持って帰ったら、あまりの荷物の重さに途中で荷物を放棄したくなった。(40代・女性)

親や親せきなど、比較的高齢の方々と連絡とるのはメールじゃなくてやっぱり電話でしょう。(40代・男性)

スマートフォンでワンセグも見られるタイプなので、情報収集できると思う。仕事のことは忘れます。(20代・女性)

【モバイルPC派のコメント】

PCのほうが情報収集には適していると思う。(40代・女性)

携帯は家族が持って行くので、PCがあればリモートアクセスで機器のサポートも可能ですし、会社からのうるさい連絡もシャットアウト。メールで充分。(50代・男性)

ブラインドタッチが出来ないスマホで仕事になるか?(40代・男性)

文字入力の効率など、実用的な面で考えるとモバイルPCを選ぶと思います。(30代・男性)

口下手なので緊急時でもモバイルPC。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年9月1日〜 9月9日にかけて実施した「災害対策に関するアンケート(有効回答数:692)」より抜粋して構成。


最新特集

加齢臭を10段階で分析! 体臭くんくんデバイス 【金曜Black★ピット】 2017/07/21

体臭は、自分ではなかなか気付かないもの。だが、コニカミノルタが心強いアイテムを開発中だ。一体どんな?

バッテリー不要ケータイの開発に成功、これで通話し放題? 【金曜Black★ピット】 2017/07/14

米国でバッテリーを搭載しない携帯電話が開発中だ。これは究極のケータイか?

「PC作業で座るの禁止」は新たな従業員イジメなのか? 【金曜Black★ピット】 2017/07/07

「なるほど家電」で成長するアイリスオーヤマがPC作業は立って行うことにした。独自の働き方改革に「なるほど」はあるのか?

成功報酬67万円のドローン宅配便、その場所とは? 【金曜Black★ピット】 2017/06/30

Amazonが本気で取り組んでいるドローンによる荷物の配送。それをECの巨人に先駆けて仕事にしているヤカラがいた。

人口10万人超のスペースコロニーが打ち上げられるだって? 【金曜Black★ピット】 2017/06/23

アスガルディア宇宙王国。人口20万人を擁し、2017年秋には国民の半数を宇宙に移民させるという。はてさて?

トランプ大統領がやらかした「ノートPC爆弾」の秘密とは? 【金曜Black★ピット】 2017/06/16

米国が禁止した飛行機内へのノートPC持ち込み。この背景には某国エージェントの暗躍とトランプ大統領のウッカリが隠されていた…




スマートフォン/避難時に持ち出すのが多いのは携帯電話とモバイルPC、どっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

スマートフォン用アルコールチェッカー 「アルキラー」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 セキュリティ機能付きファイル共有アプリ 「CLOMO SecuredDocs」 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他情報システム関連 ワークフロー ファイル共有
発売から約4年で導入企業5000社を突破した、スマートフォン用アルコールチェックシステム。ドライバーからメールで送られてきた検知データを専用ソフトで一括管理できる。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 秘匿性の高い業務ドキュメントは、シークレットモードが利用でき、アプリ間のデータコピー制限など監視・管理機能が大幅に強化されているファイル共有アプリ。

スマートフォン」関連の特集


 昨今個人のモバイルデバイス(スマートフォンやタブレットなど)の企業環境での利用、いわゆるBYOD(…



高速化を続ける無線LAN規格に「IEEE802.11ac」がいよいよ登場!なんと最大6.9Gbpsと…



富士通では、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で、電通と協業していくと発表した。共同コン…


スマートフォン」関連のセミナー

ユーザー体験を踏まえたサービスデザインとは 【フェンリル/グッドパッチ】  

開催日 8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「新規事業だから、とにかくアプリを開発したら良いのでは?」「自社に開発リソースがないから開発できそうな会社に連絡しよう!」そう思ったことはありませんか?企業の存…

B to B事業者向け スマートデバイス最適化セミナー 【KSK】  

開催日 8月2日(水),8月9日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

B to Bのビジネスを主とする業種では、企業サイトなどのWebサービスのスマートデバイス対応が遅れている傾向があります。スマートフォンなどモバイルデバイスから…

画像認識技術で広がるサービス 【日本電気】  

開催日 8月9日(水),8月23日(水),8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 画像認識で、顧客サービス向上!    さまざまな分野で活用の期待が高まる「画像認識技術」! スマホを対象物にかざすだけで、楽に楽しくNext Actionへつ…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004336


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ