避難時に持ち出すのが多いのは携帯電話とモバイルPC、どっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/09/29

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

あなたは自宅の広域避難場所がどこか知ってる?

 災害が発生した時に一時的に近隣の人々が避難する「広域避難場所」。「もちろん知っている」が68%、「実は知らない」が32%という結果となった。「知っている」派のコメントを見ると、家族間での周知を進めているだけではなく、避難場所についても調査済み、といったある意味「完璧」な知識を持っている人が多いようだ。これも3月11日の東日本大震災を経験した結果なのだろう。一方、「知らない」派のコメントでは、「確認しなくちゃ」と思いながらも確認できていない人の焦りが見え隠れ。ネットで検索すればすぐにわかるので、とにかくすぐに確認しましょう!(とワタシも今さっき調べました…。)

【もちろん知っている派のコメント】

先の大震災の後、夫婦で避難場所の確認、実際に行ってみる、東京が被災した場合の2人の落ち合い場所を3箇所決めるなどを実行し、定期的に確認しあってます。(40代・男性)

つい先日、地域の自治会の回覧が回ってきていた。9月1日が近かったためと思われる。ただし、近所の人と話していて、指定場所まで逃げるより、個々に留まっていた方が安全そうとの声も上がっていた。(50代・男性)

避難場所まで、急な坂道を上がらなくてはならない。緊急時に行けるのか心配。(50代・男性)

広域避難場所は結構遠いので、みんな結局近くの小学校に行ってしまうと思う。(40代・男性)

広域避難場所の公園は決して広いわけではなく、ほんとにこれで大丈夫なのだろうかと疑問に思っている。(40代・女性)

【実は知らない派のコメント】

近くにある小学校だと思い込んでいる。時勢を考えて、しっかり確認しようと思っています。(40代・男性)

広域避難場所は知らない(どうやって知るの?) 何かあった時の避難場所は家族間では決めている。(40代・男性)

“引っ越したばかりなので、知らなくて当然”では済まされない時代になった。役所で転入手続きした時に、「ここが広域避難場所ですからね」と、教えてくれればいいのに。(40代・男性)

「確か、あそこだったよなあ」という程度。途中に危険箇所がないかのチェックも含めて、実際に歩いて行ってみないといけませんね。(40代・男性)

歩いて行ける会社(データセンタ併設)が1番安全な気がしてます。(20代・男性)



災害発生!もし1つだけ持って避難できるとしたらどちらを持つ?

 緊急時の避難先に持って行く情報端末としては「携帯電話(スマートフォン含む)」派が90%と圧倒的な結果に。「モバイルPC」派はわずか10%だった。「家族間で連絡しあうことを考えれば携帯電話が有効」というコメントはもっともだ。あとはモバイルPCのバッテリ寿命の短さが災害時に不利だと考えている人も少なくないようだけど、ケータイもスマホも最近はそんなにバッテリ長持ちしないと思うけどね…。「モバイルPC」派の中には避難先でも仕事する気マンマンな人が何人かいるようだ。まあ、災害だからってカンタンに休める業務じゃないこともあるだろう。しかしいずれの機器にしても、通信自体が断絶してしまうと困るよなぁ。

【携帯電話(スマートフォン含む)派のコメント】

家族それぞれ個別で連絡が取れるので携帯電話です。(40代・男性)

電気がない環境でも、スマートフォンは電池があれば充電でき、かつテレビや電話から情報が得られるため。(20代・男性)

より身軽に移動したい。3.11の帰宅難民時に、いろいろと持って帰ったら、あまりの荷物の重さに途中で荷物を放棄したくなった。(40代・女性)

親や親せきなど、比較的高齢の方々と連絡とるのはメールじゃなくてやっぱり電話でしょう。(40代・男性)

スマートフォンでワンセグも見られるタイプなので、情報収集できると思う。仕事のことは忘れます。(20代・女性)

【モバイルPC派のコメント】

PCのほうが情報収集には適していると思う。(40代・女性)

携帯は家族が持って行くので、PCがあればリモートアクセスで機器のサポートも可能ですし、会社からのうるさい連絡もシャットアウト。メールで充分。(50代・男性)

ブラインドタッチが出来ないスマホで仕事になるか?(40代・男性)

文字入力の効率など、実用的な面で考えるとモバイルPCを選ぶと思います。(30代・男性)

口下手なので緊急時でもモバイルPC。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年9月1日〜 9月9日にかけて実施した「災害対策に関するアンケート(有効回答数:692)」より抜粋して構成。


最新特集

そこでボケて? 次世代の詐欺メール撃退法とは 【金曜Black★ピット】 2017/11/17

「おめでとう! あなたに大金を受け取る権利が当たりました。つきましては……」

やっぱりあった? AIスピーカーの落とし穴 【金曜Black★ピット】 2017/11/10

「スマホの次のデバイス」なんて、もてはやされているAIスピーカー。日本でも続々登場しているが、とほほな事件が発生した。

デルがドメイン更新を忘れて大ピンチ? 【金曜Black★ピット】 2017/11/02

うっかりしていて失敗することは誰にでもある。しかし、社員のうっかりミスがビジネスを揺るがしかねないこともある。

モリで一突き? 北朝鮮が米国に直接攻撃を開始していた 【金曜Black★ピット】 2017/10/27

北朝鮮はド派手なミサイルパフォーマンスの裏で冷静さを保ちながら、米国を水面下で攻撃している。米国の報道によれば……。

もうごまかせない“パーフェクト”な生体認証技術に心臓ドキドキ 【金曜Black★ピット】 2017/10/20

生体認証に若干の不安を抱えている中で、より強固で“パーフェクト”な新技術が登場しそうだ。それは一体?

最新鋭の米原潜で使われる、時代遅れなマイクロソフト製品とは? 【金曜Black★ピット】 2017/10/13

強大な軍事力を背景に「世界の警察」を自認する米軍。その原潜の重要な操作に採用された意外なMS製品がある。




スマートフォン/避難時に持ち出すのが多いのは携帯電話とモバイルPC、どっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 Webサイト変換ソリューション 「pronel」 【KSK】
ワークフロー ERP スマートフォン最適化
G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 PC用に構築されたWebサイトや社内システムをスマートデバイス、モバイル端末に最適化するミドルウェア。スマートデバイス対応のための工数を削減し、閲覧数アップに貢献。

スマートフォン」関連の特集


営業活動等の移動時間を、ムダな時間にせず外出先でも仕事を続けたい…。今回は、このような課題を解決する…



スマートフォンとモバイルノートPCの間を埋める製品として注目されている「メディアタブレット」。同製品…



情報流出、データ改ざん…Webサイトを狙う攻撃は後を絶ちません。実際の被害事例から現状のセキュリティ…


スマートフォン」関連のセミナー

LINE WORKS 活用セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 12月5日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

『LINEスタンプも使える LINE WORKS を使いたおす!』〜LINE WORKS は、メッセンジャー、無料音声通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)…

モバイル、オープンAPIを活用するための認証基盤 【主催:オージス総研/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 11月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【顧客向けサービスではもちろん、従業員向けサービスでも注目される、モバイルアプリ】スマートフォン、タブレット端末などの普及に伴い、現在では情報システムを利用する…

Alfrescoのご紹介と、Alfrescoハンズオン 【主催:ヴィセント/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 11月28日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

【ご参加のメリット】Alfrescoの機能の紹介とハンズオンです。Alfrescoの導入から、ユーザ管理まで、基本的な手順を理解できます。クラウド上に構築します…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004336


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ