避難時に持ち出すのが多いのは携帯電話とモバイルPC、どっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/09/29

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

あなたは自宅の広域避難場所がどこか知ってる?

 災害が発生した時に一時的に近隣の人々が避難する「広域避難場所」。「もちろん知っている」が68%、「実は知らない」が32%という結果となった。「知っている」派のコメントを見ると、家族間での周知を進めているだけではなく、避難場所についても調査済み、といったある意味「完璧」な知識を持っている人が多いようだ。これも3月11日の東日本大震災を経験した結果なのだろう。一方、「知らない」派のコメントでは、「確認しなくちゃ」と思いながらも確認できていない人の焦りが見え隠れ。ネットで検索すればすぐにわかるので、とにかくすぐに確認しましょう!(とワタシも今さっき調べました…。)

【もちろん知っている派のコメント】

先の大震災の後、夫婦で避難場所の確認、実際に行ってみる、東京が被災した場合の2人の落ち合い場所を3箇所決めるなどを実行し、定期的に確認しあってます。(40代・男性)

つい先日、地域の自治会の回覧が回ってきていた。9月1日が近かったためと思われる。ただし、近所の人と話していて、指定場所まで逃げるより、個々に留まっていた方が安全そうとの声も上がっていた。(50代・男性)

避難場所まで、急な坂道を上がらなくてはならない。緊急時に行けるのか心配。(50代・男性)

広域避難場所は結構遠いので、みんな結局近くの小学校に行ってしまうと思う。(40代・男性)

広域避難場所の公園は決して広いわけではなく、ほんとにこれで大丈夫なのだろうかと疑問に思っている。(40代・女性)

【実は知らない派のコメント】

近くにある小学校だと思い込んでいる。時勢を考えて、しっかり確認しようと思っています。(40代・男性)

広域避難場所は知らない(どうやって知るの?) 何かあった時の避難場所は家族間では決めている。(40代・男性)

“引っ越したばかりなので、知らなくて当然”では済まされない時代になった。役所で転入手続きした時に、「ここが広域避難場所ですからね」と、教えてくれればいいのに。(40代・男性)

「確か、あそこだったよなあ」という程度。途中に危険箇所がないかのチェックも含めて、実際に歩いて行ってみないといけませんね。(40代・男性)

歩いて行ける会社(データセンタ併設)が1番安全な気がしてます。(20代・男性)



災害発生!もし1つだけ持って避難できるとしたらどちらを持つ?

 緊急時の避難先に持って行く情報端末としては「携帯電話(スマートフォン含む)」派が90%と圧倒的な結果に。「モバイルPC」派はわずか10%だった。「家族間で連絡しあうことを考えれば携帯電話が有効」というコメントはもっともだ。あとはモバイルPCのバッテリ寿命の短さが災害時に不利だと考えている人も少なくないようだけど、ケータイもスマホも最近はそんなにバッテリ長持ちしないと思うけどね…。「モバイルPC」派の中には避難先でも仕事する気マンマンな人が何人かいるようだ。まあ、災害だからってカンタンに休める業務じゃないこともあるだろう。しかしいずれの機器にしても、通信自体が断絶してしまうと困るよなぁ。

【携帯電話(スマートフォン含む)派のコメント】

家族それぞれ個別で連絡が取れるので携帯電話です。(40代・男性)

電気がない環境でも、スマートフォンは電池があれば充電でき、かつテレビや電話から情報が得られるため。(20代・男性)

より身軽に移動したい。3.11の帰宅難民時に、いろいろと持って帰ったら、あまりの荷物の重さに途中で荷物を放棄したくなった。(40代・女性)

親や親せきなど、比較的高齢の方々と連絡とるのはメールじゃなくてやっぱり電話でしょう。(40代・男性)

スマートフォンでワンセグも見られるタイプなので、情報収集できると思う。仕事のことは忘れます。(20代・女性)

【モバイルPC派のコメント】

PCのほうが情報収集には適していると思う。(40代・女性)

携帯は家族が持って行くので、PCがあればリモートアクセスで機器のサポートも可能ですし、会社からのうるさい連絡もシャットアウト。メールで充分。(50代・男性)

ブラインドタッチが出来ないスマホで仕事になるか?(40代・男性)

文字入力の効率など、実用的な面で考えるとモバイルPCを選ぶと思います。(30代・男性)

口下手なので緊急時でもモバイルPC。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年9月1日〜 9月9日にかけて実施した「災害対策に関するアンケート(有効回答数:692)」より抜粋して構成。


最新特集

「犯人はお前だ!」 iPhoneヘルスケアアプリの意外な使われ方 【金曜Black★ピット】 2018/01/19

事件解決には証言と動かぬ証拠が必要だ。ドイツで発生した殺人事件の裁判で被告すら気付かなかったデータが注目されている。

「インテル製CPUのメルトダウン」の本当のところ 【金曜Black★ピット】 2018/01/12

「インテル製CPUに深刻な欠陥が発見された」。2018年が明けて早々、こんなニュースが世界を駆け巡った。果たして真相は?

iPhoneにこっそり仕込まれた「最高の体験」のための最悪な機能 【金曜Black★ピット】 2018/01/05

「古くなったiPhoneは、動作が遅くなる何かが仕込まれているのでは?」という疑惑が持ち上がった。Appleの正式回答は…

オランダの対ドローン特殊部隊が解散の理由 【金曜Black★ピット】 2017/12/22

不審ドローン対策の多くは妨害電波を用いるが、オランダ警察は一味違った。アレを使った特殊訓練を積んでいたのだが……。

これもフェイク、ロンドンで最も行きたいレストランは一体どこ? 【金曜Black★ピット】 2017/12/15

大手口コミサイトがだまされた。「ロンドンで最も行きたいレストラン1位」はどのように生まれたのか?

0.5秒で「二階から目薬」も実現可能? 目薬専用ロボット 【金曜Black★ピット】 2017/12/08

いつまでたっても目薬を差すことが苦手だという人に朗報か。座っているだけで確実に目薬を差してくれるロボットが誕生した。




スマートフォン/避難時に持ち出すのが多いのは携帯電話とモバイルPC、どっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】
グループウェア グループウェア フィルタリング
企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

スマートフォン」関連の特集


NB-IoT、LTE-M、LTE(Cat.1)、LoRaWAN、Sigfox…。IoTニーズを満たす…



「名刺管理ツール」を企業で使おうと考えても、初めて使うものに対して最初から大きな予算はかけられないの…



 第9回で入力機器、第10回では“SaaS型”勤怠管理システムをいくつかご紹介しました。勤怠管理を行…


スマートフォン」関連のセミナー

顧客体験向上!情報をつなぎサイロ化を解決するポータルとは? 【日本ライフレイ】 注目 

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、様々なツールやシステムの普及により、顧客や製品情報の管理が複雑化しています。顧客が必要なサポートや情報をタイムリー且つ、優れた顧客体験を提供する事に課題を…

Web業務システムのスマートフォン最適化実現セミナー 【KSK】  

開催日 2月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

突然ですが、社内でこんな要望や検討はございませんか?【社内の業務システム画面をスマートフォンに最適化したい】多くの企業がスマートフォンを業務利用で導入する中、社…

【2/20東京開催】働き方改革 ソリューションセミナー 【日本電気】  

開催日 2月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

■働き方改革 ソリューションセミナー 〜働き方を変える!ICT活用事例のご紹介〜少子高齢化による労働人口の減少、長時間労働の是正といった社会課題に対し、政府の旗…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004336


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ