1285名が回答!「今日の降水確率は40%」…傘を持つ人は何%?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/09/15

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

「今日の降水確率は40%」…傘は?

 傘を「持つ」派が70%、「持たない」派が30%という結果に。傘を持っていく率は降水確率とほぼ同じになると聞いたことがあるけど、それよりずっと多くの人が持って行く方針のよう。普段からリスクヘッジを重視する情シスの皆さんの慎重さがうかがえる。「折り畳み傘をバッグに常備している」という人も少なくなく、「そもそも天気予報は信じない」というコメントも散見した。「持たない」派の中では、オフィスの置き傘によってリスクヘッジとしている人もいれば、「自分は晴れ男だ!」と言い切る人も。切実に感じたのは、「髪が薄いので濡れたくないから傘は常備する」というコメント。確かにそれはリスクヘッジせねばならない案件だ(涙)。

【「持つ」派のコメント】

「SEたるもの、いつどこでトラブルが発生して泊まることになるかもしれないので、カバンには常に折り畳み傘を」と上司に言われた。(40代・男性)

40〜60%なら折り畳み傘、60%〜は普通の傘を持っていきます。(20代・女性)

天気予報は信じていないので、降水確率に関わらずリスクヘッジとして傘はデフォルト持ち歩いています。(30代・男性)

雨が降った時の「信じて正解」が、降らなかった時の「損した」より上回るから。(40代・女性)

小学生の頃、急な雨の時には相合傘ができそうで…。という、淡い期待の延長です。(40代・男性)

傘は常にカバンの底に入っているので、「完璧なリスクヘッジ!」…と思ったら、柄のパイプが拉げていて開かなかった。(50代・男性)

カバンに常備してます。1番の理由は最近めっきり寂しくなった髪の毛をガードするため。これぞまさしくリスクヘッジ!(40代・男性)

【「持たない」派のコメント】

会社に置き傘が2本。常にあるので、わざわざ持つ必要がないのです。(30代・女性)

自分自身は晴れ男なので、よほどの雨男もしくは雨女と行動をともにしないかぎり、雨に降られることに遭遇しない。(40代・男性)

出る時に降っていなければ持たない。(40代・男性)

基本的に自分の感性を信じてる。降水確率が10%とかでも雨の“におい”がしたら傘を準備する。(40代・男性)

雨が降ったら、妻に駅まで迎えに来てもらっています。 夫婦仲を良く保つことで、余計な荷物を減らせます。(30代・男性)

新婚の頃、雨が降ると妻が車で送り迎えしてくれたけど、20年も経つと買い物依頼メールが送られてくる。(40代・男性)

傘を失くす確率とのトレードオフです。(50代・男性)



私用携帯のバックアップ、したことは?

 バックアップ経験「ある」派が54%、「ない」派が46%と、意外にも拮抗する結果に。「ある」派には「業務でバックアップを心がけているから私用携帯でも自然にする」というコメントが多く、「データを失ってはならん!」というリスクヘッジの神の声が公私を問わず心身深くに刻み込まれているのかも。また「データを失って難儀したからバックアップする」という経験に則っている人も多いようだ。「消えたら消えたでそれは運命だから」というあっさりコメントは女性に多く、「友達と連絡取れなくなったら困る!」というのは男性に多いのも面白い。それにしても意外だったのは「方法を知らないからそのまま」というコメントが多く寄せられたこと。これを機会にバックアップをとってみてはどうだろうか。

【「ある」派のコメント】

トイレでの水没事故以来、するようになりました。(40代・男性)

システム屋という性からか、どんなものでも二重・三重管理しないと気が済まない。それがどんなにくだらないものであったとしても…。(40代・男性)

そろそろヤバイかな〜と思って、バックアップを取った後に、見事にシステムが壊れました。転ばぬ先の杖。(50代・男性)

バックアップを取っているから安心していたら、メディアが壊れていた。 救済できたのは3人。 すべて元カノだけだった…。(30代・男性)

未だ紛失したことはないですが、携帯をなくすと友達への連絡手段がゼロになります…。(20代・男性)

【「ない」派のコメント】

とらないといけないことはわかっているんですけどね〜。面倒でやってません。(40代・男性)

壊れて連絡先がわからなくなった人もいるけど、付き合いがあまりない人を整理できたかなと。(40代・女性)

消えてそれまでのメモリならば、それがご縁だと諦めるきっかけに。(20代・女性)

紛失後の人生で生きていけないほど困る情報が携帯に入っていない…。モバイル時代の進歩についていけない悲しいアナログ派。(30代・女性)

実は、バックアップ方法を知りません。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年8月18日〜 8月26日にかけて実施した「リスクヘッジに関するアンケート(有効回答数:1285)」より抜粋して構成。


最新特集

刑務所でまさかの快適生活、受刑者がこっそり作り上げたのは? 【金曜Black★ピット】 2017/04/21

刑務所といえば、塀の中で厳しい作業というイメージがあるが、とんでもないITライフを満喫していた受刑者がいる。

ハッカー暗躍、北朝鮮流の国家予算錬金術 【金曜Black★ピット】 2017/04/14

ロシアのカスペルスキーが北朝鮮の「国家犯罪」を突きとめつつあるという。どうやらミサイル開発の資金を……。

「これ、本当にいるの?」Win 10の大型アップデートがやってくる 【金曜Black★ピット】 2017/04/07

Win 10の2回目の大型アップデート「Creators Update」が実施直前だ。え? クリエイター向けなの?

きしめんケーブルのメルコが大手製めん会社を買収したヒミツ 【金曜Black★ピット】 2017/03/31

IT業界において企業買収は珍しくない。だが、マウスなどの周辺機器メーカーが、うどんやそばの製造会社を買収となると……。

本末転倒、安全指南ソフトに潜んでいたキケンなワナ 【金曜Black★ピット】 2017/03/24

IPAが公開していた「脆弱(ぜいじゃく)性対策を学ぶためのソフト」に脆弱性があったという。一体どうしたらいいの?

シビックに、たった8万円で自動運転機能を付けた男 【金曜Black★ピット】 2017/03/17

助手席のおばあさんもビックリ仰天しただろうか。孫のホンダ・シビックが、自動運転で快適に走行しているのだから。




バックアップ/1285名が回答!「今日の降水確率は40%」…傘を持つ人は何%?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップ」関連の製品

Backup Exec 16 【ベリタステクノロジーズ】 Backup Exec 16 【ベリタステクノロジーズ】 Backup Exec 16 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上 物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消 「データ保護」動向調査:中小企業のバックアップ/リカバリーはさらに複雑化

バックアップ」関連の特集


 前回は、情報漏洩などのリスクを排除する機能を取り入れた新しい総合的な脅威への対策としてエンドポイン…



クラウド利用が広まる中、データセンタにもより高い信頼性が求められる。そのために重要なファシリティの評…



仮想化・クラウドサービスの進歩で変化する時代の背後で大きな役割を果たす統合運用管理ツール。クラウド・…


バックアップ」関連のセミナー

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 8月2日(水)〜8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

【大阪開催】Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 6月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大阪開催!仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 6月26日(月)〜6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004335


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ