在宅勤務を認められたとしたら…それでも出社したい人は何%?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/09/01

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

在宅勤務を認められたとしたら…

 「喜んで家で仕事をする」人が59%だったのに対し、意外にも41%もの人が「それでも会社で仕事をする」と答えた。(通勤時間を省くことで自由に時間を使えそうな「在宅勤務」なのに…)出社派には、上司や同僚の目がなくなった時、自宅で仕事を普段どおりこなせるのか不安に思っている人が多いようだ。逆に自己管理に自信のある人は、もう今すぐにでも在宅で働かせて!という感じ。ただし節電ムードのこのご時世だと、在宅勤務で使う消費電力が気になるもの。支払いは自腹?会社?…そんなことに悩むぐらいなら、満員電車を我慢して普通に通勤した方がいいよ!なんて思ってしまうのかも。あと、家族に気を遣うから在宅勤務したくないというのは切ない現実だ。(お父さん、ファイト!!)

自分で完結する業務ではない。依頼や確認をするとなると会社に来た方が効率的。(30代・男性)

在宅勤務になった場合、人の目がないところで、仕事を長時間できるか不安を感じる。(40代・男性)

在宅勤務が任意選択だとすれば、それがそもそも魔女狩りの可能性もあるのではと勘繰ってしまいます…。日本型サラリーマン社会はまだまだ根深い気もします。(30代・男性)

仕事を早く終わらせて、シエスタしたい。会社で仕事を早く終わらせても、周りの目があって帰れない。長く会社にいる人ほど頑張っているという風潮が強く、計画的に仕事をこなしているのが馬鹿らしくなる。レッツシエスタ!!(20代・女性)

上司は、仕事の成果よりもPCのログイン時間のチェックに忙しくなりそうです。(40代・男性)

以前なら喜んで家で仕事をすると答えましたが、節電を考えると、家で1人でエアコンを使うことになるので、会社に行く方を選びます。(50代・男性)

「出勤すること」が仕事モードをオンにするスイッチのような気がします。これまでの経験では、家で仕事をしようと持ち帰っても、結局大して進まなかったような…。(50代・男性)

家内からは家に夫がいる事がうざったいと思われている。とにかく家にいない事が家庭円満のポイントです。(60代・男性)

情報システム部門が貸出PCの管理と通信費に悩まされる日々が続くと思う。(40代・男性)

在宅勤務で使用した光熱費などの費用はどうなるのだろう。(40代・男性)



在宅勤務のために、そもそも会社PCの持ち帰りは…

 会社PCの持ち帰りが認められているのは36%で、認められていないケースの64%を圧倒的に下回った。企業の情報漏洩が大きな問題となる昨今の事情を的確に表しているようだ。それに、認められていてもいろいろと制限があり、持ち帰りによる在宅勤務のハードルを高くしているようだ。セキュリティポリシーは企業によって異なるものだけれど、PC持ち出しのルールが明確に定まっていない企業もあるようだ。在宅勤務が一般化するにはまだまだ時間がかかるのだろうか?それにしても、持ち帰りが認められているのに「重いから」という理由で「持ち帰りたくない!」と回答している人が少なからずいるのだけど、そのキモチはちょっと理解できるなぁ。

自宅PCから会社のPCを起動・利用できる環境・ツールを準備されている。(60代・男性)

重たいものを持ち歩きたくない。もっと身軽な人生がよい。(30代・女性)

当番制で強制的にモバイルPCを持たされています。重たいので持つのは嫌です。(30代・男性)

セキュリティポリシーとして自宅パソコンの業務使用を禁止されています。(30代・男性)

持ち帰りが認められているノートPCはスペックが低すぎるので、リモートで会社のデスクトップに接続するなど工夫が必要。(20代・男性)

PCの持ち帰りは明確なルールがなく、勤務賃金の問題も解決していない。正式に認められているわけではないが、実際には必要に応じて持ち帰ることはある。グレーな状況。(40代・男性)

シンクライアントの持ち帰りが、上司承認の元、許可されている。 (40代・男性)

セキュリティチェック後は持ち帰り可能です。ただし持ち出し、持ち込み時はウイルスチェックなどの煩雑な事務手続きが必要なため、持ち帰りは現実的な選択肢ではありません。(30代・男性)

最近はわざわざPCを社外に持つ必要もなく、Android端末で世界中どこからでもイントラにアクセス可能になりつつある。(50代・男性)

Pマークの認定を受けているので、会社PCへの外部からの接続もできません。もう少し社員を信用して、自由度を持って欲しいものです。(40代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年8月4日〜 8月18日にかけて実施した「在宅勤務に関するアンケート(有効回答数:497)」より抜粋して構成。


最新特集

誰もが盗聴される時代? ヘッドフォンをマイクにするマルウェア 【金曜Black★ピット】 2016/12/02

イスラエルの研究チームの実験では、ヘッドフォンの周囲6メートルの音声を盗聴できたという。一体どうやって?

聴き流すだけでプログラミングをマスターできる教材って本当? 【金曜Black★ピット】 2016/11/25

「聴き流すだけで英語をマスターできる」という、うたい文句の英語教材がある。今度は何とプログラミングが?

東京五輪はゴミ製メダル、そのカラクリは? 【金曜Black★ピット】 2016/11/18

大会で使う金、銀、銅メダルはそれぞれ1666個。制作に1億円超のコストがかかるというが……。

「MacはWindowsより安くつく」、IBMがそれを公言するワケ 【金曜Black★ピット】 2016/11/11

IBMの幹部が「Macで仕事したほうがWindowsよりも安くつく!」と絶賛したことで業界がザワついている。

日立の本気、振り込め詐欺撲滅ATMの画期的な機能とは? 【金曜Black★ピット】 2016/11/04

あることをしながら振り込み操作をすると強制終了するATMが開発された。2017年2月にもデビューする。

iPhoneでJR東日本が大混乱、その原因は? 【金曜Black★ピット】 2016/10/28

「ぎゃー、モバイルSuicaが使えない!」――そんなトラブルが2016年10月25日朝に発生した。




PC/在宅勤務を認められたとしたら…それでも出社したい人は何%?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PC」関連情報をランダムに表示しています。

PC」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】 中規模遠隔会議用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 810』 【GNネットコムジャパン】
文書管理 ルーター Web会議
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。
最大15人の中規模会議に適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。

PC」関連の特集


管理職、年棒制、営業手当…残業代未払いに潜む“勘違い”をご存じですか?数十億円の未払い残業代請求も?…



最新IT バカ売れ5のプレ創刊号。今回は、聖地アキバに出現した巨大量販店“ヨドバシカメラ”を突撃取材…



 2016年7月7日、電子錠(スマートロック)の「Akerun」シリーズを開発・販売する株式会社フォ…


PC」関連のセミナー

【東京】満足度No.1 デスクネッツ ネオ 体験セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 12月8日(木),12月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO」をご紹介するセミナーです。desknet's NEOは、徹底した「現場…

【東京】デスクネッツ ネオ & チャットラック体験セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 12月19日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア(※)「desknet's NEO」とビジネスチャットシステム「Chat…

満足度No.1 デスクネッツ ネオ Webセミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 12月6日(火),12月13日(火),12月21日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

本セミナーはインターネットにつながる環境であればどこからでもお気軽にご参加いただけるオンラインセミナーです。基本機能の使い勝手からデスクネッツ ネオならではのお…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004334


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ