在宅勤務を認められたとしたら…それでも出社したい人は何%?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/09/01

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

在宅勤務を認められたとしたら…

 「喜んで家で仕事をする」人が59%だったのに対し、意外にも41%もの人が「それでも会社で仕事をする」と答えた。(通勤時間を省くことで自由に時間を使えそうな「在宅勤務」なのに…)出社派には、上司や同僚の目がなくなった時、自宅で仕事を普段どおりこなせるのか不安に思っている人が多いようだ。逆に自己管理に自信のある人は、もう今すぐにでも在宅で働かせて!という感じ。ただし節電ムードのこのご時世だと、在宅勤務で使う消費電力が気になるもの。支払いは自腹?会社?…そんなことに悩むぐらいなら、満員電車を我慢して普通に通勤した方がいいよ!なんて思ってしまうのかも。あと、家族に気を遣うから在宅勤務したくないというのは切ない現実だ。(お父さん、ファイト!!)

自分で完結する業務ではない。依頼や確認をするとなると会社に来た方が効率的。(30代・男性)

在宅勤務になった場合、人の目がないところで、仕事を長時間できるか不安を感じる。(40代・男性)

在宅勤務が任意選択だとすれば、それがそもそも魔女狩りの可能性もあるのではと勘繰ってしまいます…。日本型サラリーマン社会はまだまだ根深い気もします。(30代・男性)

仕事を早く終わらせて、シエスタしたい。会社で仕事を早く終わらせても、周りの目があって帰れない。長く会社にいる人ほど頑張っているという風潮が強く、計画的に仕事をこなしているのが馬鹿らしくなる。レッツシエスタ!!(20代・女性)

上司は、仕事の成果よりもPCのログイン時間のチェックに忙しくなりそうです。(40代・男性)

以前なら喜んで家で仕事をすると答えましたが、節電を考えると、家で1人でエアコンを使うことになるので、会社に行く方を選びます。(50代・男性)

「出勤すること」が仕事モードをオンにするスイッチのような気がします。これまでの経験では、家で仕事をしようと持ち帰っても、結局大して進まなかったような…。(50代・男性)

家内からは家に夫がいる事がうざったいと思われている。とにかく家にいない事が家庭円満のポイントです。(60代・男性)

情報システム部門が貸出PCの管理と通信費に悩まされる日々が続くと思う。(40代・男性)

在宅勤務で使用した光熱費などの費用はどうなるのだろう。(40代・男性)



在宅勤務のために、そもそも会社PCの持ち帰りは…

 会社PCの持ち帰りが認められているのは36%で、認められていないケースの64%を圧倒的に下回った。企業の情報漏洩が大きな問題となる昨今の事情を的確に表しているようだ。それに、認められていてもいろいろと制限があり、持ち帰りによる在宅勤務のハードルを高くしているようだ。セキュリティポリシーは企業によって異なるものだけれど、PC持ち出しのルールが明確に定まっていない企業もあるようだ。在宅勤務が一般化するにはまだまだ時間がかかるのだろうか?それにしても、持ち帰りが認められているのに「重いから」という理由で「持ち帰りたくない!」と回答している人が少なからずいるのだけど、そのキモチはちょっと理解できるなぁ。

自宅PCから会社のPCを起動・利用できる環境・ツールを準備されている。(60代・男性)

重たいものを持ち歩きたくない。もっと身軽な人生がよい。(30代・女性)

当番制で強制的にモバイルPCを持たされています。重たいので持つのは嫌です。(30代・男性)

セキュリティポリシーとして自宅パソコンの業務使用を禁止されています。(30代・男性)

持ち帰りが認められているノートPCはスペックが低すぎるので、リモートで会社のデスクトップに接続するなど工夫が必要。(20代・男性)

PCの持ち帰りは明確なルールがなく、勤務賃金の問題も解決していない。正式に認められているわけではないが、実際には必要に応じて持ち帰ることはある。グレーな状況。(40代・男性)

シンクライアントの持ち帰りが、上司承認の元、許可されている。 (40代・男性)

セキュリティチェック後は持ち帰り可能です。ただし持ち出し、持ち込み時はウイルスチェックなどの煩雑な事務手続きが必要なため、持ち帰りは現実的な選択肢ではありません。(30代・男性)

最近はわざわざPCを社外に持つ必要もなく、Android端末で世界中どこからでもイントラにアクセス可能になりつつある。(50代・男性)

Pマークの認定を受けているので、会社PCへの外部からの接続もできません。もう少し社員を信用して、自由度を持って欲しいものです。(40代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2011年8月4日〜 8月18日にかけて実施した「在宅勤務に関するアンケート(有効回答数:497)」より抜粋して構成。


最新特集

そこでボケて? 次世代の詐欺メール撃退法とは 【金曜Black★ピット】 2017/11/17

「おめでとう! あなたに大金を受け取る権利が当たりました。つきましては……」

やっぱりあった? AIスピーカーの落とし穴 【金曜Black★ピット】 2017/11/10

「スマホの次のデバイス」なんて、もてはやされているAIスピーカー。日本でも続々登場しているが、とほほな事件が発生した。

デルがドメイン更新を忘れて大ピンチ? 【金曜Black★ピット】 2017/11/02

うっかりしていて失敗することは誰にでもある。しかし、社員のうっかりミスがビジネスを揺るがしかねないこともある。

モリで一突き? 北朝鮮が米国に直接攻撃を開始していた 【金曜Black★ピット】 2017/10/27

北朝鮮はド派手なミサイルパフォーマンスの裏で冷静さを保ちながら、米国を水面下で攻撃している。米国の報道によれば……。

もうごまかせない“パーフェクト”な生体認証技術に心臓ドキドキ 【金曜Black★ピット】 2017/10/20

生体認証に若干の不安を抱えている中で、より強固で“パーフェクト”な新技術が登場しそうだ。それは一体?

最新鋭の米原潜で使われる、時代遅れなマイクロソフト製品とは? 【金曜Black★ピット】 2017/10/13

強大な軍事力を背景に「世界の警察」を自認する米軍。その原潜の重要な操作に採用された意外なMS製品がある。




PC/在宅勤務を認められたとしたら…それでも出社したい人は何%?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PC」関連情報をランダムに表示しています。

PC」関連の製品

IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 IE互換ブラウザ thinforie 【双日システムズ】 「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか 【バラクーダネットワークスジャパン】
IT資産管理 その他仮想化関連 WAN
資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
新バージョンのIEでアプリケーションを使用する際も、従来通りの表示と操作性で使用できる仮想化ソリューション。 クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。

PC」関連の特集


クライアント端末市場は拡大し、主役はスマートフォンですが企業活用はなかなか浸透していません。今後の活…



358名を対象に無線LANの導入状況を調査。後編では「無線LANの規格」「無線LANでのセキュリティ…



企業のシステムを支えるサーバ。それを支えるのは「サーバラック」!どれも同じだと思っていませんか?せっ…


PC」関連のセミナー

【福岡】ビジネスチャット チャットラック 体験セミナー 【主催:九州日立システムズ 共催:ネオジャパン】 注目 

開催日 11月22日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」をご紹介するセミナーです。セミナーの中…

【大阪】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:三谷商事】 注目 

開催日 11月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

デジタルマーケティングセミナー 【ディーアイエスソリューション/シスコシステムズ】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

デジタルマーケティング、国内トップランナーの上島千鶴氏とシスコシステムズの大野元嗣氏に「お客さまの実体験をベースに企業として何を提供すべきか」解説頂き、ICTの…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004334


IT・IT製品TOP > BCP最適化プロジェクト > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ