この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

モバイルPCの最新事情と選び方

2011/09/26


 iPadやAndroidタブレット、Windows搭載のスレートPCなど、新たなデバイスが企業の働き方に変化を与え始めたことで、可搬性に優れていながらも業務におけるメインマシンとして活用できるモバイルPCに再び注目が集まっている。今回は、そんなモバイルPCが持っている基本的なスペックや機能について振り返りながら、モバイルPCに関連した最新機能や業界動向について紹介する。また、あわせて製品選びのポイントについても解説していきたい。

モバイルPC

※「モバイルPC/モバイルPCの最新事情と選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイルPC/モバイルPCの最新事情と選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

モバイルPCとは?

 日々のスケジュール管理や資料作成、顧客とのメールのやり取りなどの基盤として活用するPCは、業務遂行上欠かすことのできないデバイスとなっている。このPCの中でも、持ち運びに便利なB5サイズで、およそ10〜13.3インチの液晶ディスプレイを搭載したモバイルPCを今回は特集する。デスクトップPCの代替えとして利用されるA4サイズのノートPCに比べて可搬性に優れ、物理的なキーボードを持たないスレートPCとも利用シーンが異なっているモバイルPCは、以前にも増して需要が伸びている状況だ。
 特に、東日本大震災以降に多くの企業が取り組んでいる節電対策をはじめ、在宅勤務の整備などワークスタイルの変革も視野に入れた事業継続計画、いわゆるBCP対策の影響から、バッテリ駆動で可搬性に優れたノートPCやモバイルPCが改めて脚光を浴びているという。また、以前はセキュリティの観点から持ち出しが制限されていたモバイルPCだが、iPadやAndroidタブレット、さらにはWindows搭載のスレートPCなどが登場してきたことで、外出先でデバイスを使うことに対する心理的な敷居が以前に比べて低くなったという側面も、モバイルPCの需要に拍車をかけている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

モバイルPC/モバイルPCの最新事情と選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルPC」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルPC」関連の製品

リモートアクセスサービス OneOffice スマートコネクト 【TOKAIコミュニケーションズ】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】
リモートアクセス その他エンドポイントセキュリティ関連 リモートアクセス
インターネットを使って、社外のモバイルPCやタブレットから、
オフィス内PCを遠隔操作する、日額従量課金制のリモートアクセスサービス。
働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。

モバイルPC」関連の特集


21.5型ワイドのフルHD液晶が2万円台前半で買える!価格急落で、今まさに買い時の液晶ディスプレイを…



何気なく使っているブラウザは、どんな通信によりネットサーフィンを実現している?実は要注意の「クッキー…



今のキーボードに満足してますか?毎日使う道具だから、いいものを使えば作業効率がUPする!?いま売れて…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルPC/ モバイルPCの最新事情と選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルPC/ モバイルPCの最新事情と選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004329


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ