メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!

2011/08/22


 情報漏洩の大きな原因の1つがメール。大部分が宛先の入力間違いによる「ウッカリ」ミスだ。社内でなら謝って済む失敗でも、外部へのメールだと個人情報保護法に触れ、公的な場での謝罪や補償が必要な事態に発展するケースが珍しくない。個人情報以外にも、新商品情報や他社向けの見積明細などの機密情報を流出させてしまえば、自分の会社に損害を与え、取引先との信頼関係にも影響を及ぼす。そこで、今回は安全なメールシステムの運用に役立つ「メール誤送信防止ツール」にスポットを当て、その基本からツール選びのポイントまで詳しく解説する。

メール誤送信防止ツール

※「メール誤送信防止ツール/メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール誤送信防止ツール/メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

メール誤送信の恐ろしさを知ろう!

 メール誤送信とは、メールの宛先を間違えたり、添付ファイルをつけ間違えたりしてメールを送信してしまうこと。メールの誤送信パターンを整理すると次の2つに大別できる。

(1)送るべきでない相手にメールを送信してしまった。

宛先のアドレスを入力し間違えた。

アドレス帳から間違ったアドレスを選択した。

外部からのメールに全員返信したとき、元メールのCcに不適切な宛先が含まれていた。

メールを流用して別の宛先に送るとき宛先を変更し忘れ、元メールの宛先に送信してしまった。

(2)適切でない内容のメールを送ってしまった。

一斉送信の場合に、本来は相手に公開してはいけない宛先メールアドレスをToまたはCc欄に書き込んだため、受信側でそのアドレスが見えた。

添付するファイルを間違えて送信した。

社外に出すべきでないファイルを添付して送信した。

本文中に、個人の住所や電話番号など機密情報をたくさん書き込んだ。

流用メールを宛先名や時候のあいさつなども含め書き直さずにそのまま送信してしまった。

相手先が受け取れない可能性があるサイズの添付ファイルをつけた。

 こうした誤送信は決して珍しいことではなく、以下のような深刻な事態に陥るケースも少なくない。

(例1)

 A社との商談の難航原因を上司に報告するため、交渉経緯のメールを流用/引用したうえA社の問題点を加筆して送信したが、流用したメールの宛先を訂正し忘れたためA社に送られてしまい、先方を怒らせて商談が暗礁に乗り上げた。

(例2)

 一部顧客向けに投資関係のレポートを送信しようとした証券会社では、対象の顧客アドレスを1800件ほど宛先に記載してしまい、顧客の氏名とアドレスが受信者間で閲覧できる状態になってしまった。証券会社では対象者全員に謝罪と削除を依頼、所管官庁および業界団体に事態を報告し、メール配信サービスを休止する運びとなった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メール誤送信防止ツール/メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信防止ツール」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信防止ツール」関連の特集


クライアント型、サーバ型、アプライアンス、クラウドサービスなど様々な形態が存在する「メール誤送信防止…



中堅中小企業だって油断大敵!知らぬ間に親会社や取引先への攻撃に“踏み台”となり加担している事例が勃発…



大多数の企業で使われるメールだからこそ、誤送信による情報漏洩事故も後を絶ちません。たった1回のうっか…


「その他メール関連」関連の製品

Outlook階層型アドレス帳 【テックインフォメーションシステムズ】 メール配信システム MailPublisher Smart Edition 【エクスペリアンジャパン】 メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】
その他メール関連 その他メール関連 その他メール関連
指定された書式で記述された外部アドレス帳ファイルを取り込み、該当する組織に属したユーザーをツリー状に一覧表示して、メールの宛先/CC/BCCに設定するツール。 多機能・高性能ながらもシンプルな操作性。APIによる柔軟な連携も可能。ECサイトをはじめ累計5300超の導入実績、月間配信実績51億通の国内トップシェア※のメール配信ASP。 社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。

「その他メール関連」関連の特集


たった一通のうっかりミスで、クビはおろか企業存続の危機に…。その前にメール誤送信による被害事例と対策…



2012年には数量/金額ベースで1万7720台/236億5000万円に達すると予測される「メールセキ…



巷で話題の「企業向けWEBメール」。盛りだくさんのメリットや、押さえておきたい導入方法のイロハについ…


「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信防止ツール/ メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信防止ツール/ メール誤送信防止ツールは利便性が鍵!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004323


IT・IT製品TOP > メール > その他メール関連 > その他メール関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ