DRに効く!バックアップツールの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

DRに効く!バックアップツールの選び方

2011/08/22


 ITシステムがビジネスの中核で活躍している現在、ほとんどの企業がすでにバックアップツールの重要性について深く理解しているはずだが、今回の大震災を経験した後では、自分たちが理解し導入してきたバックアップ方法で、果たして十分だったのか不安になる企業担当者は少なくないはずだ。また、ディザスタリカバリという観点から、改めてバックアップツールを見直したいというニーズもあるだろう。そこで、今回は災害発生時に活躍するバックアップツールについて、その基本から最新の注目機能までを詳しく解説する。記事後半では今時のバックアップツールの選択ポイントについて分かりやすく紹介する。

バックアップツール

※「バックアップツール/DRに効く!バックアップツールの選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップツール/DRに効く!バックアップツールの選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

バックアップツールとは?

 バックアップツールとは、ITシステムの危機管理(データ保護)を行うためのツールの1つで、ハードウェアのトラブルや操作・設定ミス、あるいは地震や停電などでITシステムがダメージを受けた場合、迅速にシステムを復旧させる役割を担う製品群のこと。つまり、アプリケーションやデータの複製を一括して別の場所に保管(この作業をバックアップと呼ぶ)しておき、万一、稼働中のシステムがダメージを受けた場合には、別の(あるいは元の)システムにバックアップデータを書き込んで(この作業をリカバリあるいはリストアと呼ぶ)システムを復旧させることができる(図1)。

図1 バックアップツールとは?
図1 バックアップツールとは?
データベース、アプリケーション、OS、メール、Web情報など、大容量のデータや複雑なファイル構造でも簡単にバックアップ/リカバリできる。
資料提供:ファルコンストア・ジャパン
■バックアップツールの必要性と導入メリット

 バックアップ機能は、システムで使用しているオペレーティングシステムやアプリケーションにも個別に搭載されているので、なぜ専用ツールをわざわざ導入しなければならないのか、疑問に感じる初心者も少なくないはず。そこで、バックアップツールの必要性と導入メリットについて整理してみると、次のようになる。

バックアップツールならバックアップコスト(手間)を削減できる。

 オペレーティングシステムやアプリケーションなどに個別に搭載されているバックアップ機能では、サーバ台数やアプリケーション数の増加と共に、その手間は大変な負荷となる。そこで、バックアップツールを導入すれば、1つの統一された管理画面からバックアップを一括管理できるようになり、バックアップ作業を効率化させることが可能だ。

バックアップおよびリカバリの作業時間を短縮できる。

 最新のバックアップツールには、バックアップするデータ容量をできるだけ小さくするための各種機能や、リカバリ時間を短縮するための各種手法が搭載されているので、こうした機能や手法を駆使することで、従来のバックアップツールよりも迅速な処理が可能だ。

バックアップデータのセキュリティを維持できる。

 当然ながら、バックアップデータには重要情報が含まれていることから、バックアップツールでは暗号化機能やアクセスコントロール機能、セキュア通信機能などがサポートされている。従って、バックアップデータからの情報漏洩を防止することができる。

■バックアップツールの基本機能

 次に、バックアップツールに搭載されている基本機能の全体像を紹介しよう(表1)。これらの機能を大別すると、バックアップ機能、リカバリ機能、集中管理機能などに分類できる。なお、最新機能については次節で詳しく紹介する。

表1 バックアップツールの基本機能
表1 バックアップツールの基本機能

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/DRに効く!バックアップツールの選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

1日がかりのリストア作業が15分に、日本製鋼所に学ぶ理想のバックアップ環境 【arcserve Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 新しいセキュリティ対策「サイバーリカバリー」とは何か 【EMCジャパン株式会社】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
1日がかりのリストア作業が15分に、日本製鋼所に学ぶ理想のバックアップ環境 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 最新の脅威に備える注目手法、「サイバーリカバリー」の実現方法

バックアップツール」関連の特集


企業にお勤めの401人に、バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などリアルな状況…



重要データの消失、破損に“最後の切り札”となるべきデータ復元サービス業者。ただし、こんな業者には要注…



仮想化やクラウド利用の広がり、スマホやタブレットなどデバイスの多様化…。今、それぞれの環境と既存シス…


バックアップツール」関連のセミナー

ランサムウェア対策にセキュアバックアップで有事に備えよう 【バラクーダネットワークスジャパン】  

開催日 6月21日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

ランサムウェアはウィルスの一種で、PCやスマートフォンにあるファイルの暗号化や画面のロックを行い、復旧させることと引き換えに金銭を要求する手口に悪用されます。サ…

Acronis Backup 12.5 テクニカルセミナー 【アクロニス・ジャパン】  

開催日 6月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

オンプレミス(物理/仮想環境)、プライベート/パブリッククラウド、モバイルデバイス、Office 365など企業のIT環境を統合し、簡単、そして高速にバックアッ…

Veeam Backup for Nutanix AHVとZerto Ver6.0 【クライム/ニュータニックス・ジャパン】  

開催日 6月5日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Veeam Backup / ReplicationのUpdate4情報などなど、クライムでしか入手できない「こっそり」情報をお届けします。また5月22日から米…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/ DRに効く!バックアップツールの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/ DRに効く!バックアップツールの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004320


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ