この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    菅原 継顕
    Tsugunori Sugawara
    パロアルトネットワークス合同会社 マーケティング部長
    セキュリティベンダで10年以上の経験。前職はUTMベンダ。アプリケーション可視化の啓蒙をすべく、2010年12月からパロアルトネットワークスに参加。
2011/09/29
8%はファイル共有のトラフィック

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「8%はファイル共有のトラフィック」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


次世代ファイアウォール/8%はファイル共有のトラフィック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「次世代ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

次世代ファイアウォール」関連の製品

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】
暗号化 ファイアウォール ファイアウォール
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。

次世代ファイアウォール」関連の特集


情報漏洩のもととなりかねない「勝手VPN」をはじめ、各種のアプリケーション利用によるリスクを低減する…



 前回は「ポートホッピング」や「Anonymousプロキシ」を例にセキュリティの回避手法を解説した。…



脅威の高度化により侵入を前提とした対策が求められている。とはいえ境界セキュリティをおろそかにしてよい…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004319


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ