この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ETLパッケージ

2011/08/02


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ETLパッケージのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、2010年度のETLパッケージの市場規模は、前年対比7.4%増の66.6億円であった。各種の業務システムからデータを収集し、活用に適した形に変換、配布するというETLのニーズは安定しており、市場は好調に推移すると見込まれ、2011年度も出荷金額72.7億円、前年対比9.2%と好調に推移することが予測されている。
 2010年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、日本IBMが25億円で37.5%を獲得し1位になった。同社製品「InfoSphere DataStage」は、2008年9月に「WebSphere DataStage」から名称を変更し、情報活用を実現する中核製品として「InfoSphere」の製品群の中に入った。ブランド移行にともないパートナー制度を見直し、その効果が表れてパートナー販売が拡大している。金融業・通信業では引き続き情報活用ニーズが高いことから、2011年度も好調を維持すると予測される。
 日本IBMとともにシェアを二分する2位のインフォマティカ・ジャパンは、20.5億円、30.8%と続いている。パブリッククラウド上や企業内システムなどにデータが散在することで、データ統合などの必要性が高まり、改めて同社製品の「PowerCenter」の普及が進むと同社は予測しているが、現時点では大きな動きは見られない。現在、同社はMDM製品「Informatica MDM」を積極的に展開しているため、パートナーやユーザに対して新しい製品と「PowerCenter」を組み合わせた提案を行っている。

ETLパッケージシェア

ETLパッケージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/「ETLパッケージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 超高速データ分析専用データベース Vertica 【アシスト】
CRM BI DWH
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 大量データを超高速に処理する列指向型データベース。システム拡張も柔軟かつ低コストで実現可能であり、圧倒的なパフォーマンスでビジネスの迅速な意思決定を支援。

ETL」関連の特集


2010年度の出荷金額が前年対比9.4%増の69.8億円であった「BPMパッケージ」。今後の市場予測…



ミック経済研究所によると、2007年度は21.6%増と高い伸びが予想されるETLパッケージシェアをご…



実用的なBI活用に大きく寄与するのが処理速度と操作性。現在のツールはどこまで進化しているのか?クラウ…


ETL」関連のセミナー

圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは 【インフォテリア/パシフィックビジネスコンサルティング】  

開催日 8月4日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「もうプログラムは書かない!圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは」〜ASTERIA WARPとMicrosoft Dynamics NAVで実現する…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 8月22日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/ 「ETLパッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/ 「ETLパッケージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004289


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ