この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ETLパッケージ

2011/08/02


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ETLパッケージのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、2010年度のETLパッケージの市場規模は、前年対比7.4%増の66.6億円であった。各種の業務システムからデータを収集し、活用に適した形に変換、配布するというETLのニーズは安定しており、市場は好調に推移すると見込まれ、2011年度も出荷金額72.7億円、前年対比9.2%と好調に推移することが予測されている。
 2010年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、日本IBMが25億円で37.5%を獲得し1位になった。同社製品「InfoSphere DataStage」は、2008年9月に「WebSphere DataStage」から名称を変更し、情報活用を実現する中核製品として「InfoSphere」の製品群の中に入った。ブランド移行にともないパートナー制度を見直し、その効果が表れてパートナー販売が拡大している。金融業・通信業では引き続き情報活用ニーズが高いことから、2011年度も好調を維持すると予測される。
 日本IBMとともにシェアを二分する2位のインフォマティカ・ジャパンは、20.5億円、30.8%と続いている。パブリッククラウド上や企業内システムなどにデータが散在することで、データ統合などの必要性が高まり、改めて同社製品の「PowerCenter」の普及が進むと同社は予測しているが、現時点では大きな動きは見られない。現在、同社はMDM製品「Informatica MDM」を積極的に展開しているため、パートナーやユーザに対して新しい製品と「PowerCenter」を組み合わせた提案を行っている。

ETLパッケージシェア

ETLパッケージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/「ETLパッケージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】
BI ETL BI
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。

ETL」関連の特集


BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…



BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



高額でなかなか手を出しづらかったBIツールですが、導入しやすい“クラウドBI”が続々登場!ソーシャル…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/ 「ETLパッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/ 「ETLパッケージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004289


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ