ソフトウェア製品の脆弱性を取巻く状況

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大森 雅司
    Ohmori Masashi
    (独)情報処理推進機構
    セキュリティ業界にてセキュリティシステムの構築、開発業務を経て、2010年4月より現職。IPAではセキュリティ対策ツールの企画・開発、セキュリティ対策の調査、普及啓発活動に従事。
2011/06/14
ソフトウェア製品の脆弱性を取巻く状況

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ソフトウェア製品の脆弱性を取巻く状況」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


ソフトウェア製品の脆弱性/ソフトウェア製品の脆弱性を取巻く状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソフトウェア製品の脆弱性」関連情報をランダムに表示しています。

ソフトウェア製品の脆弱性」関連の特集


 IT技術が社会インフラの重要な要素となっている中、ソフトウェアベンダも、セキュリティ確保への取り組…



 自社の情報システムやWebサイトに深刻な脆弱性があったとしても、トラブルもなく稼働している場合、問…



不正アクセス増加に伴い、セキュリティ対策の必要性は高まる一方!進化する“セキュリティ診断サービス”の…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 【アシスト】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 ハイパーコンバージドインフラで高セキュリティを実現するには?

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 前回までは、セキュリティを確保するためのソフトウェアベンダの役割と、コモンクライテリアを例としたセ…



データ消去の中でも、ソフトウェアによる上書きデータ消去が一般的な手法ですが、具体的には何をするのかご…



 今回は、情報セキュリティ対策ベンチマークの現在までの生い立ち(背景)について解説する。


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004266


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ